屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

クリトリス

先週の土曜日、学校が休みにも関わらずクラブの用事で高校まで行きました。昼には用事も終わり、いつものように電車で帰るつもりでしたが、友達が家族に迎えに来てもらっているのを見て、一人で帰るのも淋しく思い、私も家に電話をしてみました。性欲ももんが まとめにゅー

大学院に通う学生です。私は、今年の夏、テニスのサマースクールに参加していたんですが、その最終日の打ち上げでの出来事でした。最後ということもあって、その日は少し頑張りすぎたせいもあり、喉がカラカラに乾いていた私は、周りの人に勧められるままにビールやワインを

「ふごごごー!」 悲鳴を上げたつもりが変な声しか出ません。「なんで?」と思いましたが、すぐに舌の感覚?で口にピンポン球に穴があいたようなモノを入れられているのが判りました。体が痛い理由も判りました。パイプベットに両手を繋がれ、両足は片方づつの膝をロープで縛

私はバカでした。レイプにあこがれていました。沢山の男性に無理やり一晩中やられたら、どんなに気持ちいいんだろう。レディースコミックを読みながら自慰してました。ノーマルな彼氏には言えず、悶々としてました。去年の夏に出会い系サイトで話した男性に自分の考えている

もう3年も前の話になります。その日、私(33歳)は夫(39歳)と息子(7歳)を送り出し、掃除をしていました。電話の音に気づき、出ると夫からでした。焦る様な声で、「事故を起こしてしまった・・・すまないが病院へ行ってくれ」と言われ、指定された病院へ向かったん

それは4年前、僕がまだ小学校3年生の時でした。姉(当時、小学校6年生)とリビングで夏休みの宿題をしていました。母(当時38歳)は普段は優しい人なのですが勉強や行儀には厳しい人でした。夏休みでもラジオ体操が終わって帰ると、「午前中は勉強しなさい」と宿題をや

これは、10年前に実際に起こった話です。俺は専門学校の夏休みを利用して短期のアルバイトを探していた。免許を取り立てという事もあり、車に乗れる仕事を中心的に探していた。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性欲女子 そんな時、見つけたのが製

去年、久しぶりに夫婦で温泉へ行った時の話。普段は子供たちがいるので一緒にお風呂にも入ることが無く、久しぶりで貸し切り露天風呂を借りて入りました。私45歳、妻41歳。久しぶりに明るいところで妻の裸を見ると、ついムラムラしてしまい、体を洗うより妻の裸に手がい

去年の夏の事です。去年の春からウチに入社して俺がいる部署に配属されたKという子がいます。高卒ですが身長150cmで、部活焼けした健康美っていう感じで、オジサマ連中には娘のように可愛いがられています。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性

大学時代の友人達の飲み会で、親友のBが俺の緊縛趣味を暴露しやがった。そもそも親友のBにだけ、縛り趣味をカミングアウトしていたのに。よりによって女友達も3人いる飲み会で、酔った勢いでお調子者のBが俺の緊縛趣味を告白しやがった。その瞬間、顔面蒼白。性欲ももん

自分で言うのもなんですけど、私って教育ママだったんです。息子をどうしても私立の有名中学に入学させたくて。今日も朝から塾で追い込み授業を受けて、息子は必死に毎日勉強しています。塾の他に家庭教師も雇って家族一丸で頑張ってたんですけど・・・。でも私は5年ほど前

大学への通学にいつも電車を使っています。都内の大学なので当然ながら満員電車。そしてある日、私はいつものように電車に乗ると、運悪く後ろに背の高い男の人が立ちました。私は普通に音楽を聞いていたら、その男の人が私のお尻辺りを触って来ました。性欲ももんが まとめ

私がレイプされたのは去年の夏です。その連中が最近になって私に「謝りたい」とか「また会いたい」とか、非常識な連絡が来るようになって誰にも言えず悩んでいます。昨年の春、希望していた栄養系の短大に入学したため実家を離れ、ある地方都市で一人暮らしを始めました。や

マッサージでものすごく大胆な痴女に遭遇したときの話です。ちなみにフィクションではありませんので。僕は22歳の会社員で、出張や研修で他県に宿泊することが多々ありました。大阪に研修に行った時のことです。研修を終えて懇親会も終わり、僕は足がパンパンで肩も凝って

今日は最悪の寝覚めの日になってしまいました・・・。昨日の深夜に自宅に帰って寝ようとすると、元彼からメールがありました。『今彼氏と一緒?』みたいな感じで聞いてきたので、『彼氏は徹夜で仕事中!あんたと違って忙しいの!』と返しました。元彼とは3年位前に付き合っ

うちの高校は、出来の悪い田舎の農業高校だった。こんな学校だから女子の人数は少舐めで、1クラス男子が約40人のところ、7人ぐらいしかいなかった。しかもあまり可愛い子はいなく、よその学校だと並程度の子がかなりモテていた。俺のクラスにSという子がいたが、1年の

僕が中学一年の時に、その当時隣に住んでいた30代後半の未亡人に童貞を奪われました。奪われたと言うより捧げたて感じかも知れない。体調が悪く学校を早退して家に帰った。その当時、母も仕事をしていて家は誰もいない。仕方なく自分の2階の部屋でベッドに入り、横になっ

高1のとき、俺はとにかくエロかった。一日のうち4時間は妄想していたし、女の体が気になってしょうがなかった。もうとにかく触りたくて仕方なかった。そんな俺にチャンスが来たのは冬休みの前日、女友達で一番仲の良いサツキに「◯◯の家一人暮らしだろ?お願い5日間だけ

はじめまして、私は二十歳の大学生です。高校1年生の時、当時大学生の家庭教師がいました。いつもさりげなくボディタッチしてきたり、私は胸が小さいのですが(ちょうどBカップぐらい)服の上から胸を見て「クミちゃんのおっぱいって可愛いよね」とかセクハラ発言をしょっ

去年の秋に私達夫婦は結婚しました。私が就職し、仕事上、英語も多少習った方がいいかと思い、英会話教室に通った時に妻と知り合ったんです。妻は、私より2つ年上で26歳でした。妻の方は海外旅行で英語を話したいと通い始め、もう2年目だったので結構ペラペラでした。性

もう3年前の話です。私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。その人は少し太っていて、銀縁のメガネを掛けたニキビ痕がとても目立つ人でした。年齢は30代位。いつも丈の短いジーパンに、Tシ

24歳のOLしています。レイプされたことがあります。それも彼の知り合いにです。最近やっと少しずつですが、忌まわしい出来事から心が解放されつつあります。3年くらい前に付き合っていた彼のことです。優しい人だったんですが、ひとつ悪い癖があってギャンブルが大好き

私の家は母子家庭だったのですが、私が中学1年生の時に母親が再婚しました。私はずっと母親には幸せになって貰いたいと思っていたので、本当に心から嬉しかったです。義父も優しくいい人で、私もすぐに「お父さん」と呼ぶ様になり、それを見て母が嬉しそうに笑ってくれ、私

女子校に通ってたあたし、通学にJR利用してました。クラスでは「電車でよく痴漢に会う」と話があり、あたしにも、「気をつけてな」とよく言われてました。でもその時の自分は、大丈夫やろと軽く考えてました。ところがある日、いつものように朝の通勤・通学ラッシュの電車

先日、突然同僚と出張に行く事になりました。同僚は今流行の草食系で、オタクな男子でした。その同僚とビジネスホテルに宿泊して、翌日帰る予定で仕事をしました。仕事が終わり、ホテルに戻って疲れきっていた所に、同僚が「マッサージしましょうか?」と言ってきました。性

私が高校2年だった時の夏に、先生とエッチしました。ある日、友達4人と遊んでいた時の事です。その内2人がカップルで、私と彼はフリー。突然、カップル2人が「ホテルへ行く」と言いだし、私達は2人になってしまいました。彼が家に来るかと誘ってきたので、何も考えずに

俺は中古車販売業で整備士として働いている。2年前まで居た店での話。この業界は案外暴力団関係者の経営する店が多い。俺が前に居た会社がそれだ。ヤクザが飲酒運転や過失でぶつけた当て逃げの車を、警察に足がつかないように修理したり、外国人から怪しい車を安く買い取っ

これは数年前のある夏の日の話です。俺は当時付き合っていた“文(あや)”と、近所にあるドライブインに併設されていたゲーセンで遊ぶのが日課になっていた。文は仕事が忙しく、お互いに会える時間はいつも深夜になっていた。いつもの様にゲーセンで待ち合わせして、その日

もう本当に最悪。何で私がこんな目に遭わなくちゃいけないの・・・。今考えただけでも背筋が寒くなる。高校生になって早4ヶ月が経った夏休みのある日・・・。当時私はバトミントン部の合宿である旅館に泊まった。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性

私は地方に住む21歳のOLです。友達と夏に海に行く約束をしたので、水着を買いに、デパートへ行きました。デパートとは言っても、地方なので洗練されてはなく、スーパーのような雰囲気の所でした。時期がまだ早かったせいか、水着売り場はまだ閑散としていました。とりあ

↑このページのトップヘ