屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?





オーガズム

私が中学2年生の時でした。私は特に目立った子というわけでもなく、体格は痩せ型、髪型はおかっぱでさらさらの直毛、いつも白いノースリーブのワンピースを着ていました。性格は大人しい方で、人に流されてしまうようなタイプです。平凡な毎日が過ぎていく中、突然、私の平

私が高校生のときの話です。その時に住んでいたマンションで私はレイプされて体を奪われました。学校生活も楽しくて彼氏もいて、結構派手めのグループにいたんですが、いい大学に入るためにしっかり勉強もしてました。メイクとかも好きだったし、周りの男子からの評価も高か

その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツにエメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、小さなポシェットを肩からかけ、髪型はいわゆる“聖子ちゃんカット”と、当時の典型的な若い女性だった。きれいな長い足が印象的で、少し腰を振りながら歩く姿に、私達3人は一

私の職場は残業が多く、最近はほぼ毎日のように終電ギリギリまで仕事をしていました。その週は特にハードワークで、週末だったこともあって私の疲れはピークに達していました。何とか仕事を終えて終電に間に合ったものの寝過ごしてしまい、自宅の最寄り駅とは程遠い終点まで

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

私が小学4年生頃の話です。当時、母は35歳。父は単身赴任中でした。学校から帰ってきた私が遊びに行こうと家を出ると、ちょうど近所に住んでいる伯父がやってきました。伯父は父親の兄にあたる人ですが、無職でギャンブル狂いというどうしようもない人で、近所の家から借

俺が29歳、彼女は28歳でした。彼女は大手企業の総合職として働いていて、性格も良く、最高の彼女だった。顔立ちもとても綺麗で、仕事へ行くときは化粧をばっちり決めて、丈が短めのスカートのスーツに着替えて出掛けていく。近いうちに結婚する予定で、彼女が住んでいた

去年の夏休み、あたしは女友達の夏美と2人で海に出かけていました。彼女とは親友で、大学時代はよくドライブに行ったり、海辺で色々と悩みを相談しあったりしていました。その日は海開きの日ということで、暗くなりかかっているにも関わらず大勢の人で賑わっていました。あ

俺は40代の音楽の教師で、若い頃はプロになりたかったが結局プロにはなれず、諦めた後は教員免許を持っていたので音楽教師になることにした。夢は叶わなかったが、好きだったことを仕事に出来たのはまだ幸運だったのかもしれない。同い年の妻と結婚して子供もいる。教師に

↑このページのトップヘ