屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

OL

俺は中古車販売業で整備士として働いている。2年前まで居た店での話。この業界は案外暴力団関係者の経営する店が多い。俺が前に居た会社がそれだ。ヤクザが飲酒運転や過失でぶつけた当て逃げの車を、警察に足がつかないように修理したり、外国人から怪しい車を安く買い取っ

これは数年前のある夏の日の話です。俺は当時付き合っていた“文(あや)”と、近所にあるドライブインに併設されていたゲーセンで遊ぶのが日課になっていた。文は仕事が忙しく、お互いに会える時間はいつも深夜になっていた。いつもの様にゲーセンで待ち合わせして、その日

私は地方に住む21歳のOLです。友達と夏に海に行く約束をしたので、水着を買いに、デパートへ行きました。デパートとは言っても、地方なので洗練されてはなく、スーパーのような雰囲気の所でした。時期がまだ早かったせいか、水着売り場はまだ閑散としていました。とりあ

あの日、バイトから帰り疲れていた私は「後でお風呂に入るから起こしてね」と母にいってベッドに横になりました。そして、どれくらいの時間が過ぎたのか、それまで熟睡していた私は、体に違和感を感じて目を覚ましました。パンツの上から、誰かがそこを触っているんです。性

仕事を終えて、車に乗り、時計を見ると、0時を回っていました。なるべく早く帰るため、いつもは通らない薄暗い道から帰ることにしました。途中、道の真ん中に高校生くらいの4人組の男が立っていたので、車のスピードを落としました。すると、急に車に近づいてきてドアを開

友人と2人で整体マッサージを受けに行った時の話です。初めにバラしておきますが、私達が店を間違えたので騙されたわけではないんです!店に入ると十数人の男性がいました。女の人もいました。ニヤついていて、私達の体をジロジロ見てきました。性欲ももんが まとめにゅー

バイト先のこじんまりとした本屋での話です。 いつも来てる大学生位の男の子がいて、好みのタイプだったのでいつも観察しています。 そしたら、彼がエロ本を万引きしているのに気付きました。 捕まえるべきだったのでしょうが、面倒なことになるのも気が引けて、その時は

以前住んでいた自宅の付近で拾い物をした。 深夜2時ごろ、バイクで近所を転がしていたところ、道の端っこにぶっ倒れた女の人がw 一度は通り過ぎたものの、気になって戻ってきてみると、どうやら酔いつぶれてしまっているようだ。 イタズラしたいなぁという欲求を抑えて

私は22才のOLです。 先月の29日、大勢の浮浪者に輪姦されました。 友達と飲んで帰り、公園で酔いを覚ましていたら、3人の浮浪者に公園の奥にあるプレハブの倉庫に連れ込まれてしまったんです。 無理矢理、キスされたり、胸を揉まれたり、でも、私は力の限り抵抗し

職場の先輩の仁志田佳代さんは職場でも眞鍋か◯りに似て可愛いと評判で、他部署にも人気がありました。 その佳代さんに悪戯しました。 その日は定例の休日前の飲み会でした。 普段あまり飲まない佳代さんですが、その日は仕事の貸しがあったので、酒を勧めました。 ・・

38歳のKと言います。 それは、今から2年前の社員旅行の時でした。 宴会終了後、各自の部屋でそれぞれ飲んで盛り上がっていました。 俺はちょっと酔いが回ってきたので、人のいない押入れに入り込み一眠りさせてもらいました。 しばらくして人の気配がなくなりました

同僚のK(♀)を以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので連れて行った。マッコリを頼んだのだが、席をはずした間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末にしたものを混ぜておいた。マッコリはもともとざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても判らない

同僚のK(♀)を以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので連れて行った。マッコリを頼んだのだが、席をはずした間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末にしたものを混ぜておいた。マッコリはもともとざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても判らない

この前の日曜日に課長から、「急ぎでワープロを頼みたい」と電話で呼び出され、昼から出勤しました。9時過ぎまでかかってやっと終わらせ、帰ろうと廊下へ出た時、いきなり背後から羽交い絞めにされました。びっくりして思わず悲鳴をあげましたが、他に誰もおらず、そのまま

私は事務機器の販売会社に勤めていますが、まさかこんな大事件が身の回りで起きるなどとは考えたこともありませんでした。なんと経理課の城戸さん(仮名)が、レイプ被害にあったのです。城戸さんは20代後半。竹内結子さん似で性格も明るく、仕事もできる魅力的な女性です

「◯◯駅へ行く道を教えて欲しいのですが」予備校帰りの夜、車道に停まったワゴン車から声を掛けられました。せめて「急いでます」とでも答えて、すぐにその場を立ち去っていればあんな事にはならなかったのに・・・。気の毒に思って教えてあげていると、いきなり後ろのドア

先日、同僚のユウコを犯した。ユウコは容姿端麗という言葉が相応しく、とても綺麗な女だった。仕事もテキパキとこなし、「男には負けない」というのが口癖だった。俺は何度もユウコに告白したが、ユウコが振り向くことはなかった。ただ、それはどの社員も同じだった。彼氏が

私は27歳の男性会社員です。ある会社で企画営業のような仕事をしています。実は私は以前レイプ現場を見てしまった事があります。会社はそれほど大きな規模ではなく、社員30人程度の会社です。基本的に土曜日曜は休みなのですが、担当する客によっては日曜日に出勤しなければ

実質、被害者でも加害者でもないし現場を見た訳でもないのでどこまで真実かわからないけど俺がコンビニで働いてた時よく同じシフトで入ってた同僚の女性Sさん(25)が常連客のDQN数人に拉致られて輪姦(?)されたことがあったSさんは綺麗な茶髪のショートカットが似合う美人。さ

大学時代に、本当に淡い気持ちでお付き合いをした人がいました。素敵な人でした。その頃の私はかなりウブというか、何も知らない女の子でした。キスを数回しただけで、それ以上のことを求められることはありませんでした。大学卒業後、地元の県庁に勤めました。その時、大学

短大時代に仲が良かった2人(M子、Y美)に誘われて3人で2泊3日の旅行をした時のことです。卒業して5年目の記念旅行でした。皆それぞれ働いており、既婚者はM子だけですが、私とY美も、もちろん男性経験はありました。その宿は山あいにあり、部屋のすぐ下の方には渓

その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツにエメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、小さなポシェットを肩からかけ、髪型はいわゆる“聖子ちゃんカット”と、当時の典型的な若い女性だった。きれいな長い足が印象的で、少し腰を振りながら歩く姿に、私達3人は一

俺が内装を行っていた雑居ビルで一服していた時、そのビルの女性社員が2人で話しているのが聞こえてきた。「エッ、明日仕事なの?」「そう、休みの日なのに、地下の書庫の書類整理やんなきゃいけないんだ」「可哀想、1人?」「当然、誰も手伝ってなんてくれないよ。朝から

これは、私が25歳の頃のことです。私は仕事が終わり、家に帰ろうとしていました。いつも近所の公園の横を通って帰るのですが、そこに中学生ぐらいの子供たちが5~6人ぐらいで遊んでいました。すると、そのうちの1人が私の方に近づいて来て、「お姉ちゃん、ちょっと来て

オレは田舎のとある会社の専務をしている。親父が社長だから、まあ世間で言うところの二代目社長。昔は、この仕事が嫌で東京に出たりもしたけど、今は次期社長としての権力を利用して、美味しい思いをしている。それは・・・、女子社員へのセクハラと強制セックス。初めてや

私は福岡に住む26歳のOLです。中堅の広告代理店に勤めています。あるとき仕事上の失敗で取引先に多大な迷惑をかけ、一応解決しましたが、それ以来取引先の社長の誘いを断れなくなってしまいました。社員20人くらいの、ほとんどワンマンな会社です。女性視点エッチ画像

私の職場は残業が多く、最近はほぼ毎日のように終電ギリギリまで仕事をしていました。その週は特にハードワークで、週末だったこともあって私の疲れはピークに達していました。何とか仕事を終えて終電に間に合ったものの寝過ごしてしまい、自宅の最寄り駅とは程遠い終点まで

私のイタズラを超えた体験談を1つ。私はある資材会社の社員で、出張所の責任者として福山という所に1人で出向してきた。根付けば社員を増員する予定であった。事務所もたちまち雑居ビルの1室に構え、経費削減に努めていた。しかし私1人で仕事を回すのはさすがに不可能な

数年前の出来事です。当時、私は関西で中小企業の総務部長をやってました。夏頃、事務の女の子が結婚で急に辞めるようになり、その子の補充をすることになりました。求人をしたところ何人かの応募があり面接しました。その中に新婚3ヶ月の新妻がおりました。スタイル抜群で

27歳の人妻です。今年の春のことです。私が興味本位でノーパンで出社したのがきっかけでした。その日は安全日でしたので、万が一そのような事になってもよいと思い、出かけました。風の強い日でした。何度もスカートが捲れそうになっていましたが、会社に着くまで裾を押さ

↑このページのトップヘ