屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

調教

市民プールでの行為の話し。プールの中で、すれ違いざまに尻を触ったり、胸に肘を当てて反応を見て物色するんだが、その女は一味違っていた。その日はかなりガラガラ。大きなプールの縁で休んでいたら、すぐ隣に小学生を連れた黒いビキニでポチャな40代女性が来た。水の揺れ

先週末、仕事の失敗から上司に怒鳴られて落ち込んでいたので、悪友を誘い呑みに出かけました。 上司の愚痴を肴にテンションも上がり久しぶりに酔っ払ってしまった夜でした。 3人千鳥足で裏道を歩いてると、ラブホテルから1人の男性が出てきた。 女でも買ったのかなとすれ違いざまに顔を

私は28歳の人妻です。結婚2年目です。子供が出来るまでは仕事を続けるということで、今でも毎朝の通勤電車に乗っています。まだ寒さの残る朝のことでした(日付は憶えていますがここでは伏せます)。私服にコートを着て家を出ました。大体いつも車両と車両の連結部分に乗

俺は主に訪問販売をしている。いたってまじめな営業マンで無理矢理押し売りはしていない。この仕事をしているとよく分かるが本当に昼間の人妻程無警戒はいない。薄着だし生肌は見せるし。つい最近も訪問した家でターゲットを発見してレイプしました。その家は旦那が仕事で夜も遅い

このあいだ商店街を歩いていると、25才前後の上品な若奥さんが子供を連れて歩いていた。おれはちょっと溜まっていたこともありむらむらしていたので、あとをつけて、自宅をつきとめてそれから1週間くらい調べ上げた。旦那とその子供の3人暮らしで、奥さんは仕事をしていなく

掲示板に書き込みすると、大阪のある男性から返信をいただきました。「私の見ている前で、私の妻を痴漢してください」とのことで、変わった夫婦もいるものだな、と驚きましたが、本当にして欲しいということでした。場所は大阪北区のある映画館、まずは旦那さんと待ち合わせ

私はF県に住んでる36歳の主婦ですが、此処の部屋は時々見て楽しんでます。先週の事ですが、現在主人が長期の出張中で女友達の真知子からの誘いで食事を兼ねて飲みに出掛けました。久しぶりのお出掛けなので、子供たちは両親に預けて楽しもうと思ってましたので・・真知子

Aさんは「じゃここはどうかなぁ」と言っていきなりつるつるのおまんこを舐めた。すると小由里は「ヒイィ!!いや,そこはやめてぇ…!」といい,舐められた瞬間身体をビクつかせた。さすがに一番敏感なところをいきなり舐められ,からだに電気が流れたようだ。それでも小由

私の妻,小由里は現在38歳である。子供を二人産んでいるが身体の線はそれほど崩れていない。歳よりだいぶ若く30そこそこに見られる。身長は160cmで体重は50キロ,芸能人で言えば浜崎あゆみをふっくらとさせた感じである。 近所でも評判の美人である。そんな小由

会社のお局様とやっちゃっいました。彼女は会社設立時の新入社員で今年43歳。彼女の社歴=会社の歴史です。僕が工場の現場からこの職場に移って数か月、飲み会を何回かした時に成り行きでそういう関係になりました。先月始めに飲んだ時、二次会で解散したら「ちょっと待って

↑このページのトップヘ