屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

挿入

彼女と旅行に行きました。そこで興奮した出来事です。とある古い旅館に泊まりました。食事の後、2人で風呂に行きました。あいにく家族風呂はなかったのですが、露天風呂があるとのことで、2人別々に男湯と女湯に入りました。エッチな体験談 女性視点エッチ体験談 性欲女子

私宛に送られてきた2枚のDVDにはパソコンで書かれた手紙が入っていました。『これでどのみちアンタたち家族はそこには住めない。さっさと土地を譲り渡して何事もなく引っ越すか、DVDを近所にばら撒かれて恥をかいて出ていくか、好きな方を選べばいい』半年ほど前から

結婚3年目で夫婦で旅行した時、田舎町の温泉宿行きました。当時、私が30歳、妻が27歳でした。温泉宿と言っても離れが4軒ほどの小さな宿で露天風呂付き。その頃は、ヤリまくり旅行のようなものでした。その日の客は、私たち夫婦と4人組みの男客のみでした。母屋で食事

見合い結婚だった主人は、クンニやフェラチオといったオーラルセックスを好まなかった。至って淡白なセックスは気持ちよさなんてなくて、ただの子作りのための運動という感じだった。だから、主人の弟の『豊』にレイプされるまで、私は女としての悦びを知らなかった。線の細

同僚の小百合(24歳)に中出ししました。イベントの準備の為に小さな作業小屋で木材を探していた時のことです。小百合は顔がMEGUMIに似て、乳も同じくらい大きな、男から見て非常に魅惑の先輩でしたので、二人きりになったら絶対犯してやろうと考えていました。チャ

私の初体験の相手は彼氏とではなく、彼氏の友人でした。仮にTとします。私が大学一年の時、初めて彼氏ができました。彼氏は地味で大人しそうな感じの人でしたが、とても優しい人でした。彼氏とは対照的にTはイケメンで、賑やかなよくモテる人で、二人は高校の頃からの親友

私は38歳の主婦です。あれは昨年の7月の出来事でした。主人のお義父さん(当時60歳)は大工の仕事をしていて、脚をケガし自宅で養生している時の事でした。主人(40歳)はサラリーマンで、お義父さんの事なんか私に任せっきりで、毎晩お酒を飲んで遅くに帰ってくる毎

正月、義母がうちに来ていた。2日に嫁が、「友達と初売りに行く」と言って出掛けた。義母も一緒に行きたがっていたが、混んでいるし疲れるからやめた方がいいという話になって(というか、俺がそういう話にして)、義母と二人きりで留守番をした。エッチな体験談 女性視点

私の体験ではありません。でも私が目撃したレイプ場面で、誰にも言えないことでしたので投稿します。昨年の秋のことです。私はある温泉街の小さな旅館でバイトをしていました。お客さまのほとんどがお帰りになって、私は風邪気味もあって布団部屋で寝ていました。そのとき、

私達の悪夢は、とんでもない幸運から始まりました。当時、私は食品メーカーに勤めるサラリーマン。入社10年目で係長の私は、出世街道を進むわけでもなく、落ちぶれるわけでもない、そんな平凡な営業マンでした。妻の由美は30歳。元会社の後輩だった妻とは5年前に結婚し

小学校で教員をしている者です。7月の初め、自分の教室でレイプされました。夜の8時ぐらいだったと思いますが、校舎内だったので全く警戒していませんでした。私は、帰り際に翌日の授業の準備をしに教室に行くのが日課になっています。その日も、いつも通り教室に向かいま

2年間片思いだった真里さんと、ついにやることができたので報告します。僕は大学卒業後、とある会社に就職しました。そこで一目惚れしたのが真里さんでした。強気な性格でありながら女性らしさを醸し出していて、僕はすぐに惚れました。その会社は飲み会が多く、月に1度は

知り合いには絶対に話せない出来事です。この間、街中を歩いていたら、モデルのスカウトに声を掛けられました。その日は待ち合わせをドタキャンされて、暇潰しにならいいやと話を聞きました。内容は、最近ネットでよく宣伝されている、女子高生のギリな制服姿の写真集のモデ

私は東京の某出版関係で働いている23歳のOLです。私の出身は東京だったのですが、高校時代から関西の方に興味があったことから、大阪の北部にある関◯大学に行くことにしました。将来マスコミ方面に進みたかったので社会学部に入学したのですが、今日は学生時代の悲惨な

先週の土曜日の話です。私はパートで製薬会社で働いていて、3月いっぱいで転勤する課長さんに飲みに行こうと誘われたんです。前々から食事や飲みに誘われていて、いつもお断りしていたのですが、旦那も今月いっぱい出張でいないし、送別会も兼ねてということで他の人も来る

私には壮絶なレイプ体験があります。それもただ犯された、というよりも“いたぶり抜かれた”という言葉の方が適切かもしれません。思い出すたびに恥ずかしくて、辛くて、怖くて、叫び出したくなる衝動に駆られる一方で、どこか妖しい胸の昂ぶりを抑えきれなくなる経験です。

最近、妻がウォーキングを始めた。40歳になる妻は、身長160cmの体重55kgで、最近下半身が太くなった様だ。職場の仲間から「歩いて痩せた」と聞いた妻は、その日の夜から歩き始めると言いだした。スニーカー程度は持っているが、ジャージすら無い。そんな妻は、下

彼氏の誕生日プレゼントに何しようかなぁって思ってて。“そうだ!彼氏が好きなカフリンクスにしよう”とネットで探したら、素敵な店を発見した。通販でもやってんだけど、一回通販で失敗した事もあるし、実物見なきゃわかんないから、お店まで行って見ることにした。その店

18歳の大学1年の夏、集団痴漢に遭ったんです。サークルの夏合宿の話で盛り上がり、帰るのが遅れてしまい、最終電車にギリギリ乗り込んだんです。週末という事もあって終電は満員。ぎゅうぎゅう詰めの中、必死に中に入ると、なんか私の方に手が伸びてくるんです。終電だっ

私がレイプされたのは去年の夏です。その連中が最近になって私に「謝りたい」とか「また会いたい」とか、非常識な連絡が来るようになって誰にも言えず悩んでいます。昨年の春、希望していた栄養系の短大に入学したため実家を離れ、ある地方都市で一人暮らしを始めました。や

結婚して幸せな日々を送っている私ですが、夫には絶対に話せない事があります。それは、結婚して1年くらいのことでした。私は、新しいスカートが欲しくてデパートに出掛けました。なかなか良いスカートが見つからず帰ろうかと思いましたが、半ば諦めていた時、私好みのスカ

学校から帰り、お菓子を食べながらテレビを見ていると電話が鳴った。「はい」「もしもし美紀だけど。また彼氏とケンカしちゃった。ね、今からうち来て聞いてくれない?」「いいよ。明日学校休みだし。今日はとことん付き合うよ!」私は自転車で美紀の家へ向かった。エッチな

五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹しく暮らしていました。私の年齢は46歳で、息子の雄太が19歳、娘の美紀は16歳の高校一年生です。私は医療事務の資格を

32歳の小学校教員です。これは、私が隠し続けていた話で、私が思う限り当事者以外は誰も知らない真実です。もう5年も前の話になります。とっくに時効になっているし、今更騒ぎ立てても何も変わらないのですが、自分が婚約したのを機に、結婚する前に何とか気持ちの整理を

いわゆる新歓の時期でした。一流大学の人達と飲んでいた私は、馴れないお酒のせいで潰れてしまいました。男の部屋、私はデブに短パンを脱がされそうになりました。部活やらなくなってもマシンで鍛えていた私は、力には自信あるつもりでした。しかし甘かったです。破られまし

俺が高校2年のとき。授業中は寝てる、塾は行かない・・・。あまりにも勉強をやる気のない俺に、親が家庭教師をつけた。なんか普通は男の生徒に女の先生はつけないらしいけど、その先生は女子大生で、個人でやってたみたい。俺の贔屓目かもしれんけど、とにかく可愛くて、初

あれは2年前、夫が新婚早々に、海外工場視察のため1週間出張に出掛けた夜の事です。入浴を終え、寝室に戻ってタオル1枚で汗がひくのを待っていました。その時、玄関の方で物音がしました。私は(夫が帰ってくるはずないのに・・・)と思い玄関を覗きました。そこには夫で

私が高校1年生の夏休みの出来事です。当時住んでいたところはどちらかというと田舎で、街灯も少なく、夜になると暗い場所がたくさんありました。そんな中、少し歩いたところにコンビニがあり、その周りだけは明るく、私はたまに夜中にそこへ行く事がありました。その日は暑

もう3年前の話です。私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。その人は少し太っていて、銀縁のメガネを掛けたニキビ痕がとても目立つ人でした。年齢は30代位。いつも丈の短いジーパンに、Tシ

私は大学生の頃、家庭教師のアルバイトをしていました。その時受け持ったのは中学3年生の男子(M君)でした。M君の家はかなり裕福な家庭のようで、大きな母屋の隣に新しい2階建ての離れがあり、その1階におばあちゃんの部屋があり、2階にM君の部屋がありました。M君

↑このページのトップヘ