屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?





監禁

ある新体操クラブのオーナー兼理事の息子の俺。軟体少女達の練習風景をエロい眼で楽しむ俺。ただ一人の少女にだけを目で追う。その少女は智子という中学生だ。ここに来てもう4年になる少女。見る見るうちに女らしくなって行く智子に、俺はだんだん淫らな想いを抱くようにな

20歳の大学3年生です。ある平日の日でした。未だに信じられなくて、騙された自分が情けなくて悔しくて涙が出てきます。本当にこんなことがあるんだ・・・って。学校帰りに買い物をしてる時に、突然白衣を着た50歳くらいの女性に声を掛けられました。「アンケートのお願

妻、28歳。身長157センチ、スレンダーで髪は肩より少し長く、タイプ的には派手めです。その日の妻のスタイルは、白のブラウスに黒の短めのスカートにピンヒールのブーツ。男たちは、そんな妻を気に入ったのか・・・妻は男たちの標的になりました。去年の秋、私は久しぶ

先日、ついにやってしまいました。お持ち帰り。このスレを見ていて自分もやってみたいと思い、夜の町を徘徊し続けること数時間・・・。いました!雑居ビルの非常階段で下向いて座り込んでる女性が。近寄って声を掛けましたが無反応。肩を揺すっても無反応。こりゃイケる!と

俺は型枠大工をしてる30歳の男で、結婚はしてない。この前の年始の休みに、何人かいるセフレにアポってヤリまくろうと思ってたら、どいつもこいつも旅行に行ってやがって、しょうがねーからスロットに行った。そんで2万円負けて最悪な感じで車で帰っていた。そしたら前か

あの忌まわしい事件から2年が経とうとしている。ちょうど9月の半ばだったか、夜の8時過ぎに高校生の子供からクラブ活動が遅くなったのと小雨が降ってきたので学校まで迎えに来て欲しいと電話があった。俺はビールを数本飲んでたので妻が迎えに出掛けた。「またそんな格好

私は大手企業で働いている24歳のOLです。毎日毎日会社と家の往復。同じ作業に同じメンツとのランチ。平凡な毎日、つまらない毎日を過ごしていました。私の部署は34階フロアにあります。38階もある高層ビルです。いつも出勤の時間帯は、ここは満員電車かって言うくら

私には壮絶なレイプ体験があります。それもただ犯された、というよりも“いたぶり抜かれた”という言葉の方が適切かもしれません。思い出すたびに恥ずかしくて、辛くて、怖くて、叫び出したくなる衝動に駆られる一方で、どこか妖しい胸の昂ぶりを抑えきれなくなる経験です。

3年くらい前の事です。その当時、彼と別れたばかりだった私は、ナンパで和成と知り合いました。早く元彼の事を忘れたくて、和成と遊ぶようになりました。ある日、和成から、「うちに遊びに来ない?」と言われて、初めて和成の家に遊びに行ったんです。それが間違いでした。

中学生のときの話です。真夏の21時過ぎ・・・塾の帰りでした。制服姿で自転車をこいでいると、白いワゴン車が速度を落として近付いてきて「お嬢ちゃん、駅までの道を教えて」と、窓を開けて三十代くらいの男の人が声を掛けてきました。教えてあげようと思い車に近付くと、

↑このページのトップヘ