屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

クリトリス

「おはようございます」朝の通勤ラッシュの駅のホーム。丁寧に挨拶をするのは隣の奥さん。子供のことで相談したり、お互い小学生の男児を持つ既婚者。彼女はチャイニーズ。旦那さんもチャイニーズ。旦那さんは鍼灸をやっていて理学療法士でもある。もっと興奮するレイプ体験

ある年の元旦だった、俺は地元に帰らず彼女もいなから一人むなしく過ごしてた朝から酒ばかり飲んで足りなくなったからコンビニまで歩いて買いに行ったが途中でしょんべんしたくなり公園のトイレに入ったトイレから出て、ベンチの方を見ると小学生くらいの女の子が一人で座っ

俺はコンビニの店長だった、その日は休みだったがアルバイトの子がどうしても午前中出れないと言うから俺は仕方がなく午前中だけ出た11時頃一人の女の子が入ってきた、見た感じ高学年に見える周りをキョロキョロしながらお菓子売り場でお菓子と先に取ってたパンすばやく鞄

僕は中学一年生の(当然)童貞。男女誰からもきらわれていて誰も僕と喋らなかったのに楓(仮)は僕と平気で喋った。楓は友達から「そんなひとと喋っちゃダメだよ」とか言われてるのにかまわず僕と喋ってくれた。だから何となく僕は楓にひかれていった。では本題に。僕が帰ろ

このコロナで新幹線はガラガラだった、俺も取引先でトラブルがあり仕方がなく博多にいった行きの新幹線だった、俺は東京から乗り、彼女は横浜から通路挟んで隣に座った俺は終着の博多で降り今日は真っ直ぐホテルに入るかる予定だったからビール飲んでたその女性もビール飲み

数ヶ月前から背中が痛くて、クリニックや整骨院へ行ってもぜんぜん改善しないどころか、首まで痛く動かなくなってきて 家のポストにチラシ「痛みを改善 こりを改善 指圧院」 近所だし、値段も高くないし、連絡し、指圧を初体験しました。 一人男性 指圧先生だけマンシ

妻の綾子は43歳。父親の経営する地方のスーパーで経理の仕事をしている。子供は高校二年の息子と中学三年の娘がいる。私は地元の銀行に勤める銀行マン。綾子は私の自慢の妻だった。有名女子大を卒業し、私と同じ銀行に入社した綾子は優秀だった。支店勤務は最初の一年程度

私は二十八歳の主婦です。誰にもいえない口惜しさと悲しみを込めて、憎い少年を告発します。私は先月、中学二年の少年にレイプされました。少年は私と同じマンションに住む家族の長男で、去年の秋、越してきました。同じ階なので時々すれ違ってはいましたが、話などしたこと

私は現在38歳で主婦をしてます。子供もでき、凄く忙しくも落ち着いた毎日。今日は旦那と子供もは旦那の実家へ行っており、私は久々のお留守番。ネットサーフィンしててここに辿り着き、昔の自分を思い出し投稿してみてます。当時25-6歳の頃、仕事がとても忙しく、月の半分は

私は監禁され、レイプされて泣き寝入りしました。最近は警察の女性に対する対応も良く、強姦や痴漢などの事件は女性警官が対応してくれると聞いています。でも私の場合は昭和。女は泣き寝入りするしかない時代でした。女性視点エッチ体験談 性欲女子たとえ警察に届けても、「

俺は毎日電車に揺られ会社に行くんだが日課がある。大人しそうな女子高生に痴漢すること。 もう数ヶ月になるが高校1年生の陽子だ。毎朝何時に乗りパターンも知り尽くしている。 時間をずらすことは早める以外にないんだが数回会えない時が合ったがほぼ毎日触れた。 見た目は黒髪

この前、仕事場の忘年会(温泉に泊まり)がありました。元々女の方が多い職場だったので油断していたのもあるのですが、温泉に入って浴衣に着替えるとすっかりリラックスしてしまって、宴会の席で少し飲みすぎてしまいました。ホロ酔いになって、トイレに行こうと立ち上がる

今年30歳になる主婦です。夫には弟と兄がいます。弟は遠く離れていますので滅多に会う事はないのですが、兄の方はご近所に住んでおり、頻繁に家に来るのです。夫は次男ですが母親と同居、兄のところに居たのですが兄嫁と合わず、私たちが結婚した時に同居する事に。親を押

私、真美 30歳 人妻です、子供も一人います。夫婦仲も良く、毎日楽しい生活を送っています。・・いました。私はパートで近所のスーパーでレジを打っています。最悪な話しは・・・スーパーにお買い物に来る近くの建設会社の独身寮に住んでいる男から目を付けられました。

54歳の妻と旅行に出かけ地方のド田舎の温泉旅館に泊まったんです。そこはいわゆる秘湯というやつで1時間に1本しか電車が来ない田舎駅から更に車で3時間の人里離れた場所にある老舗と言っていいような感じで建物で案内されたのが5階の前から3番目の部屋でした。昼食まで、まだ時

俺は毎日電車に揺られ会社に行くんだが日課がある。大人しそうな女子高生に痴漢すること。 もう数ヶ月になるが高校1年生の陽子だ。毎朝何時に乗りパターンも知り尽くしている。 時間をずらすことは早める以外にないんだが数回会えない時が合ったがほぼ毎日触れた。 見た目は黒髪

ある雨の降っている日の事。俺はドカタなんだけど、雨で仕事が流れて出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれずそこらの駐車場に車を止めてボーっとしてた。すると、向こう側からスーツ姿の女が歩いてくるのが目にとまった。近くで顔を確認すると、年齢は

真緒の高校1年の時の事を書きます。あの日私は部活を終え(男子バレー部のマネージャーをしてました)暗くなった道をいつものように家へと向かっていました。狭い道なのでいつもは車はほとんど通らず、徒歩か自転車くらいしか通らないような通学路です。その日は私を追い越す

高三の夏休みの事、俺は受験勉強の息抜きに、先輩に貰ったエロビを見てた。(本当はDVDだがいいづらいのでエロビとかくぞ)3枚貰った内の1枚は盗撮物で、女子校正がトイレでオナッてる映像だった。  公衆トイレって、床の部分とか、天井の部分に隙間があるが、その隙間

私達の家庭は母子家庭で私は36歳、娘(沙織)16歳です。隣の大学生Aは、気立ての優しい真面目な大学生で娘の家庭教師をしてくれていたので気を許していました。いつもの家庭教師の日にAが来たのですが、娘が部活で遅くなり私が一人だった時、安心していたから家に招いて

私は、高校生の頃から6年間付き合った人と結婚しました。現在25歳ですが、23歳で結婚しました。子供はまだです。私は、主人以外とエッチしたことないまま結婚しましたが、主人は、私が他の人とエッチする事を想像して一人でエッチするのが好きなようでした。そのため、

もう数ヶ月になるが高校1年生の陽子だ。毎朝何時に乗りパターンも知り尽くしている。時間をずらすことは早める以外にないんだが数回会えない時が合ったがほぼ毎日触れた。見た目は黒髪でロング、細目の体だがおっぱいは何気にあり弾力がいい。顔は肌ツルツルで綺麗よりは可愛い感じで

母が骨折した時、ギプスをつけ直しに近所の病院へ行った時の事です。古くなったギプスを取るのには電動の丸ノコが使われ、見ているのが怖くなったので処置室から出て外で待っているうちにトイレに行きたくなり用を足して戻る途中、若い男の先生に「ここのトイレに入ったの」

私は専業主婦、旦那は海外勤務の為1年のほとんどはいない子供は6歳になる娘一人その日は娘は夏休みでいとこの家に泊まりに行ってた昼過ぎにチャイムがなった、その日は荷物が届くことになってたから普通に出た私「はーい」玄関開けると無理矢理中に入ってきて、包丁出して

娘婿の幸二さんと関係を持って3ヶ月、いずれ破綻する事は判っていながら、誘われると断れません。私は、53歳 主人を5年前に亡くして一人娘の近くに住んでいます。娘婿の幸二さんは、娘より5歳年上の35歳、180cm近くのりっぱな体格の好青年で、主人とも私とも気が

小6の時、父と兄と温泉に行き、一緒に男湯に入りました。父が体を洗っている時に、露天風呂で知らない男に股間を触られました。それが初めて痴漢に会った時だったと思います。驚いて父に言いつけたのですが、すぐに犯人はどこかへ逃げてしまいました。小の時は、学校でスカー

この話は実話です。私は去年の夏休み学校の登校日の帰りに相手の男の部屋に無理矢理連れ込まれレイプされました。相手は彼氏の中学からの友達で私の友達でもあり私のことを好きだと言ってずっとストーカーしてきた人です。手を引っ張っられた時必死で抵抗しましたが私は力が

私は小5の時に、知らない人にレイプされました…道を尋ねられ、教えてる時に、髪を掴まれナイフで脅されながら、車に連れ込まれました…中にはもう人男の人がいて、目隠しされ脅されながら車で倉庫のようなとこに連れて行かれました…それからは人の男のオモチャに…裸にされ

私は寝坊してしまい、8過ぎに電車に乗り込み、誰もいない車両に1人でボックス席に乗っていました。学校までは片道45分。前日の夜更かしがたたり、乗り込んで5分も経たないうちに眠ってしまいました。しばらくして、体に違和感を感じました。もぞもぞと体を何かが這うよ

私がレイプされるなんて(OLの告白) 25歳OLです 今まで、レイプなんてされるほうが悪いと思ってました。そんな隙を与えるからだって・・。そして自分がそんな目に遭い、好きでもない男に乱暴にされて感じてしまうなんて・・。その日は後輩と得意先に出掛け、直接 家に

↑このページのトップヘ