屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

JK

好きな女子(K 仮)が、放課後、一人で教室にいたら 襲いたくならん? オレはなる。つーかなった。 ある日オレは忘れ物をして 閉まってるかも・・みたいな不安を抱き、 開いてるかも・・みたいな期待を抱きながら 教室がある3階までのぼった。教室を覗くとKが、頭は学年

俺が中2の時、水泳やってて部活が休みの日に高2の姉ちゃんと 一緒に競泳水着着て、地元の海に泳ぎにいったことがあります。 そのときは確か、午後3時くらいから泳ぎにいってたと記憶して いますが、潜っていたら、なんか数m向こうからブルーとかオレンジ で色んな模様の

このあいだ、監禁事件がありましたよね。 実は私も似たようなことがありました。私は埼玉に住んでいるんですが、 高校3年だった去年の夏休み、私はチャットで知り合った友達と会うことになりま した。 その子は京都に住んでいたんですが、すごく話があって、毎日夜中まで盛

私の初体験は今年の夏休みでした。しかも好きでもなかった相手からのレイプ状態で、今でも付き合っていることになっています。夏休み前に行われた期末試験の時、3年の女子先輩たちに突然呼び出されました。この先輩たちはエンコーや万引きなどの噂があり学校内でも評判の不

まだ女子学生の頃。私は芸能界やモデル、女優に憧れてました。父親似の私は綺麗系の顔で、背も高く足も長くとスタイルも良くて、(タレントやモデルになれるかも!)などと学生らしい夢を持っておりました。ある日、学校帰りに「モデルに興味ない?」とイケメンのスカウトマ

不眠に悩んでいる私は夕べもなかなか眠れず、今日は会社を休ませてもらい、部屋に一人です。数年前の高校生の時に、そういう経験に遭ってしまいました。当時はやっぱり親が嫌いで、友達と遊んでいる時間が好きでした。部活が終わると数人で街中に出向いて、ファストフード店

その日は、体調が悪くて学校を休んでいたのですが、宅急便が来たみたいなので、パジャマのままで玄関を開けた途端に押し入られました。男達は二人組でした。抵抗する間もなく口にガムテープを貼られ、手には手錠を掛けられました。男達は私の下半身からパジャマと下着を下ろ

私は高校3年生です。部活帰りに都内の地下鉄で8人の集団痴漢に遭いました。私は制服を着て登校しているのですが、電車に乗ったら、いつもと違う異様な視線を感じました。電車に乗って2分ぐらいした時、ミニスカ越しに、お尻の割れ目に何か硬いモノが当たり始めました。私

先週の土曜日、学校が休みにも関わらずクラブの用事で高校まで行きました。昼には用事も終わり、いつものように電車で帰るつもりでしたが、友達が家族に迎えに来てもらっているのを見て、一人で帰るのも淋しく思い、私も家に電話をしてみました。姉に迎えに来てもらおうと思

私は17歳の高校生で、処女でした。男の人のモノを直接見たこともなく、下品な話も全然しません。でもオナニーは毎日のようにやっていて、そのネタは大体痴漢やレイプのAVで、女の人が嫌がりながらも感じさせられてる姿を見て私も感じ、イッていました。そんな私が痴漢さ

私が少し前に経験した際の話で、それからの私の人生が多少変わった話でもあります。身長は今とさほど変わらないので155cmくらい。体重は秘密ですが、平均くらいかな。顔もぶさいくではない・・・とは思ってます。でも美人ではないです。男友達や当時の彼氏に言わせれば

忘れもしない、私が高3の夏休み、家族で田舎に帰った時のこと。伯父との関係のきっかけとなった事件があった。私がトイレに行こうと廊下に出た時、伯父がすれ違いざまに私の胸を掴んだ。私の胸はすでにDかEカップありました。ずっと私の胸ばかり見ていたのは気づいていた

これは、10年前に実際に起こった話です。俺は専門学校の夏休みを利用して短期のアルバイトを探していた。免許を取り立てという事もあり、車に乗れる仕事を中心的に探していた。そんな時、見つけたのが製麺工場の配達の仕事だった。この工場は蕎麦屋やラーメン屋だけではな

結構最近の話です。私はその日、夜遅くまでパソコンを弄って友達と話していました。お父さんが寝室のドアを開ける音を聞き、もうそんな時間かとお風呂へ向かいました。私が部屋から出ると隣から賑やか、かつ騒がしい声が聞こえます。兄の部活の人達が来ているのです。兄は高

私には壮絶なレイプ体験があります。それもただ犯された、というよりも“いたぶり抜かれた”という言葉の方が適切かもしれません。思い出すたびに恥ずかしくて、辛くて、怖くて、叫び出したくなる衝動に駆られる一方で、どこか妖しい胸の昂ぶりを抑えきれなくなる経験です。

今週の月曜日、理科の先生に「単位が足りないからこのままじゃ留年だぞ」と言われ、「補習お願いします。単位下さい」と私は頼みました。すると先生は私の制服のリボンを外し、そのリボンで手首を縛り始めました。私「えっ?せ、先生・・・?いやっ!」私を机に座らせ、ブラ

高校生の時の話です。私の地元は海に面していて夏になると海水浴客が“少数”やってきます。なぜ少数かというと、海水浴場が珍しくない地域という事と、穴場的な所(駐車場や海の家、シャワー施設などが整備されていません)だからです。ある夏休みの日、友達と2人で泳いで

学校から帰り、お菓子を食べながらテレビを見ていると電話が鳴った。「はい」「もしもし美紀だけど。また彼氏とケンカしちゃった。ね、今からうち来て聞いてくれない?」「いいよ。明日学校休みだし。今日はとことん付き合うよ!」私は自転車で美紀の家へ向かった。エッチな

暑い夏の頃です。私のおねえちゃんは、学校の先輩に告白しました。私は同じ学校なのでおねえちゃんの応援をしました。そしたら別のクラスの不良の先輩がその男の人を好きだったみたい。いきなり私たちを睨みつけて「よくも取ったわね」と言いました。でも、私もお姉ちゃんも

私が高校1年生の夏休みの出来事です。当時住んでいたところはどちらかというと田舎で、街灯も少なく、夜になると暗い場所がたくさんありました。そんな中、少し歩いたところにコンビニがあり、その周りだけは明るく、私はたまに夜中にそこへ行く事がありました。その日は暑

その日、私は高2になったばかりで、新しいクラスの子と一緒に、『新クラスをどういうクラスにするか?』という先生の宿題に対する相談をすることになっていて、一度家に帰ってから、同じ団地に住むKちゃんの家に行くことになっていました。午後2時40分頃家に着いたので

今、私は闘っています。俗に言う“レイプ願望”。安っぽく言うとそんなところなのですが、私は精神科に通院したこともあり『インフォマニア』という診断も下されました。男性からすれば“ありがたい存在”なのかもしれませんが、私にとっては“地獄の性癖”です。高校時代は

私はレイプされ処女を失なった高校2年生です・・・。その日は、文化祭の準備で少し帰りが遅くなったので、学校の近くの人気のない道を歩いていると、ワゴンが後ろから来て、中の男たちに、道を尋ねられました。ワゴン車の中には3人の男がいました。怪しいところもなく、普

はじめまして、私は二十歳の大学生です。高校1年生の時、当時大学生の家庭教師がいました。いつもさりげなくボディタッチしてきたり、私は胸が小さいのですが(ちょうどBカップぐらい)服の上から胸を見て「クミちゃんのおっぱいって可愛いよね」とかセクハラ発言をしょっ

高校時代に水泳部に所属していた私は、毎年恒例の夏合宿に参加するため海近くの合宿所に3泊4日で行くことになった。水泳部と言っても男子4人、女子3人の小さな部だったけど。顧問の先生は夕方にみんなで食事をとると、買い物に出掛けて行った。もちろん買い物だけではな

私が高校2年だった時の夏に、先生とエッチしました。ある日、友達4人と遊んでいた時の事です。その内2人がカップルで、私と彼はフリー。突然、カップル2人が「ホテルへ行く」と言いだし、私達は2人になってしまいました。彼が家に来るかと誘ってきたので、何も考えずに

高校の時に私はイジメをしていました。リーダー的存在で、私は女子をイジメず、ウザい男子だけをイジメていました。でも高校の時は仕返しがあるでもなく、平和に暮らしていました。高校の卒業式の後、2次会が終わって私が家に1人で帰っている時、何者かに後頭部を何かで殴

私が高校一年の時の体験です。ようやく学校生活も慣れてきた頃、友達も沢山増えて楽しい学園生活を過ごしていました。それでも慣れない事があり、それは痴漢でした。私は、毎日電車通学だったので決まって痴漢に遭います。乗る所や時間を変えても必ず痴漢に遭ってしまい、電

当時付き合っていた彼女には、高校を卒業したばかりの優里と、中学三年になる真理という妹が二人いた。知り合ってからもう何年も経ち、優里が中学生だった頃から皆でよく遊んだことを覚えている。二人のことは「自分の妹みたいで可愛い」などと表面上は言っていたが、そんな

今では主婦ですが、旦那はもちろん両親にも言ってません。高2の1学期の中間テスト中で、勉強していた時でした。2階の部屋に誰かが上がってくる物音がしました。時計を見たらまだ1時過ぎ、両親は共働きだったのですが、母親が早く帰って来たのかと思い、部屋のドアを開け

↑このページのトップヘ