屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

レイプ

私の職場は残業が多く、最近はほぼ毎日のように終電ギリギリまで仕事をしていました。その週は特にハードワークで、週末だったこともあって私の疲れはピークに達していました。何とか仕事を終えて終電に間に合ったものの寝過ごしてしまい、自宅の最寄り駅とは程遠い終点まで

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

中学3年の時の話。生意気な女だった優希は、ヤンキー女の香に目をつけられ、体育倉庫で制裁を受けていた。連れの雄二が香に、「優希の裸を見せてやるから何人か連れてこい」と言われ、その時いたダチ5人を集めて速攻で体育倉庫に向かった。マジで同級生の優希の裸が見れる

英語教師の佳世先生は、他の生徒達にとっては単なるうるさいオバサンだったかも知れないが、俺にとって佳世先生の授業は心地よい妄想の時間だった。小柄だが、胸の膨らみやプリプリしたお尻は俺の欲望を掻き立てた。俺は先生が教科書を読みながら教室内を歩く時、いつもお尻

私のイタズラを超えた体験談を1つ。私はある資材会社の社員で、出張所の責任者として福山という所に1人で出向してきた。根付けば社員を増員する予定であった。事務所もたちまち雑居ビルの1室に構え、経費削減に努めていた。しかし私1人で仕事を回すのはさすがに不可能な

数年前の出来事です。当時、私は関西で中小企業の総務部長をやってました。夏頃、事務の女の子が結婚で急に辞めるようになり、その子の補充をすることになりました。求人をしたところ何人かの応募があり面接しました。その中に新婚3ヶ月の新妻がおりました。スタイル抜群で

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

私が小学4年生頃の話です。当時、母は35歳。父は単身赴任中でした。学校から帰ってきた私が遊びに行こうと家を出ると、ちょうど近所に住んでいる伯父がやってきました。伯父は父親の兄にあたる人ですが、無職でギャンブル狂いというどうしようもない人で、近所の家から借

夜の22時を過ぎてたくらいで、運良く人目にはつかなかったみたい。その日は暑かったから女の子は薄着で、白っぽいシャツに膝下くらいのスカートで大きめの鞄を抱えていた。顔は美人系。髪が短くてスマートな感じ。俺は路地裏に引きずり込むと、タバコの自販機の横の壁に彼

私は、中3の一人息子を持つ43歳の看護士です。主人は月に半分近く出張で留守がちです。今年の夏休み、「明日、友達が遊びに来るから」と息子の拓也が言ったので、「夜勤明けで、ちょうどいるからいいよ」と言いました。午前中は寝て、午後から買い物をすぐ済ませ、飲み物

↑このページのトップヘ