屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

痴漢

今は社会人ですが、高の頃電車で痴漢にあいました。私は女子校でセーラー服で当時は男に免疫が全くありませんでした。まだ女性専用がなく通勤ラッシュのため人というよりオジサン達ばかりな車内でした。丁度今くらいの季節でした。プレーヤーで音楽を聴いてると、スカートご

大学への通学にいつも電車を使っています。都内の大学なので当然ながら満員電車。そしてある日、私はいつものように電車に乗ると、運悪く後ろに背の高い男の人が立ちました。私は普通に音楽を聞いていたら、その男の人が私のお尻辺りを触って来ました。性欲ももんが まとめ

マッサージでものすごく大胆な痴女に遭遇したときの話です。ちなみにフィクションではありませんので。僕は22歳の会社員で、出張や研修で他県に宿泊することが多々ありました。大阪に研修に行った時のことです。研修を終えて懇親会も終わり、僕は足がパンパンで肩も凝って

私、30歳主婦。結婚5年目です。童顔で、25歳以上には見られたことがないんですけど。主人ともそろそろ倦怠期、という感じで某サイトを訪れるようになりました。でも・・・まさか、自分をネタにする日が来るとは思ってもみませんでした。某サイトで知り合った男性と定期

女子校に通ってたあたし、通学にJR利用してました。クラスでは「電車でよく痴漢に会う」と話があり、あたしにも、「気をつけてな」とよく言われてました。でもその時の自分は、大丈夫やろと軽く考えてました。ところがある日、いつものように朝の通勤・通学ラッシュの電車

私の妻(彩恵)は強姦されました。 結婚するも不仲な私達は、いつも喧嘩が絶えなかったんです。 そんな時、『彼女(妻)を強姦にあわせ“後ろめたさ”を味わせ、男が優位に立つ』というネットの書き込みを見たのでした。 私は食い入る様に見るも、実際出来る訳がありませ

私は19歳の専門学校生です。 先週の土曜日にH県の実家にバスで帰ったときのこと。 実家での友人の結婚式に出席してから、深夜の高速バスに乗って、学校のあるT県に向かっていました。 T県は田舎で、そこに向かうバスには最初からほとんど人は乗っておらず、私と男性

俺の名は学(まなぶ・仮名)。最近、スポーツの盛んな某県立高校に転入してサッカー部に入ってる。軽く自慢だが、とにかく俺はモテる。モテ過ぎて俺様状態。だってさ、親父の仕事の関係で中学までニューヨークで暮らしてたから英語はペラペラ。サッカーの才能もブラジルに1

実質、被害者でも加害者でもないし現場を見た訳でもないのでどこまで真実かわからないけど俺がコンビニで働いてた時よく同じシフトで入ってた同僚の女性Sさん(25)が常連客のDQN数人に拉致られて輪姦(?)されたことがあったSさんは綺麗な茶髪のショートカットが似合う美人。さ

夫の異動で、東北の片田舎に移って今年で3年。最初のうちは自然が満喫できると浮かれていましたが、あれは都会からたまに息抜きに出かけるからいいものなんですね。ぐるっと360度、365日、自然に囲まれていると毎日が退屈で、刺激のない生活に飽きてしまうのに時間は

↑このページのトップヘ