屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

人妻

もう10年くらい前の話ですが・・・母が犯されるのを見てしまいました。 自分は風邪で学校を休み、部屋で寝ていました。 昼すぎだったと思いますが、家のチャイムが鳴り母が応対しました。 何かのセールスっだたようでした。 母は「結構です」と断っていたのですが、ガ

私は43歳の主婦です。主人とは3年前に離婚しました。 我が家には21歳の息子がいます。 出来が悪くて高校も中退し、仕事は一応しているけど、柄の悪い友達とばかりお付き合いするようになり、ほとほと困ってるんです。 我が家は六畳と四畳半しか部屋がなく、息子の四

47歳の主婦をしています。 うちは小さなラーメン屋をやっていて、アルバイトで若い男の子を一人と女の子を一人雇っています。 この男の子がちょっと柄が悪く、仕事はまぁ一応やってくれてはいるんですけど、以前からどうも私を見る目付きが悪いような気がしてならなくて

隣に越されて来たご夫婦は、それまでアメリカで暮らしていたということで、奥さんが息子に英語を教えて下さるというので、私もお言葉に甘えて、そうさせて頂きました。 初めは息子も喜んでいましたが、最近行きたがらないのでおかしいなとは、思っていました。 奥さんにそ

この前、日曜日に友達と温水プールに遊びに行った時のことです。 その日は、いつもより混んでいて、泳ぐのも、しょっちゅう人にぶつかってしまうような状態でした。 泳ぎ始めてから1時間くらい経って、友達が「ちょっとサウナに行ってくるね」とプールを上がっていきまし

中学の三年間、僕はイジメにあっていました。 小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、そういうところに原因があったんだと思います。 イジメと言っても、僕の場合は主に『ハブ』『シカト』という形で、『カツアゲ』や『リンチ』など、幸い暴力的なものはありませんで

レイプするなら人妻に限る。これはよく言うことだ。若いバージンより入れやすいし、そして諦めもいい。何より、人間守るべきものが増えると、訴えることさえできないものだ。夫に知られたら?世間に知られたら?子どもはどうしよう?主婦たちはがんじがらめだ。結果、泣き寝

私達家族に悲劇が訪れたのは、私が小学生の時。学校から帰宅すると、家の中に見たこともない3人の男性がいました。(誰?お客さん?)なぜか不安な気持ちになってお母さんを探すと、居間のソファーの上にいたのですが、上半身裸の状態で震えるように座っていたんです。よく

私は事務機器の販売会社に勤めていますが、まさかこんな大事件が身の回りで起きるなどとは考えたこともありませんでした。なんと経理課の城戸さん(仮名)が、レイプ被害にあったのです。城戸さんは20代後半。竹内結子さん似で性格も明るく、仕事もできる魅力的な女性です

去年の夏、デトロイトにメジャーリーグの試合を見に行きました。英語で何を言っているのかよくわかりませんでしたが、隣で観ていた黒人のジョニーと仲良くなりました。試合は地元チームが勝ちました。私はジョニーに誘われ、裏路地のバーに連れて行ってもらいました。バーは

私は33歳の人妻です。たまに松下奈緒さんに似てると言われることがあります。私は1年前、地元の旅館で客室係のバイトをしてました。仲居さんのサポートをするのが私の仕事でした。家族連れのお客さんは、子供達がどんなに騒いでも、それほどマナーが悪くないんでいいんで

去年の初夏のことです。その年の春に結婚して住み始めたマンションの隣の部屋に住む男性に乱暴されました。うちの主人は仕事が夜勤でして、4日夜間勤務をして2日休みという感じです。その日も夕方に出勤する主人を駐車場まで見送って、そのついでに隣の部屋に回覧板を届け

私は41歳の主婦です。主人とは3年前に離婚しました。我が家には21歳の息子がいます。出来が悪くて高校も中退し、仕事は一応しているけど、柄の悪い友達とばかりお付き合いするようになりほとほと困ってるんです。我が家は六畳と四畳半しか部屋がなく、息子の四畳半の部屋に入

実家へ帰った時、姪っ子の旦那と冗談言ってふざけていたら畳の上に仰向けに押し倒された。まさか?… と思っていたら、そのまま乗っ掛かってきて、「おばさん」って、言いながらシャツの上から乳房を揉み、パンティーを横に寄せただけで入り込んできた。ビックリしたけど私も

小生が生まれ育ち、現在も家族で暮らす場所は所謂『山奥の田舎』です。農業を主体とした人口も減り続ける過疎地帯。今から15年ぐらい前、当時、専門学校に小生は通っていました。田舎なので交通の便が悪いので、車で通学していて、週末に付き合ってる彼女に逢うのが楽しみの

当時、高校二年だった私は、親友だと信じていた同級生に裏切られ、巧妙な策謀に操られるようにして母を無理やり犯してしまいました。それは七年前の出来事でした。ある日を境に、傍目から見ても異様なほど父と母の仲が悪くなりました。それから一ヵ月後、両親は離婚しました

私の名は知里、25歳。OLです。昨年結婚してちょうど1年目です。でも私は今、同じ会社のMともセックスをする間柄です。しかも結婚前からですので、もうかれこれ3年になります。正直、Mのことは、最初は少し苦手でした。短大を卒業して今の会社に入社した5年前からず

家族4人(主人、私、息子、娘)で、千葉の貸し別荘に行きました。そこは別荘一棟一棟が離れていて子供たちのはしゃぐ声が周りの迷惑にならないので良い感じの別荘です。私たちは初日、別荘近くの水族館で遊んでから、麓のスーパーで1週間分の食料の買い物をして駐車場に向

私が19歳の時の出来事。39歳の母と2人暮らしでした。母は昼働き、夜は週3日、スナックで働いていました。父は病気持ちで私が高校のときに他界していました。まだ若く美人だった母でしたが、男はいなかった。父のことが好きで忘れられなかったようです。性欲女子ニュー

今はどこにでもいる普通のOLです。でも昔、私は父のせいで、母と一緒に犯されました。あれは高校生の頃ですから、今から数年前のことです。学校の帰り道、家の近くまで来たときに、父が車の中の人と話してるのを見かけた私は、父に駆け寄りました。それが悪夢の始まりとは

これは、私が25歳の頃のことです。私は仕事が終わり、家に帰ろうとしていました。いつも近所の公園の横を通って帰るのですが、そこに中学生ぐらいの子供たちが5~6人ぐらいで遊んでいました。すると、そのうちの1人が私の方に近づいて来て、「お姉ちゃん、ちょっと来て

夫の異動で、東北の片田舎に移って今年で3年。最初のうちは自然が満喫できると浮かれていましたが、あれは都会からたまに息抜きに出かけるからいいものなんですね。ぐるっと360度、365日、自然に囲まれていると毎日が退屈で、刺激のない生活に飽きてしまうのに時間は

平日の図書館って、結構空いてる。大体、本を読もうと思ったのも久しぶりだし。大きな書架の間をぶらぶら歩いてみる。ふと数年前にベストセラーになった小説の背表紙が目に留まった。(映画化もされたっけ。かなりエロいって話題になったような・・・)パラパラ捲ってみると

25歳のOLです。今から8年前の高校2年の夏、まだ処女だった時のことでした。両親が離婚した直後の夏休み、母に連れられて露天風呂のある山間の温泉旅館を訪れたときの出来事です。チェックインした後、2人で近くの山を散策し、全身から吹き出した汗を流すために温泉に

オレは田舎のとある会社の専務をしている。親父が社長だから、まあ世間で言うところの二代目社長。昔は、この仕事が嫌で東京に出たりもしたけど、今は次期社長としての権力を利用して、美味しい思いをしている。それは・・・、女子社員へのセクハラと強制セックス。初めてや

僕は学力もスポーツもパッとしない、志望校にも入れず浪人しているどうしょうもない男だが、高2の妹(結衣)は学校でも全学年からコクられるほど人気がありアイドル並に可愛かった。そう、可愛かったんだ・・・夏休みまでは・・・。2学期になると今まで優等生だった妹がス

2年前、俺は目の前にいた女に欲情してしまった。20代後半ぐらいか。毎日、同じ駅から同じ車両に乗り込む。時間帯も同じ。きっと同じ街に住んでいるんだろう。降りる駅は、俺が降りる駅の1つ手前。毎日、その女を見るたびに元気が出てくる。クソつまらない、苦痛でさえあ

忘れもしない大学1年の冬休み。俺は親友の健太郎と正志と、俺の彼女の美穂の4人でスキーに行った。俺たち4人は高校からの仲良しだった。美穂は、身長は152センチで小柄だけどショートカットの似合う可愛い子で、俺たちのアイドル的存在だった。高2のとき、意を決して

私はある住宅街に住む40代の家庭持ちの普通の会社員です。約1年程前、隣に30代前後の夫婦が引っ越して来ました。小学校に通う娘さんが1人いて、3人家族のごく普通の家庭です。ご主人と奥さんとは、いつも挨拶を交わしていて、私の妻はその奥さんと時々一緒に買い物に

数年前の出来事です。当時、私は関西で中小企業の総務部長をやってました。夏頃、事務の女の子が結婚で急に辞めるようになり、その子の補充をすることになりました。求人をしたところ何人かの応募があり面接しました。その中に新婚3ヶ月の新妻がおりました。スタイル抜群で

↑このページのトップヘ