屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

クンニ

32歳の小学校教員です。これは、私が隠し続けていた話で、私が思う限り当事者以外は誰も知らない真実です。もう5年も前の話になります。とっくに時効になっているし、今更騒ぎ立てても何も変わらないのですが、自分が婚約したのを機に、結婚する前に何とか気持ちの整理を

いわゆる新歓の時期でした。一流大学の人達と飲んでいた私は、馴れないお酒のせいで潰れてしまいました。男の部屋、私はデブに短パンを脱がされそうになりました。部活やらなくなってもマシンで鍛えていた私は、力には自信あるつもりでした。しかし甘かったです。破られまし

俺が高校2年のとき。授業中は寝てる、塾は行かない・・・。あまりにも勉強をやる気のない俺に、親が家庭教師をつけた。なんか普通は男の生徒に女の先生はつけないらしいけど、その先生は女子大生で、個人でやってたみたい。俺の贔屓目かもしれんけど、とにかく可愛くて、初

あれは2年前、夫が新婚早々に、海外工場視察のため1週間出張に出掛けた夜の事です。入浴を終え、寝室に戻ってタオル1枚で汗がひくのを待っていました。その時、玄関の方で物音がしました。私は(夫が帰ってくるはずないのに・・・)と思い玄関を覗きました。そこには夫で

私が高校1年生の夏休みの出来事です。当時住んでいたところはどちらかというと田舎で、街灯も少なく、夜になると暗い場所がたくさんありました。そんな中、少し歩いたところにコンビニがあり、その周りだけは明るく、私はたまに夜中にそこへ行く事がありました。その日は暑

もう3年前の話です。私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。その人は少し太っていて、銀縁のメガネを掛けたニキビ痕がとても目立つ人でした。年齢は30代位。いつも丈の短いジーパンに、Tシ

私は大学生の頃、家庭教師のアルバイトをしていました。その時受け持ったのは中学3年生の男子(M君)でした。M君の家はかなり裕福な家庭のようで、大きな母屋の隣に新しい2階建ての離れがあり、その1階におばあちゃんの部屋があり、2階にM君の部屋がありました。M君

私は息子の友達に犯されました。まだ15歳の子どもに・・・。あの日は雨が激しく降ってました。買い物に行く時は晴れてたので傘も持たず出掛けました。スーパーを出て家路に就くと、突然大粒の雨が降り出しました。私の頭の中は洗濯物でいっぱいでした。街中を走り、自宅に

私はレイプされ処女を失なった高校2年生です・・・。その日は、文化祭の準備で少し帰りが遅くなったので、学校の近くの人気のない道を歩いていると、ワゴンが後ろから来て、中の男たちに、道を尋ねられました。ワゴン車の中には3人の男がいました。怪しいところもなく、普

あれは私が21歳の夏。梅雨が明けたばかりの、うだるように蒸し暑い夜だった。バイト先からの帰り道。その日はちょっと残業になって12時を回っていた。とはいえ家までは徒歩で15分ほどだし、ずっと大通りでコンビニも並んでいるので、それまでも最終バスを逃した日は歩

高校の時に私はイジメをしていました。リーダー的存在で、私は女子をイジメず、ウザい男子だけをイジメていました。でも高校の時は仕返しがあるでもなく、平和に暮らしていました。高校の卒業式の後、2次会が終わって私が家に1人で帰っている時、何者かに後頭部を何かで殴

22歳ぐらいの時に付き合ってた人がいたんですが、今思えば相手は私の事をセフレとしてしか考えてなかったんだなぁ・・・と思います。私は彼の苗字しか知らないし、会うのも毎週土曜日だけ、私のアパートでエッチするだけの付き合いでした。彼はとにかく、“巨乳なら何でも

当時付き合っていた彼女には、高校を卒業したばかりの優里と、中学三年になる真理という妹が二人いた。知り合ってからもう何年も経ち、優里が中学生だった頃から皆でよく遊んだことを覚えている。二人のことは「自分の妹みたいで可愛い」などと表面上は言っていたが、そんな

僕が高校1年生、母が43歳の時の話だ。僕の母はとても真面目で勤勉な人で、父親の給料ではとても生活できない家庭を助けるためにパートに出て働いていた。官能小説ランキング当時、性に関する関心がどんどん高まっていた僕は、“そんな母が女になる瞬間を見たい、そしてそ

私は26歳のOLです。関連会社の整理で、半年間、子会社に出向していました。その時の不倫していた体験談です。会社が統合されたら戻る条件で、子会社に出向しました。その子会社はいずれ統合されて無くなる、本当に小さな会社でした。社長とは名ばかりで、9名の社員がい

今では主婦ですが、旦那はもちろん両親にも言ってません。高2の1学期の中間テスト中で、勉強していた時でした。2階の部屋に誰かが上がってくる物音がしました。時計を見たらまだ1時過ぎ、両親は共働きだったのですが、母親が早く帰って来たのかと思い、部屋のドアを開け

あたしが22歳の時、友達のユミ(仮名・20歳)と映画を観に行った。後ろの方の真ん中あたりに座って始まるのを待ってたら、両隣に見た目30代の男性があたしとユミを挟むように座ってきた。他の席も空いてるのに何で隣に?と思って、ユミに「席移動する?」って聞いたけ

私には彼氏がいます。元彼もいました。私と彼氏でデートをしてた時に、元彼と偶然にも会ってしまい私はビックリしていました。(その元彼は違う県に住んでるので)彼氏が、「どうかした?」と聞いてきたのですが、私は恐怖で声が出ませんでした。元彼と付き合ってた時は、私

今日はうちの高校のコートで他校とテニス部の試合があり、勝利を収めてごきげん。そしてもうひとつ、ずーっと憧れていた先輩が今日終わったら一緒に帰ろうかって大大ごきげんでした。昨日思い切ってメールを送ると、「俺も君が前から気になっていて・・・」だって(^Q^*

今年の春、一浪してようやく女子大生になれました。楽しみにしていた大学生活・・・。それなのに、この間、私の前に再び現れたアイツの事で頭がいっぱいです。高一の時、弟の友達に犯されました。アイツはまだ中3でした。アイツは弟と部屋で遊んでいると思っていたのに、弟

中1の終わりの頃の話。その頃の私は今よりもさらに体が細く、ヒョロッとした感じ。肥満体型の叔父にしてみれば、体重が半分ぐらいの私を押さえつける事なんて、容易な事だったと思う。家の中で襲われた。私なりにかなり抵抗したし、ずっと泣き叫んで拒否したのに・・・。叔

寿退社が決まって、今日で会社も終わりという日に、上司に犯されました。退職の会を課の人たちがやってくれて、9時頃にお開きになったので、会社の引き出しの中に入れたままになっていた物を取りに帰りました。すると、課長がいつの間にか入り口に立っていて、「恭子ちゃん

仕事を終えて、車に乗り、時計を見ると、0時を回っていました。なるべく早く帰るため、いつもは通らない薄暗い道から帰ることにしました。途中、道の真ん中に高校生くらいの4人組の男が立っていたので、車のスピードを落としました。すると、急に車に近づいてきてドアを開

5年前の初夏でしたが、まだ大学生だった頃のことです。その日は親友の美樹と深夜までカラオケで盛り上がってました。すると2人組の社会人っぽい男性に、「プレミアムルームで一緒に飲まないか」と誘われました。こちらが狭い部屋で音が悪く不満だったのと、二人とも結構酔

私は22才のOLです。先月の29日、大勢の浮浪者に輪姦されました。友達と飲んで帰り、公園で酔いを覚ましていたら、3人の浮浪者に公園の奥にあるプレハブの倉庫に連れ込まれてしまったんです。無理矢理、キスされたり、胸を揉まれたり、でも、私は力の限り抵抗しました

・・・もう誰も信じられません。自分すらも・・・。数年来の友人と夜通し飲み明かす約束で出かけたものの、友人が急に具合が悪くて来れなくなり、私は家に帰りました。すぐには家に入らず、私は庭のベンチに腰かけました。庭作りが好きな私達家族。丹精込めて作りあげた庭で

職場の先輩の仁志田佳代さんは職場でも眞鍋か◯りに似て可愛いと評判で、他部署にも人気がありました。その佳代さんに悪戯しました。その日は定例の休日前の飲み会でした。普段あまり飲まない佳代さんですが、その日は仕事の貸しがあったので、酒を勧めました。・・・と言っ

俺は某独立系ソフト会社のSEです。現在32歳、独身。問題の後輩H雄は、専門学校卒で3年前に入社してきました。入社から同じプロジェクトに部下として配属され、去年の春それも一段落しました。ずっと一緒に仕事をしてきたこともあり、年齢は8歳も離れていますが、H雄

昔付き合ってた彼女なんだが、当時20歳。黒髪のストレートで、ルックスは超カワイイわけではないが、だれもが準高得点をつけるタイプ。でもよー、すっごい気弱で、人にまともに対応できないんだよ。やさしいのはいいんだけど。それでいて胸は大きくてウエストはきゅっとく

犯されてしまいました。しかも、彼はまだ◯学三年です。娘はまだ◯学一年で、不良っぽい子と付き合っているのを心配していましたが、まさか私が犯されるなんて。娘も既に犯されていました。しかも、ハメ撮りしていたのです。娘が部活のバレーの試合でいない日曜日、彼は家に

↑このページのトップヘ