屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

熟女

「保険の話があるんだけど・・・」と言って自宅に来てもらった。「あまり時間がないので、早く来て欲しい」と嘘をついて、午前中の早い時間に来てもらった。おばさんは文子さんと言う名前で、45歳くらいの小太りのおばさんだ。身長は155センチくらいだろうか。やたらと

入社して5年経って異動させられた新部署に、こんなクソ女が世の中に存在していいのか?と思わせるお局社員が居た。顔はそこそこなんだけどなんか態度がデカく、社内では完全なお局。海外プロジェクト部とは名ばかりの部で社員は10人そこそこ、その中に明美は居た。高学歴

正月、義母がうちに来ていた。2日に嫁が、「友達と初売りに行く」と言って出掛けた。義母も一緒に行きたがっていたが、混んでいるし疲れるからやめた方がいいという話になって(というか、俺がそういう話にして)、義母と二人きりで留守番をした。エッチな体験談 女性視点

会社の上司がセフレだった話ですが、先にスペック書いておきます。女上司は仮名で絵美子37歳のバツイチでした。気が強そうなキリリ顔で、仕事もできるバリバリのキャリアウーマンタイプ。お◯ノ水大卒のお嬢様育ち。身長は164cmで、体重は分からないけどスレンダー。

夫の実家は、車で小2時間程走った海沿いの小さな町にあり、お盆ともなれば多くの親戚が集まるんです。朝、出かける支度をしていると夫が部屋に入って来ました。夫「今日は、白いタイトスカートにブラウスか!下着付けたな!!!」私「え~・・・だって実家に行くのよ!」白

私が義母のアナルをいただいた時のスリリングな体験を告白します。私は30歳のサラリーマンで、結婚して2年になります。妻の母は55歳になりますが、義父は10年前に他界していて、現在は同じマンションの最上階の部屋で一人で暮らしています。実は義母はこのマンション

母と私は、ある凄惨な体験により心に傷を負ってカウンセリングを受けています。幸い、母の症状は殆ど問題無いくらいまで回復出来たようですが。私は普段、美容師を目指す、ごく普通の女の子として生活出来ていますが、異性と目を合わせたり、触れ合ったり、話し合ったりする

先日、お風呂の水の止まり具合が悪く近くの水道屋さんにすぐに来てもらいました。お風呂掃除をしようと思ったので白いTシャツとニットのピンクのショートパンツでした。水道屋さんは40代のいかつい感じで色黒です。外の元栓を止め作業に入りました。お風呂の留め具が摩耗し

運動不足で体型が気になり始め、スポーツジムに通うことにしました。初めはおばちゃん達とお喋りしながら楽しくトレーニング、って思ってたんですが、段々物足りなくなり、コーチからも「もう少しランク上げてみない?」と後押しの言葉もあって、上級者コースにチャレンジす

仕事を終えて、車に乗り、時計を見ると、0時を回っていました。なるべく早く帰るため、いつもは通らない薄暗い道から帰ることにしました。途中、道の真ん中に高校生くらいの4人組の男が立っていたので、車のスピードを落としました。すると、急に車に近づいてきてドアを開

↑このページのトップヘ