屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

乳首

高校からしてたチアリーダを大学に入ってからサークルに入りました。そこでは、毎年夏の合宿があるんです。3泊です。まず最初の2日間は、合同で連携の練習をします。3日目は、4年生の人が最後になるので1〜3年生で演技を披露します。(当時でメンバーは、約20人弱だった

いままで誰にも言えなかった事。バイトと大学が終わって、帰りの電車。多分夜十時過ぎ。千代田線下りの先頭車両の、一番前(運転席のすぐ後ろ)にいた。途中の駅で他の人が乗降して、たまたま進行方向むかって右の角に居るようになった。こうなると他の人が降りる時も避けな

今は社会人ですが、高の頃電車で痴漢にあいました。私は女子校でセーラー服で当時は男に免疫が全くありませんでした。まだ女性専用がなく通勤ラッシュのため人というよりオジサン達ばかりな車内でした。丁度今くらいの季節でした。プレーヤーで音楽を聴いてると、スカートご

私は20代のOLです。私の会社に出入りしている営業マンで、見た目はとても爽やかな人がいました。私は結構、好意を持っていたんです。ある日、私は、その人に声を掛けられて飲みに誘われました。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性欲女子 その人

先週の土曜日、学校が休みにも関わらずクラブの用事で高校まで行きました。昼には用事も終わり、いつものように電車で帰るつもりでしたが、友達が家族に迎えに来てもらっているのを見て、一人で帰るのも淋しく思い、私も家に電話をしてみました。性欲ももんが まとめにゅー

会社もクビになり、漫喫生活する金もなくなり途方に暮れていたある日のことでした。人気のない道をボーっと歩いていたら曲がり角にある家の窓の鍵が閉まってないことに気が付きました。僕は2日も水しか飲んでなかったので空腹で死にそうでした。何か食べる物だけ…そう思って

俺が中3の頃、同じ地区に住む少しヤバそうなおやじが俺の母親に目をつけていた。そいつの素性は未だにはっきりとは知らないのだが、当時は確かちょっとボロい一軒家に一人暮らしをしていて、画家だとか小説家だとかという噂だった。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性

結構最近の話です。私はその日、夜遅くまでパソコンを弄って友達と話していました。お父さんが寝室のドアを開ける音を聞き、もうそんな時間かとお風呂へ向かいました。私が部屋から出ると隣から賑やか、かつ騒がしい声が聞こえます。兄の部活の人達が来ているのです。性欲も

去年の夏の事です。去年の春からウチに入社して俺がいる部署に配属されたKという子がいます。高卒ですが身長150cmで、部活焼けした健康美っていう感じで、オジサマ連中には娘のように可愛いがられています。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性

3年くらい前の事です。その当時、彼と別れたばかりだった私は、ナンパで和成と知り合いました。早く元彼の事を忘れたくて、和成と遊ぶようになりました。ある日、和成から、「うちに遊びに来ない?」と言われて、初めて和成の家に遊びに行ったんです。それが間違いでした。

大学への通学にいつも電車を使っています。都内の大学なので当然ながら満員電車。そしてある日、私はいつものように電車に乗ると、運悪く後ろに背の高い男の人が立ちました。私は普通に音楽を聞いていたら、その男の人が私のお尻辺りを触って来ました。性欲ももんが まとめ

今日は最悪の寝覚めの日になってしまいました・・・。昨日の深夜に自宅に帰って寝ようとすると、元彼からメールがありました。『今彼氏と一緒?』みたいな感じで聞いてきたので、『彼氏は徹夜で仕事中!あんたと違って忙しいの!』と返しました。元彼とは3年位前に付き合っ

私が中学一年の秋頃、某県の寂れた民宿に家族三人で泊まった時のことです。その当時、母は30代中盤、胸はFカップはあったでしょう。その民宿は格安の割には露天風呂等もありましたが、5部屋ぐらいの小規模な民宿を50代くらいのおじさんが一人で切り盛りしていました。

夜の9時ごろでした。私は部屋で学校の宿題をしていました。人の気配がしたので振り向くとドアの前に人が立っていました。母は離婚して私と二人暮しでしたが、母は時々男を連れ込んでいました。その男がそこに居たのです。前々から私のことをいやらしい目で見ていました。性

うちの高校は、出来の悪い田舎の農業高校だった。こんな学校だから女子の人数は少舐めで、1クラス男子が約40人のところ、7人ぐらいしかいなかった。しかもあまり可愛い子はいなく、よその学校だと並程度の子がかなりモテていた。俺のクラスにSという子がいたが、1年の

高1のとき、俺はとにかくエロかった。一日のうち4時間は妄想していたし、女の体が気になってしょうがなかった。もうとにかく触りたくて仕方なかった。そんな俺にチャンスが来たのは冬休みの前日、女友達で一番仲の良いサツキに「◯◯の家一人暮らしだろ?お願い5日間だけ

はじめまして、私は二十歳の大学生です。高校1年生の時、当時大学生の家庭教師がいました。いつもさりげなくボディタッチしてきたり、私は胸が小さいのですが(ちょうどBカップぐらい)服の上から胸を見て「クミちゃんのおっぱいって可愛いよね」とかセクハラ発言をしょっ

去年の秋に私達夫婦は結婚しました。私が就職し、仕事上、英語も多少習った方がいいかと思い、英会話教室に通った時に妻と知り合ったんです。妻は、私より2つ年上で26歳でした。妻の方は海外旅行で英語を話したいと通い始め、もう2年目だったので結構ペラペラでした。性

もう3年前の話です。私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。その人は少し太っていて、銀縁のメガネを掛けたニキビ痕がとても目立つ人でした。年齢は30代位。いつも丈の短いジーパンに、Tシ

女子校に通ってたあたし、通学にJR利用してました。クラスでは「電車でよく痴漢に会う」と話があり、あたしにも、「気をつけてな」とよく言われてました。でもその時の自分は、大丈夫やろと軽く考えてました。ところがある日、いつものように朝の通勤・通学ラッシュの電車

私が高校2年だった時の夏に、先生とエッチしました。ある日、友達4人と遊んでいた時の事です。その内2人がカップルで、私と彼はフリー。突然、カップル2人が「ホテルへ行く」と言いだし、私達は2人になってしまいました。彼が家に来るかと誘ってきたので、何も考えずに

もう本当に最悪。何で私がこんな目に遭わなくちゃいけないの・・・。今考えただけでも背筋が寒くなる。高校生になって早4ヶ月が経った夏休みのある日・・・。当時私はバトミントン部の合宿である旅館に泊まった。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性

私は地方に住む21歳のOLです。友達と夏に海に行く約束をしたので、水着を買いに、デパートへ行きました。デパートとは言っても、地方なので洗練されてはなく、スーパーのような雰囲気の所でした。時期がまだ早かったせいか、水着売り場はまだ閑散としていました。とりあ

3年前、私はレイプに遭いました。バイトが終わって自転車で帰っていると、前に白いワゴン車が停まっているのが見えました。そこは痴漢がよく出る暗い道で、普段から用心はしていたのですが、まぁ自転車だし大丈夫だろうと思っていました。その考えが甘かったのです。性欲も

高2の頃、家に入った空き巣にレイプされました。今では主婦ですが、旦那はもちろん両親にも言ってません。高2の1学期の中間テスト中で、勉強していた時でした。2階の部屋に誰かが上がってくる物音がしました。時計を見たらまだ1時過ぎ、両親は共働きだったのですが、母

私40歳、妻36歳で結婚して9年の夫婦です。結婚する前、私は妻が犯されるところを見た事があります。それは妻がまだ20歳の頃で、私には彼女が居て、妻は友人仲間の1人でした。その日、私と妻と先輩2人で友人カップルのアパートで飲んでいて、帰る頃には妻は飲み過ぎ

あの日、バイトから帰り疲れていた私は「後でお風呂に入るから起こしてね」と母にいってベッドに横になりました。そして、どれくらいの時間が過ぎたのか、それまで熟睡していた私は、体に違和感を感じて目を覚ましました。パンツの上から、誰かがそこを触っているんです。性

仕事を終えて、車に乗り、時計を見ると、0時を回っていました。なるべく早く帰るため、いつもは通らない薄暗い道から帰ることにしました。途中、道の真ん中に高校生くらいの4人組の男が立っていたので、車のスピードを落としました。すると、急に車に近づいてきてドアを開

今日はうちの高校のコートで他校とテニス部の試合があり、勝利を収めてごきげん。そしてもうひとつ、ずーっと憧れていた先輩が今日終わったら一緒に帰ろうかって大大ごきげんでした。昨日思い切ってメールを送ると、「俺も君が前から気になっていて・・・」だって(^Q^*

昨日の夜中、友達と2人でカラオケしてたらイケメン男が2人入ってきて「ドライブ行かない?」ってナンパされた。ちょうど帰る時間が近かったので送ってもらうことにした。その帰り道に「ちよっと飲まない?」って居酒屋に寄った。居酒屋は個室になっててお洒落な所だった。.

↑このページのトップヘ