屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

近親相姦

当時、高校二年だった私は、親友だと信じていた同級生に裏切られ、巧妙な策謀に操られるようにして母を無理やり犯してしまいました。それは七年前の出来事でした。ある日を境に、傍目から見ても異様なほど父と母の仲が悪くなりました。それから一ヵ月後、両親は離婚しました

その日、仕事を終えて帰宅すると、家の灯りが消えていた。「…ったく、玄関の照明くらいつけとけよ」普段と何となく違う雰囲気を感じながら、靴を脱ごうと身を屈めた瞬間、 頭にゴツンと強い衝撃を覚えた。殴られた部位を押さえる前に、 強い力が首根っこをつかむと、うつ伏

それは七年前の出来事でした。 ある日を境に、傍目から見ても異様なほど父と母の仲が悪くなりました。 それから一ヵ月後、両親は離婚しました。 私は母について行きたかったのですが、結局父と家に残ることになり、母は隣町にアパートを借りて一人で暮らし始めました。 私に

私は31歳の中学教師です。  私は、同僚の〇〇礼子(25歳 T162B84 W59 H85ちなみにこれは、 彼女いわくです)にとても憧れていました。 彼女は同僚、生徒からもとても人気がありました。 それもそのはず、一流モデル並みの美形、スタイルもよく、 そのうえ性格も明

やっと憧れていた人と付き合えて、ずっと幸せな彼との時間が続くと思っていた。その日、彼に誘われたので彼の部屋に行くと、他の女がいて、すでにグッタリして後ろから突き上げられていた。ティッシュが散乱し、変な匂いがしていて、もう何回もしていることは確実だった。盛

僕が高校1年生、母が43歳の時の話だ。僕の母はとても真面目で勤勉な人で、父親の給料ではとても生活できない家庭を助けるためにパートに出て働いていた。官能小説ランキング当時、性に関する関心がどんどん高まっていた僕は、“そんな母が女になる瞬間を見たい、そしてそ

一人息子も、もう23歳。私も今さら女なんて言える年齢じゃありませんが、それでも時々無性に男の体が欲しくなることがあって、年甲斐もなく淫らな想像をしては自分で慰める毎日でした。トイレやお風呂場や台所でスカートを捲り、パンティーの隙間に指を挿入して陰部を擦り

↑このページのトップヘ