屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

愛撫

中学3年の時の話。生意気な女だった優希は、ヤンキー女の香に目をつけられ、体育倉庫で制裁を受けていた。連れの雄二が香に、「優希の裸を見せてやるから何人か連れてこい」と言われ、その時いたダチ5人を集めて速攻で体育倉庫に向かった。マジで同級生の優希の裸が見れる

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

私は、中3の一人息子を持つ43歳の看護士です。主人は月に半分近く出張で留守がちです。今年の夏休み、「明日、友達が遊びに来るから」と息子の拓也が言ったので、「夜勤明けで、ちょうどいるからいいよ」と言いました。午前中は寝て、午後から買い物をすぐ済ませ、飲み物

私(37歳)には、妻(沙織、33歳)と5歳と7歳になる娘がいます。その日は、実家の両親(父親、60歳)の定年ご苦労さん会ということで、両親に温泉旅行をプレゼントしました。その夜、お母さんから、「お父さんと2人だけだとつまらないから、孫も連れて行っていい?

自分でも信じられないのですが、半年以上も付きまとわれていた男性に先日とうとう押し入られ、無理やりされてしまったのです。相手は身体が大きくて力も強かったので、あっさり縛られてしまい何の抵抗も出来なかった。でも、ずっと「好きだ」って囁かれながらすごく優しくさ

私はラブホテルの部屋をデザインする仕事をしている。その日も、ある倒産したホテルを新しく改装して欲しいという依頼を受けて立ち寄った。ホテルの新しいオーナーは、ある有名なヤクザ屋さんである。カギを開けて中に入って色々見終わった時、そのオーナーが、「先生、今か

俺が29歳、彼女は28歳でした。彼女は大手企業の総合職として働いていて、性格も良く、最高の彼女だった。顔立ちもとても綺麗で、仕事へ行くときは化粧をばっちり決めて、丈が短めのスカートのスーツに着替えて出掛けていく。近いうちに結婚する予定で、彼女が住んでいた

中学3年の夏、俺達は無敵だった。中学校の最上級生になり、校内に恐い者がいないという環境だから、好きなことが何でも出来ると思っていた。俺達は別に悪かったわけではない。他校のガラの悪そうな奴等に恐怖し、安い万引きをして自慢し合う程度のレベル・・・。悪ガキって

僕は22歳の会社員です。地方出身で就職の為、1年程前から大阪で一人暮らしをしています。ただ高い家賃は払えないので大阪でも田舎寄りのK市に住んでいます。周りを林に囲まれたボロボロの貸し家なのですが、道を挟んだ向いには大きな一軒家が建っていて、そこに住んでい

ある雨の降っている日のこと。俺はドカタなんだけど、雨で仕事が流れて出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれず、そこらの駐車場に車を停めてボーっとしてた。すると、向こう側からスーツ姿の女が歩いてくるのが目に留まった。近くで顔を確認すると、年

↑このページのトップヘ