屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

おっぱい

去年の秋に私達夫婦は結婚しました。私が就職し、仕事上、英語も多少習った方がいいかと思い、英会話教室に通った時に妻と知り合ったんです。妻は、私より2つ年上で26歳でした。妻の方は海外旅行で英語を話したいと通い始め、もう2年目だったので結構ペラペラでした。性

もう3年前の話です。私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。その人は少し太っていて、銀縁のメガネを掛けたニキビ痕がとても目立つ人でした。年齢は30代位。いつも丈の短いジーパンに、Tシ

24歳のOLしています。レイプされたことがあります。それも彼の知り合いにです。最近やっと少しずつですが、忌まわしい出来事から心が解放されつつあります。3年くらい前に付き合っていた彼のことです。優しい人だったんですが、ひとつ悪い癖があってギャンブルが大好き

女子校に通ってたあたし、通学にJR利用してました。クラスでは「電車でよく痴漢に会う」と話があり、あたしにも、「気をつけてな」とよく言われてました。でもその時の自分は、大丈夫やろと軽く考えてました。ところがある日、いつものように朝の通勤・通学ラッシュの電車

先日、突然同僚と出張に行く事になりました。同僚は今流行の草食系で、オタクな男子でした。その同僚とビジネスホテルに宿泊して、翌日帰る予定で仕事をしました。仕事が終わり、ホテルに戻って疲れきっていた所に、同僚が「マッサージしましょうか?」と言ってきました。性

私が高校2年だった時の夏に、先生とエッチしました。ある日、友達4人と遊んでいた時の事です。その内2人がカップルで、私と彼はフリー。突然、カップル2人が「ホテルへ行く」と言いだし、私達は2人になってしまいました。彼が家に来るかと誘ってきたので、何も考えずに

もう本当に最悪。何で私がこんな目に遭わなくちゃいけないの・・・。今考えただけでも背筋が寒くなる。高校生になって早4ヶ月が経った夏休みのある日・・・。当時私はバトミントン部の合宿である旅館に泊まった。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性

私は地方に住む21歳のOLです。友達と夏に海に行く約束をしたので、水着を買いに、デパートへ行きました。デパートとは言っても、地方なので洗練されてはなく、スーパーのような雰囲気の所でした。時期がまだ早かったせいか、水着売り場はまだ閑散としていました。とりあ

私がスポーツクラブで、インストラクターをやっていた時の体験談です。私は32歳で既婚でしたが、学生時代からずっとエアロビをやっていたこともあり、結婚後でも、空いた時間を利用して教えていました。ある大雨の日でした。生徒は3人だけで、レッスン終了後はおばさん2

高2の頃、家に入った空き巣にレイプされました。今では主婦ですが、旦那はもちろん両親にも言ってません。高2の1学期の中間テスト中で、勉強していた時でした。2階の部屋に誰かが上がってくる物音がしました。時計を見たらまだ1時過ぎ、両親は共働きだったのですが、母

私40歳、妻36歳で結婚して9年の夫婦です。結婚する前、私は妻が犯されるところを見た事があります。それは妻がまだ20歳の頃で、私には彼女が居て、妻は友人仲間の1人でした。その日、私と妻と先輩2人で友人カップルのアパートで飲んでいて、帰る頃には妻は飲み過ぎ

あの日、バイトから帰り疲れていた私は「後でお風呂に入るから起こしてね」と母にいってベッドに横になりました。そして、どれくらいの時間が過ぎたのか、それまで熟睡していた私は、体に違和感を感じて目を覚ましました。パンツの上から、誰かがそこを触っているんです。性

寿退社が決まって、今日で会社も終わりという日に、上司に犯されました。退職の会を課の人たちがやってくれて、9時頃にお開きになったので、会社の引き出しの中に入れたままになっていた物を取りに帰りました。すると、課長がいつの間にか入り口に立っていて、「恭子ちゃん

今日はうちの高校のコートで他校とテニス部の試合があり、勝利を収めてごきげん。そしてもうひとつ、ずーっと憧れていた先輩が今日終わったら一緒に帰ろうかって大大ごきげんでした。昨日思い切ってメールを送ると、「俺も君が前から気になっていて・・・」だって(^Q^*

私は30歳で専門学校の教員をしています。綺麗でもスタイルがよい訳でもなく・・・。いつも、男子学生にちょっかいを出されたり、意地悪されてます。小柄だから、先生っぽくないみたいです。でも、恥ずかしいことに胸とお尻が大きくって、いつもからかわれることが多いんで

26才の人妻です。結婚して4年になります。主人とはお見合い結婚でした。今時恥ずかしいのですが、主人が初めての男性でした。そして、あの日までは主人を愛していました。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性欲女子 でも今は何人もの男に抱かれて

友人と2人で整体マッサージを受けに行った時の話です。初めにバラしておきますが、私達が店を間違えたので騙されたわけではないんです!店に入ると十数人の男性がいました。女の人もいました。ニヤついていて、私達の体をジロジロ見てきました。性欲ももんが まとめにゅー

今から12、3年前のお話。当時俺は中1、従妹小5で、徒歩2分足らずのとこに住んでたんで、小さい頃からかなりの頻度で遊んでた。中学校にあがり、エロに目覚めた俺はターゲットにこの従妹に悪戯しようと画策したわけ。でも親にバレた時に言い訳がつかない事はできない・

友人の結婚式3次会で仲良くなった子がベロベロに酔っぱらって、帰る方向が同じ俺が一緒にタクシーで送ることになった。元々呂律が回ってなかったその子は、タクシーに乗ってから完全に爆睡してしまい、家までの道のりが全く判らず、仕方がないので俺の家に連れて帰った。担

中学2年の内科検診の日は忘れることができません。あの日の出来事は私の心に大きな傷をつけました。あのことはずっと忘れることが出来ないのだと思います。中学2年の内科検診の日、私は風邪で学校を休みました。私と同じように学校を休んだ人は2週間後に放課後の空き教室

以前住んでいた自宅の付近で拾い物をした。 深夜2時ごろ、バイクで近所を転がしていたところ、道の端っこにぶっ倒れた女の人がw 一度は通り過ぎたものの、気になって戻ってきてみると、どうやら酔いつぶれてしまっているようだ。 イタズラしたいなぁという欲求を抑えて

もう5年程前の話をします。 当時、私は学生でした。 友人数人で海水浴に向かったんです。 田舎の品疎な浜辺は、隠れプライベートビーチと言った感じでしょうか。 とは言え、全く人が来ない訳ではありません。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性

私は24歳、彼女(沙季)は21歳です。 日曜、沙季とドライブに行くました。 山の中を走っていると、道下に綺麗な川が流れていたので、行ってみようということになり、車を停め、山を降り川まで行きました。 沙季と靴を脱ぎ、川の中へ入り、遊んでました。 このまま、

高二の頃の話。 地元の祭りも終わり、友達の家で飲んでたんだ。 俺、友達の孝史、孝史の彼女の美和、んで、直美。 うちらの仲は、中学の同級生・・・と言っても、俺と孝史は同じクラスだったけど、美和と直美は別クラスって事もあり、あんま仲良しと言う関係じゃなかった

職場の先輩の仁志田佳代さんは職場でも眞鍋か◯りに似て可愛いと評判で、他部署にも人気がありました。 その佳代さんに悪戯しました。 その日は定例の休日前の飲み会でした。 普段あまり飲まない佳代さんですが、その日は仕事の貸しがあったので、酒を勧めました。 ・・

金曜日の夜、総武線の秋葉原駅のホームで酒に酔ってフラフラのお姉ちゃんを発見。 顔を見たら、25~6歳といったところか。 テレ朝の女子アナの野村真季にホントそっくりのすげぇ美人! (密かにファンなんだよ、俺。) 俺も、酒が入っててムラムラ心いっぱいだったか

中学の時、家が貧乏だったので、朝と夕方の新聞配達してました。 中学生は朝刊と夕刊のアルバイトは禁止らしく、別々の販売店でバイトしてたんですが、当然授業中は眠い日もあり、ある日国語の時間に寝てしまいました。 国語の先生は、赴任して2年目の川村よしえ先生で、

去年の秋に京都の親類の家に法事で出かけたときの事です。 煩わしいのが嫌いなのでホテルに泊まる事にしました。 親類と言ってもそんなに親しい訳じゃないので、話す相手もいないので、用が終ったらホテルに帰りました。 せっかく来たのだから観光も兼ねようとその辺をぶ

夏の夜の事でした。 一人暮らしのミドリの部屋で、女の子6人だけで、水着で飲み会をしていました。 女の子だけという事で、みんなエッチな水着を着てました。 私も一応、三角ビキニで、6人の中では、1番おっぱいが大きいのに、わざと小さめの水着にしたりしました。性

家の隣には両親が所有している借家があります。 結構古くて、住んでいる住人は、土方系のおじさんばかりです。 おじさんたちも皆同じ会社で働いてる人っぽいです。 今時家賃は大家である両親が毎月徴収しに行きます。 先日、父が不在だったため母(45)がたまたま徴収

↑このページのトップヘ