屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

挿入

今、隣室で母が犯されています。 必死な母の声が聞こえてきますが俺にはどうする事も出来ません。 その原因は俺にあるのです。 悪い友人からの借金が返せなくなり、その代償と言うか・・利子代わりに母を提供する事に・・。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エ

私の妻(彩恵)は強姦されました。 結婚するも不仲な私達は、いつも喧嘩が絶えなかったんです。 そんな時、『彼女(妻)を強姦にあわせ“後ろめたさ”を味わせ、男が優位に立つ』というネットの書き込みを見たのでした。 私は食い入る様に見るも、実際出来る訳がありませ

私が小学5年生の時、新興の住宅街に一戸建ての家を購入した。 当時周辺には家も少なく、大型のスーパーがすごく目立っていたことを記憶してる。 母は、そのスーパーにレジのパートで勤めていた。 母は午後3時まで働いていたので、私が早く学校が終わるときは、必然的に

私は22才のOLです。 先月の29日、大勢の浮浪者に輪姦されました。 友達と飲んで帰り、公園で酔いを覚ましていたら、3人の浮浪者に公園の奥にあるプレハブの倉庫に連れ込まれてしまったんです。 無理矢理、キスされたり、胸を揉まれたり、でも、私は力の限り抵抗し

職場の先輩の仁志田佳代さんは職場でも眞鍋か◯りに似て可愛いと評判で、他部署にも人気がありました。 その佳代さんに悪戯しました。 その日は定例の休日前の飲み会でした。 普段あまり飲まない佳代さんですが、その日は仕事の貸しがあったので、酒を勧めました。 ・・

第一印象でムカつくと思った。理由はそれだけ。ムカつくから殴っても無反応。暗いし何を考えてるかわからない、気持ち悪い奴。そう思った。とにかく一馬を見ているとイラついた。だから思いっきり殴ってやった。だけどまだイラつきが納まらない。だから殴る。さらに殴る。何

実質、被害者でも加害者でもないし、現場を見た訳でもないのでどこまで真実かわからないけど・・・。 俺がコンビニで働いてた時、よく同じシフトで入ってた同僚の女性Sさん(25)が常連客のDQN数人に拉致られて輪姦(?)されたことがあった。 Sさんは綺麗な茶髪の

俺がバイトしてるコンビ二に友達の母ちゃんもバイトに来てる。 友達と言っても高校時代にたまに遊びにいった程度で、今はその友達とは特に付き合いはない・・・。 (・・・ということにしておく。) 俺は22時~6時、友達の母ちゃんは6時~9時の早番のパート主婦だ。

同僚のK(♀)を以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので連れて行った。マッコリを頼んだのだが、席をはずした間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末にしたものを混ぜておいた。マッコリはもともとざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても判らない

もう10年以上前だけど、俺の通っていた中学は結構荒れたとこだった。地元のギャングチームに入ってたり、先生を殴ったりするような奴がいたり、中学の近くのコンビニを万引きで潰したりとかしてた。生徒同士のいじめももちろんあって、ある時、俺のクラスのかなりスタイル

私が中学2年生の時でした。私は特に目立った子というわけでもなく、体格は痩せ型、髪型はおかっぱでさらさらの直毛、いつも白いノースリーブのワンピースを着ていました。性格は大人しい方で、人に流されてしまうようなタイプです。平凡な毎日が過ぎていく中、突然、私の平

先日、同僚のユウコを犯した。ユウコは容姿端麗という言葉が相応しく、とても綺麗な女だった。仕事もテキパキとこなし、「男には負けない」というのが口癖だった。俺は何度もユウコに告白したが、ユウコが振り向くことはなかった。ただ、それはどの社員も同じだった。彼氏が

俺には高校の時からの付き合いで、仲の良い女友達のエリがいる。エリは背が低くて、そんなに高いほうでない俺よりも小さかった。顔はスザンヌに似てる感じで、脳みそも似てる。そして細身のくせに巨乳だった。しかし、お互い異性として意識したことはなく、半分男友達みたい

家族4人(主人、私、息子、娘)で、千葉の貸し別荘に行きました。そこは別荘一棟一棟が離れていて子供たちのはしゃぐ声が周りの迷惑にならないので良い感じの別荘です。私たちは初日、別荘近くの水族館で遊んでから、麓のスーパーで1週間分の食料の買い物をして駐車場に向

私が高校生のときの話です。その時に住んでいたマンションで私はレイプされて体を奪われました。学校生活も楽しくて彼氏もいて、結構派手めのグループにいたんですが、いい大学に入るためにしっかり勉強もしてました。メイクとかも好きだったし、周りの男子からの評価も高か

その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツにエメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、小さなポシェットを肩からかけ、髪型はいわゆる“聖子ちゃんカット”と、当時の典型的な若い女性だった。きれいな長い足が印象的で、少し腰を振りながら歩く姿に、私達3人は一

私の職場は残業が多く、最近はほぼ毎日のように終電ギリギリまで仕事をしていました。その週は特にハードワークで、週末だったこともあって私の疲れはピークに達していました。何とか仕事を終えて終電に間に合ったものの寝過ごしてしまい、自宅の最寄り駅とは程遠い終点まで

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

中学3年の時の話。生意気な女だった優希は、ヤンキー女の香に目をつけられ、体育倉庫で制裁を受けていた。連れの雄二が香に、「優希の裸を見せてやるから何人か連れてこい」と言われ、その時いたダチ5人を集めて速攻で体育倉庫に向かった。マジで同級生の優希の裸が見れる

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

私が小学4年生頃の話です。当時、母は35歳。父は単身赴任中でした。学校から帰ってきた私が遊びに行こうと家を出ると、ちょうど近所に住んでいる伯父がやってきました。伯父は父親の兄にあたる人ですが、無職でギャンブル狂いというどうしようもない人で、近所の家から借

俺が29歳、彼女は28歳でした。彼女は大手企業の総合職として働いていて、性格も良く、最高の彼女だった。顔立ちもとても綺麗で、仕事へ行くときは化粧をばっちり決めて、丈が短めのスカートのスーツに着替えて出掛けていく。近いうちに結婚する予定で、彼女が住んでいた

僕は22歳の会社員です。地方出身で就職の為、1年程前から大阪で一人暮らしをしています。ただ高い家賃は払えないので大阪でも田舎寄りのK市に住んでいます。周りを林に囲まれたボロボロの貸し家なのですが、道を挟んだ向いには大きな一軒家が建っていて、そこに住んでい

去年の夏休み、あたしは女友達の夏美と2人で海に出かけていました。彼女とは親友で、大学時代はよくドライブに行ったり、海辺で色々と悩みを相談しあったりしていました。その日は海開きの日ということで、暗くなりかかっているにも関わらず大勢の人で賑わっていました。あ

ある雨の降っている日のこと。俺はドカタなんだけど、雨で仕事が流れて出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれず、そこらの駐車場に車を停めてボーっとしてた。すると、向こう側からスーツ姿の女が歩いてくるのが目に留まった。近くで顔を確認すると、年

俺は40代の音楽の教師で、若い頃はプロになりたかったが結局プロにはなれず、諦めた後は教員免許を持っていたので音楽教師になることにした。夢は叶わなかったが、好きだったことを仕事に出来たのはまだ幸運だったのかもしれない。同い年の妻と結婚して子供もいる。教師に

ある日、バイトの休憩時間に携帯を確認するとメール着信の光がついていた。1件のメールが来ていて、件名には『女と犯りたい男大募集!!』てなっていた。てっきり迷惑メールと思いきや、送信者はクラスメートの静香からだった。あまり会話はしない、ちょっと俺の苦手な女か

親がレイプされるってのはそんな笑い話じゃないですよ。ほんとにそれで人生変わります。僕は・・・実際その時はものすごいショックでした。僕は中学生の頃、ホントどうしようもない弱虫でイジメと恐喝の的だった。殴られては金をせびられたが、中学生の僕にそんなにお金があ

以前、無防備な義母の話をしました。 今回、また新たな展開があったのでちょっと書き込んでみようと思います。 振り返る様ですが、私には23歳になる妻と42歳になる義母がいます。 2年前(前話は1年前)に、私達は結婚! 母が1人になると言う事で、私が婿に入ったんです。 義母

JK2です。 ついこの前なんですけど、帰宅途中に目の前に車が停まって、男達に車に無理矢理入れられました。 中はシートが畳んであって、すぐに私の制服を破って、おっぱいを舐めてきました。 変な声が出ちゃって、男がニヤニヤ笑い始めてビデオで撮ってきました。 後ろで手を

↑このページのトップヘ