屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

寝取り・寝取られ

私には家族に話すことが出来ない秘め事があるんです。5年前、私(43歳)は夫(48歳)の実家で生活をする事になりました。義母が病気で亡くなった事が原因です。夫の実家は地方の田舎町にあり、辺りは山と田畑に覆われ、近所も数百メートルも離れて点在する程度の田舎で

電車で通学してた高校の時です。よく痴漢に遭いました。たぶん同じ人にされてたような気がします。高校のスカートを短くしてた私は後ろからスカートを捲り上げられ、パンツの中に手を入れられお尻を揉まれました。そこまでされたのは初めてだったので私はかなり頭にきてしま

悲しい事件は1年前の11月、高校2年の時でした。私の住む所や通っていた高校は都市部より離れていて、電車は単線で1両ないし朝は2両のワンマン電車だったんです。当時、学校が終わるとそのまま塾に通っていたため、帰りはほとんど最終電車の夜の9時半過ぎの電車を利用

今日は割と早く帰れて良かった。なかなか観られなかった、あのDVD観よう・・・。そんなこと考えながら、自宅マンションのエントランスを抜けて、エレベータに向かう。一人暮らしの私にはちょっと家賃は高いけど、セキュリティのしっかりしたマンション。前のアパートはよ

当時、俺23歳、大学留年中、フリー。彼女、19歳、彼氏あり。初めて彼女の存在を知ったのは、ゲームをしている最中に隣の部屋からの聞こえてきたあられもない声でした。「あぁんっ!あぁんっ!あぁんっ!」隣の部屋のベッドがうちの部屋側に置かれているようで、隣人に聞

私の家族は至って平凡な暮らしをしています。年に数回、自宅に親友たちを招いてパーティーを開いたりしているのですが、子供の通う幼稚園の仲良し家族を招いた時にママ友をレイプしてしまいました。私:28歳、サラリーマン。妻:26歳、主婦。5歳の子供と3人家族で、特

やっちゃいけない事をやってしまいました。普段からこういうサイトを見てはオナニーばかりの毎日でした。まさか自分がここに書かれているような事をするとは思いもしませんでした。うまく文面に書けませんがお許しを。学生時代からの友人と久しぶりに会いまして、知人宅にて

年末に起きた出来事です。北海道に住む私は、妻と子供2人の4人家族。10月に友人とキャバクラに行き、もらった名刺を大事に持ち帰ったため妻にバレ、喧嘩となった。その時は謝って何とか仲直りしたんですが、11月に懲りずに、また友人と飲みに出かけ、またまたキャバク

春先に連泊で温泉旅館に行きました。和子とは久しぶりの旅行で夫婦水入らずに過ごす予定でした。もちろん和子とのセックスが目的で、和子もそれを期待しているようです。服装は胸元が強調されたワンピースで和子の豊満なおっぱいが溢れ出そうです。和子は胸が大きく、屈んだ

28歳の人妻です。主人の上司に犯され、その動画まで撮られてしまいました。先日、主人の長期出張中に、突然、上司のAさんが自宅へ来ました。急ぎの書類を取りに来たとのこと。主人の留守中に部屋に入れるのは・・・と思い、「どこにあるのかを主人に電話で確認します」と

彼女と旅行に行きました。そこで興奮した出来事です。とある古い旅館に泊まりました。食事の後、2人で風呂に行きました。あいにく家族風呂はなかったのですが、露天風呂があるとのことで、2人別々に男湯と女湯に入りました。エッチな体験談 女性視点エッチ体験談 性欲女子

これは僕が大学生だった頃のお話です。自画自賛という訳ではありませんが、僕はイケメンです。勉強も良くできました。しかし僕がそれまでの人生、幸せだったかというと、全くそんなことはありません。なぜなら、僕は高校までの間、虐めにあっていたからです。それはもう酷い

私宛に送られてきた2枚のDVDにはパソコンで書かれた手紙が入っていました。『これでどのみちアンタたち家族はそこには住めない。さっさと土地を譲り渡して何事もなく引っ越すか、DVDを近所にばら撒かれて恥をかいて出ていくか、好きな方を選べばいい』半年ほど前から

彼女と旅行に行きました。そこで興奮した出来事です。とある古い旅館に泊まりました。食事の後、2人で風呂に行きました。あいにく家族風呂はなかったのですが、露天風呂があるとのことで、2人別々に男湯と女湯に入りました。エッチな体験談 女性視点エッチ体験談 性欲女子

20歳の大学3年生です。ある平日の日でした。未だに信じられなくて、騙された自分が情けなくて悔しくて涙が出てきます。本当にこんなことがあるんだ・・・って。学校帰りに買い物をしてる時に、突然白衣を着た50歳くらいの女性に声を掛けられました。「アンケートのお願

2年前の話になります。地元の恒例行事に、海開き花火大会があります。数時間で1万発もの花火が大空いっぱいに開花するんです。海辺には数万人の人が集まり、露店も多く出ているので、大変な賑わいをみせます。私達は、その込み合いから逃げる様に穴場を見つけ陣取っていま

私の初体験の相手は彼氏とではなく、彼氏の友人でした。仮にTとします。私が大学一年の時、初めて彼氏ができました。彼氏は地味で大人しそうな感じの人でしたが、とても優しい人でした。彼氏とは対照的にTはイケメンで、賑やかなよくモテる人で、二人は高校の頃からの親友

実は私、結構田舎に住んでいて周りに何にもないんですね><近くにダムがあって、そのそばに遊水広場があるんだけど、夏休みとかは、そこでよく小学生の子供たちを遊ばせていたんです。そこは平日の昼間とかはあんまり人が来ないところで、アスレチックとかサッカー場とかあ

まずスペック。俺:亮介。25歳、社会人3年目。身長175cm、顔は中の下。彼女:真美。23歳。社会人2年目。身長158cm、磯山さやか似。Cカップ、プリケツ。エッチな体験談 真美とは大学のサークルで出会ってから6年間付き合っていた。今年の夏、俺たちは休み

妻、28歳。身長157センチ、スレンダーで髪は肩より少し長く、タイプ的には派手めです。その日の妻のスタイルは、白のブラウスに黒の短めのスカートにピンヒールのブーツ。男たちは、そんな妻を気に入ったのか・・・妻は男たちの標的になりました。去年の秋、私は久しぶ

震災の時の話です。私の家は大通りに面していて、その時は帰宅困難者が歩いて列を作っていました。そんな時、近くのコンビニに買い出しに行くと、目ぼしい物は何も売っていない・・・。仕方なく家に帰ろうとすると、ふいに「Oさん!」と声を掛けられた。そこには、取引先の

去年、久しぶりに夫婦で温泉へ行った時の話。普段は子供たちがいるので一緒にお風呂にも入ることが無く、久しぶりで貸し切り露天風呂を借りて入りました。私45歳、妻41歳。久しぶりに明るいところで妻の裸を見ると、ついムラムラしてしまい、体を洗うより妻の裸に手がい

最近、妻がウォーキングを始めた。40歳になる妻は、身長160cmの体重55kgで、最近下半身が太くなった様だ。職場の仲間から「歩いて痩せた」と聞いた妻は、その日の夜から歩き始めると言いだした。スニーカー程度は持っているが、ジャージすら無い。そんな妻は、下

私は越◯市に住む、結婚2年目の主婦です。生後9ヶ月の双子の娘と主人の4人で暮らしてます。私は夫に言えない秘密を抱えてしまいました。どうしたら良いのか分からず、悩んでます。その秘密はとてもみっともない話だし、夫や知り合いに知られる訳にはいかないので、仮名で

これは僕が小学校からの下校途中の話だ。放課後、学校に残って校舎で僕らは遊んでいた。最近、変質者が出るとホームルームの時間に言われた。でも、遊び盛りの僕らには、そんな注意より遊びの時間をどう使うかが重要だった。「早く帰りなさいって先生に言われたでしょう」ク

私が中学一年の秋頃、某県の寂れた民宿に家族三人で泊まった時のことです。その当時、母は30代中盤、胸はFカップはあったでしょう。その民宿は格安の割には露天風呂等もありましたが、5部屋ぐらいの小規模な民宿を50代くらいのおじさんが一人で切り盛りしていました。

家の隣に独り身の中年のおじさんが引っ越してきた。うちは団地住まいなので、隣人とも今まで良くコミュニケーションをとったりしていた。そのオッサンは50歳前後、中年太りながら肉体労働で鍛えたのかガッチリした体格をしていた。引っ越しの挨拶もなく、隣とは言え、ウチ

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。妻は42歳の専業主婦で、高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手筈になっています。最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配で

子供が通っている高校のPTA役員になってしまい、昨年春から活動しています。春から始まった活動の最初に、6月に開催する学園祭のバザー準備がありました。PTA会長のAさんは、自営で輸入業をされているとのことで、毎回の準備やそれ以外の準備も積極的に進められてい

会社の同僚の女を犯しました。その子は会社で美人と評判の女で、スタイルも良く性格も明るい人気の子です。その日は会社の旅行があり現地集合でした。私は、彼女と彼女の彼氏である同僚の3人で車で現地に向かいました。前からチャンスをうかがってた私は、睡眠薬とSMグッ

↑このページのトップヘ