屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

愛撫

職場の先輩の仁志田佳代さんは職場でも眞鍋か◯りに似て可愛いと評判で、他部署にも人気がありました。 その佳代さんに悪戯しました。 その日は定例の休日前の飲み会でした。 普段あまり飲まない佳代さんですが、その日は仕事の貸しがあったので、酒を勧めました。 ・・

第一印象でムカつくと思った。理由はそれだけ。ムカつくから殴っても無反応。暗いし何を考えてるかわからない、気持ち悪い奴。そう思った。とにかく一馬を見ているとイラついた。だから思いっきり殴ってやった。だけどまだイラつきが納まらない。だから殴る。さらに殴る。何

38歳のKと言います。 それは、今から2年前の社員旅行の時でした。 宴会終了後、各自の部屋でそれぞれ飲んで盛り上がっていました。 俺はちょっと酔いが回ってきたので、人のいない押入れに入り込み一眠りさせてもらいました。 しばらくして人の気配がなくなりました

金曜日の夜、総武線の秋葉原駅のホームで酒に酔ってフラフラのお姉ちゃんを発見。 顔を見たら、25~6歳といったところか。 テレ朝の女子アナの野村真季にホントそっくりのすげぇ美人! (密かにファンなんだよ、俺。) 俺も、酒が入っててムラムラ心いっぱいだったか

実質、被害者でも加害者でもないし、現場を見た訳でもないのでどこまで真実かわからないけど・・・。 俺がコンビニで働いてた時、よく同じシフトで入ってた同僚の女性Sさん(25)が常連客のDQN数人に拉致られて輪姦(?)されたことがあった。 Sさんは綺麗な茶髪の

俺がバイトしてるコンビ二に友達の母ちゃんもバイトに来てる。 友達と言っても高校時代にたまに遊びにいった程度で、今はその友達とは特に付き合いはない・・・。 (・・・ということにしておく。) 俺は22時~6時、友達の母ちゃんは6時~9時の早番のパート主婦だ。

黒いワゴン車。 四時間以上にも渡る悪夢。 車内ではかなりの大音量でレゲエが流れていた。 ただでさえ嫌いなリズムの旋律。 「痛い!!痛い!!痛い!!嫌ぁ!!嫌だぁ!!」 そう叫んでた気がする。 とにかく叫んでいないと死にそうだった。性欲女子ニュース 女性視

私は19歳の専門学校生です。 先週の土曜日にH県の実家にバスで帰ったときのこと。 実家での友人の結婚式に出席してから、深夜の高速バスに乗って、学校のあるT県に向かっていました。 T県は田舎で、そこに向かうバスには最初からほとんど人は乗っておらず、私と男性

23時過ぎ、西船橋南口からの帰宅途中、道端にしゃがみ込んだコを発見。 これは・・・と思い、声をかけるも無反応。 目の前にはマンションの非常階段・・・と言っても誰でも出入りできるタイプ。 話し掛けながら素早く階段に連れていき、所持品をゴソゴソ。 免許証から

中学の三年間、僕はイジメにあっていました。 小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、そういうところに原因があったんだと思います。 イジメと言っても、僕の場合は主に『ハブ』『シカト』という形で、『カツアゲ』や『リンチ』など、幸い暴力的なものはありませんで

レイプするなら人妻に限る。これはよく言うことだ。若いバージンより入れやすいし、そして諦めもいい。何より、人間守るべきものが増えると、訴えることさえできないものだ。夫に知られたら?世間に知られたら?子どもはどうしよう?主婦たちはがんじがらめだ。結果、泣き寝

私達家族に悲劇が訪れたのは、私が小学生の時。学校から帰宅すると、家の中に見たこともない3人の男性がいました。(誰?お客さん?)なぜか不安な気持ちになってお母さんを探すと、居間のソファーの上にいたのですが、上半身裸の状態で震えるように座っていたんです。よく

もう10年以上前だけど、俺の通っていた中学は結構荒れたとこだった。地元のギャングチームに入ってたり、先生を殴ったりするような奴がいたり、中学の近くのコンビニを万引きで潰したりとかしてた。生徒同士のいじめももちろんあって、ある時、俺のクラスのかなりスタイル

大学時代、卒業するまでに何人にも輪姦されていました。今は普通に1人の人とお付き合いしていますが、その人とのエッチでは気持ち良くなれません。彼とのエッチ中はいつも輪姦されているときのことを思い出しながら感じるて誤魔化してきました。現在は25歳のOLです。芸

「◯◯駅へ行く道を教えて欲しいのですが」予備校帰りの夜、車道に停まったワゴン車から声を掛けられました。せめて「急いでます」とでも答えて、すぐにその場を立ち去っていればあんな事にはならなかったのに・・・。気の毒に思って教えてあげていると、いきなり後ろのドア

高校1年生の夏休みの話。私は山間にある少子化が進んだ田舎に住んでいるので、近所に年の近い子がおらずいつも1人でした。近くの山の中に小さな川があり、暑い日にはよくそこに行って1人で遊んでいました。服が濡れるのが嫌で、また人気もなかったので、いつも全裸でした

大学時代、卒業するまでに何人にも輪姦されていました。今は普通に1人の人とお付き合いしていますが、その人とのエッチでは気持ち良くなれません。彼とのエッチ中はいつも輪姦されているときのことを思い出しながら感じるて誤魔化してきました。現在は25歳のOLです。芸

俺には高校の時からの付き合いで、仲の良い女友達のエリがいる。エリは背が低くて、そんなに高いほうでない俺よりも小さかった。顔はスザンヌに似てる感じで、脳みそも似てる。そして細身のくせに巨乳だった。しかし、お互い異性として意識したことはなく、半分男友達みたい

高校1年生の夏休みの話。私は山間にある少子化が進んだ田舎に住んでいるので、近所に年の近い子がおらずいつも1人でした。近くの山の中に小さな川があり、暑い日にはよくそこに行って1人で遊んでいました。服が濡れるのが嫌で、また人気もなかったので、いつも全裸でした

先日、同僚のユウコを犯した。ユウコは容姿端麗という言葉が相応しく、とても綺麗な女だった。仕事もテキパキとこなし、「男には負けない」というのが口癖だった。俺は何度もユウコに告白したが、ユウコが振り向くことはなかった。ただ、それはどの社員も同じだった。彼氏が

俺には高校の時からの付き合いで、仲の良い女友達のエリがいる。エリは背が低くて、そんなに高いほうでない俺よりも小さかった。顔はスザンヌに似てる感じで、脳みそも似てる。そして細身のくせに巨乳だった。しかし、お互い異性として意識したことはなく、半分男友達みたい

文章力がないのでうまく表現できないところもありますがよろしく。僕は陸上部に所属しています。中3です。僕の専門は200メートル走で、ひとつ下の学年に菜摘という子がいます。その子も200メートルで、明るく可愛い顔をしていて、さらに胸もDカップくらいあります。

去年の初夏のことです。その年の春に結婚して住み始めたマンションの隣の部屋に住む男性に乱暴されました。うちの主人は仕事が夜勤でして、4日夜間勤務をして2日休みという感じです。その日も夕方に出勤する主人を駐車場まで見送って、そのついでに隣の部屋に回覧板を届け

私は41歳の主婦です。主人とは3年前に離婚しました。我が家には21歳の息子がいます。出来が悪くて高校も中退し、仕事は一応しているけど、柄の悪い友達とばかりお付き合いするようになりほとほと困ってるんです。我が家は六畳と四畳半しか部屋がなく、息子の四畳半の部屋に入

実家へ帰った時、姪っ子の旦那と冗談言ってふざけていたら畳の上に仰向けに押し倒された。まさか?… と思っていたら、そのまま乗っ掛かってきて、「おばさん」って、言いながらシャツの上から乳房を揉み、パンティーを横に寄せただけで入り込んできた。ビックリしたけど私も

実質、被害者でも加害者でもないし現場を見た訳でもないのでどこまで真実かわからないけど俺がコンビニで働いてた時よく同じシフトで入ってた同僚の女性Sさん(25)が常連客のDQN数人に拉致られて輪姦(?)されたことがあったSさんは綺麗な茶髪のショートカットが似合う美人。さ

家族4人(主人、私、息子、娘)で、千葉の貸し別荘に行きました。そこは別荘一棟一棟が離れていて子供たちのはしゃぐ声が周りの迷惑にならないので良い感じの別荘です。私たちは初日、別荘近くの水族館で遊んでから、麓のスーパーで1週間分の食料の買い物をして駐車場に向

大学時代に、本当に淡い気持ちでお付き合いをした人がいました。素敵な人でした。その頃の私はかなりウブというか、何も知らない女の子でした。キスを数回しただけで、それ以上のことを求められることはありませんでした。大学卒業後、地元の県庁に勤めました。その時、大学

私が高校生のときの話です。その時に住んでいたマンションで私はレイプされて体を奪われました。学校生活も楽しくて彼氏もいて、結構派手めのグループにいたんですが、いい大学に入るためにしっかり勉強もしてました。メイクとかも好きだったし、周りの男子からの評価も高か

その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツにエメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、小さなポシェットを肩からかけ、髪型はいわゆる“聖子ちゃんカット”と、当時の典型的な若い女性だった。きれいな長い足が印象的で、少し腰を振りながら歩く姿に、私達3人は一

↑このページのトップヘ