屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

不倫

仕事を終えて、車に乗り、時計を見ると、0時を回っていました。なるべく早く帰るため、いつもは通らない薄暗い道から帰ることにしました。途中、道の真ん中に高校生くらいの4人組の男が立っていたので、車のスピードを落としました。すると、急に車に近づいてきてドアを開

その夜は私の寝室のお布団で全裸になって激しく求め合いました。昼間は射精しなかった村上君も、前夜以来、私の中に熱い精液を放ちましたが、女の私にとっても射精の伴うセックスは満たされ方が違う気がしました。1度目が終わってからしばらくして村上君が私の体を触り始め

私は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された『あのときの声』のことを思い出して、言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われた通り綺麗にお化粧をして、よそ行きの服装に着替えて出かけました。9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端

俺はハウスクリーニングの仕事を経営している。不景気のなか、大変だが、おいしいこともたくさんある。先週からパートに来た人妻がいた。やたらと胸が大きい35歳のおいしそうな女だった。彼女をマンションで犯してやったのだ。 うちの制服は首もとの大きく開いたTシャツで、

私は2児の子供を持つ、36歳の主婦です。二人ともまだ手の掛かる年齢ですが、主人の両親に預けたりしながら働いています。私の勤める会社は小さなイベント会社で、社員もそう多くはありません。その中の一人に入社2年目のS君がいます。S君は非常に好青年で若く、仕事も出来る

はじめまして、27才の主婦です。私は結婚して5年になります。今どき恥ずかしいのですが、主人とはお見合い結婚でした。その当時、私は処女だったので主人が初めての男性でした。そして、あの日までは主人だけを一筋に愛していました。でも今では・・・、私は彼に抱かれて淫ら

私は28歳の人妻です。結婚2年目です。子供が出来るまでは仕事を続けるということで、今でも毎朝の通勤電車に乗っています。まだ寒さの残る朝のことでした(日付は憶えていますがここでは伏せます)。私服にコートを着て家を出ました。大体いつも車両と車両の連結部分に乗

会社のお局様とやっちゃっいました。彼女は会社設立時の新入社員で今年43歳。彼女の社歴=会社の歴史です。僕が工場の現場からこの職場に移って数か月、飲み会を何回かした時に成り行きでそういう関係になりました。先月始めに飲んだ時、二次会で解散したら「ちょっと待って

「合コンとか、ダメとは言わないけど飲み過ぎたらダメよ。」「・・・・・」「酔って男の人について行ったら危険なのよ!」「・・・・・」「男にチヤホヤされても・・・」今年成人した大学生の長女に電話で妻が注意している。俺は苦笑してしまった。 俺は43才のサラリーマン、

私はたぶん二人にそれぞれ秘密を持ってる事で、さらに興奮していたんだと思います。そして次第に二人は「大人のおもちゃ」を買いはじめて、それで私を遊ぶようになりました。私は中の方が感じるので、バイブをサトシ君が買ってきました。その話をマサ君にすると、サトシ君よ

私は33才の専業主婦です。これは私が道を踏み外してしまったお話です。私の夫は、某自動車メーカーに勤めていて、部長クラスの42才です。円高で会社的には厳しいですが、夫の立場的にはリストラされる事は無いと思ってはいます。たぶん収入も一般的な方から見たら富裕層

こないだ、暇潰しにとあるショッピングセンターの本屋に行ったときの話。適当に観ているうちに、文庫本のとこに非常にお尻まん丸で色っぽいおばさんを発見!ベージュのダウンに白のチノパン、歳は40くらいの人妻かな、と思った。幸い、平日の早い時間の為か、まわりに人は

↑このページのトップヘ