屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

寝取り

母と私は、ある凄惨な体験により心に傷を負ってカウンセリングを受けています。幸い、母の症状は殆ど問題無いくらいまで回復出来たようですが。私は普段、美容師を目指す、ごく普通の女の子として生活出来ていますが、異性と目を合わせたり、触れ合ったり、話し合ったりする

去年の夏の出来事です。私の名前は麻衣(仮名)、商社に勤め25歳のOLです。ハイツと呼ばれるアパートに半年前から1人で住んでいます。ある日の夕方、仕事が終わって自宅に帰る途中、工事を終わった人達が上半身裸で着替えをしていました。自宅はその工事現場から50メ

先日、お風呂の水の止まり具合が悪く近くの水道屋さんにすぐに来てもらいました。お風呂掃除をしようと思ったので白いTシャツとニットのピンクのショートパンツでした。水道屋さんは40代のいかつい感じで色黒です。外の元栓を止め作業に入りました。お風呂の留め具が摩耗し

運動不足で体型が気になり始め、スポーツジムに通うことにしました。初めはおばちゃん達とお喋りしながら楽しくトレーニング、って思ってたんですが、段々物足りなくなり、コーチからも「もう少しランク上げてみない?」と後押しの言葉もあって、上級者コースにチャレンジす

仕事を終えて、車に乗り、時計を見ると、0時を回っていました。なるべく早く帰るため、いつもは通らない薄暗い道から帰ることにしました。途中、道の真ん中に高校生くらいの4人組の男が立っていたので、車のスピードを落としました。すると、急に車に近づいてきてドアを開

私がスポーツクラブで、インストラクターをやっていた時の体験談です。私は32歳で既婚でしたが、学生時代からずっとエアロビをやっていたこともあり、結婚後でも、空いた時間を利用して教えていました。ある大雨の日でした。生徒は3人だけで、レッスン終了後はおばさん2

「あっーー、もうやめてぇー、お尻がこわれちゃう、うーん、うーん、いやん、いやん、はん、もう、死んじゃう」リビングで抱え上げられて、おまんことお尻を同時に犯された後、もう一人に立ったまま壁に手をついて後ろから、お尻とおまんこを凶器でえぐられます。ゆっくり一

信頼している相手に騙されたのは辛かったです。ちょうどタケノコが旬な時期で、テレビでも収穫の番組が流れていました。そんな時にタケノコ採りに誘われました。相手は顔見知りでそれなりに仲良くしてた子なので、話に乗ってしまいました。まだ若葉マークのついた軽トラック

47歳の主婦をしています。うちは小さなラーメン屋をやっていて、アルバイトで若い男の子を一人と女の子を一人雇っています。この男の子がちょっと柄が悪く、仕事はまぁ一応やってくれてはいるんですけど、以前からどうも私を見る目付きが悪いような気がしてならなくて、気

初めて投稿します。26歳の主婦です。去年の暮れ、4歳の子供(男の子)をつれクレヨンしんちゃんの映画を観に行きました。子供映画はうるさいので行くのは気が進まなかったんだけど、あまりにせがまれるので、たまにはいいっかって思ってはじめて子供とふたりで行きました

私はデパートに出入りしている問屋の営業マンをしている。あるデパートで売場の担当者を探していると、ふと見慣れた女性が目に入った。それは同じ町内の人妻で、娘の同級生の母親だった。一流企業のエリート社員の母親という顔をしていて、ツンとすましているが、なかなかの

私は2児の子供を持つ、36歳の主婦です。二人ともまだ手の掛かる年齢ですが、主人の両親に預けたりしながら働いています。私の勤める会社は小さなイベント会社で、社員もそう多くはありません。その中の一人に入社2年目のS君がいます。S君は非常に好青年で若く、仕事も

その夜は私の寝室のお布団で全裸になって激しく求め合いました。昼間は射精しなかった村上君も、前夜以来、私の中に熱い精液を放ちましたが、女の私にとっても射精の伴うセックスは満たされ方が違う気がしました。1度目が終わってからしばらくして村上君が私の体を触り始め

私は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された『あのときの声』のことを思い出して、言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われた通り綺麗にお化粧をして、よそ行きの服装に着替えて出かけました。9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端

私の名前は奈津子、42才の主婦です。きっかけや理由はどうであれ、娘の恋人を奪ってしまった酷い母親です。10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。娘の名前は真奈美。都内にある女子大の2年生で、村上君

僕は大学4年で、恥ずかしながらこの間まで童貞でした。なんとか在学中に脱童貞したいと思い、大学のいろんな女子大生を誘いましたがダメで…。ルックスは悪い方じゃないと思うんだが…。 流石に童貞じゃ誰も相手にしてくれないので、いつも何かとお世話してもらってる(家事

私は、27歳にして離婚しました。 子供は、8歳と6歳の男の子と女の子で2人共私が親権を取って実家に戻り会社に通勤しています。 離婚しても、元旦那より営業所の責任者の為給料は良くて実家暮らしになったので以前より経済的に 良くなり、子供達も両親が見てくれるの

北海道に住む32歳の主婦です。 アロマセラピストの仕事をしています。 母子家庭ですが、亡くなった旦那の一軒家に住んでいます。 三カ月ほど前から誰かに狙われているようで、落書きされた私と娘の写真がポストに入ってたことがあります。 他にも干してある下着のクロッチに

先日、家族で花火大会を見に行った時の出来事。 妻(早紀32歳)と結婚して8年を迎え、1人息子(7歳)に恵まれた。 夏・と言えば花火大会が思い出される様に、我が家も隣町で行われている花火大会には 必ずと言っていい程、見に行っていました。 いつもは車で会場近くまで行く

ボクは大学卒業後、地元の塾で講師をしています。 小さな塾なのですが、合格率がよく、特にある大学への合格率がすごく高いんです。 それで裏口入学のコネやルートがあると勘違いしてる保護者が結構いるんです。 ボクらのような下っ端はよくわかりませんが、いまどき、そ

高校生のとき、訳あって一人暮らしに近い状態だった。普段は2人1組のおばさんが来てたんだけど、その日は20代半ばくらいの清楚でスレンダーなお姉さんが1人で下宿先を訪ねて来た。お決まりの「幸せになる為にはうんたら」って話し始めたから無視しようとしたが、「悩み

隣に3年前に当時22歳の若い夫婦が引越ししてきた。そのうち赤ちゃんの泣き声がよく聞こえていた。少し茶髪でギャルぽい若妻が子供を保育園に預けてから家事が終わると、昼の静かな部屋に喘ぎ声が聞こえるようになった。静かに俺は覗き見に行くとパンティーが片足に引っかかり

俺はハウスクリーニングの仕事を経営している。不景気のなか、大変だが、おいしいこともたくさんある。先週からパートに来た人妻がいた。やたらと胸が大きい35歳のおいしそうな女だった。彼女をマンションで犯してやったのだ。 うちの制服は首もとの大きく開いたTシャツで、

予想通り、綺麗な色の乳首でした。胸は大きくはありませんでしたが、形も良くとても、柔らかい感触でした。 奥「な・・・何・・どうするつもり?」 奥さんは震えていましたが、すかさず俺が「少しでも抵抗したら、告げ口するよ。全部、メッセの会話バックアップしたし」と言

俺35、上司40代前半、奥さん上司より少し年下です。 1年くらい前から、上司の夫婦関係がうまくいってなくて(それは上司の浮気発覚が原因)子供が寝たりしたあとや、休日に間が持たないから遊びに来てくれと言われ、ちょくちょく通うようになりました。 奥さんはほっそ

先日会社の部下がマイホームを買ったというので、お祝いに駆けつけました。この部下は最近結婚したばかりで、一度奥さんにも会ってみたかったので、ちょうど良い機会だと思い、忙しいところ時間を作りました。地図通りに駅から5分くらいのマンションの一室でしたが、とても綺

私は28歳の主婦です。結婚後もプールのアルバイトをしており、この間、新人の男の子に不覚にも抱かれてしまいました。旦那は疲れて帰ってくるのでエッチはあまりしません。子供が欲しかったのですが、それもかなわず2年近く経ってしまいました。そんなある日、新人の男の子と

私は35歳の主婦です。祖母の介護をしながら専業主婦していて、買い物やその他の用事をするために週に2回ヘルパーを頼んでいます。今までは女性の方に交代で来ていただいていたのですが、先月からたまに男性の若いヘルパーさんがこられるようになりました。昨日は特に買い物や

私は2児の子供を持つ、36歳の主婦です。二人ともまだ手の掛かる年齢ですが、主人の両親に預けたりしながら働いています。私の勤める会社は小さなイベント会社で、社員もそう多くはありません。その中の一人に入社2年目のS君がいます。S君は非常に好青年で若く、仕事も出来る

見合い結婚だった主人は、クンニやフェラチオといったオーラルセックスを好まなかった。いたって淡白なセックスは、気持ちよさなんてなくて、ただの子作りのための運動という感じだった。だから、主人の弟の豊に強姦されるまで、私は女としての悦びを知らなかった。線の細い

↑このページのトップヘ