屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

夫の前

54歳の妻と旅行に出かけ地方のド田舎の温泉旅館に泊まったんです。そこはいわゆる秘湯というやつで1時間に1本しか電車が来ない田舎駅から更に車で3時間の人里離れた場所にある老舗と言っていいような感じで建物で案内されたのが5階の前から3番目の部屋でした。昼食まで、まだ時

ある雨の降っている日の事。俺はドカタなんだけど、雨で仕事が流れて出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれずそこらの駐車場に車を止めてボーっとしてた。すると、向こう側からスーツ姿の女が歩いてくるのが目にとまった。近くで顔を確認すると、年齢は

寝取られ願望のある44歳の私です。日ごろから、アダルトdvdの夫の目の前でシリーズを見て、はじめはレイプされ嫌がる妻が段々快楽に目覚め、男のモノを美味しそうに咥えたり、自ら舌を絡ませてキスする様を見ては興奮し射精をしています。妻とは結婚して2年経ちますが週1ペー

去年、久しぶりに夫婦で温泉へ行った時の話。普段は子供たちがいるので一緒にお風呂にも入ることが無く、久しぶりで貸し切り露天風呂を借りて入りました。私45歳、妻41歳。久しぶりに明るいところで妻の裸を見ると、ついムラムラしてしまい、体を洗うより妻の裸に手がい

最近、妻がウォーキングを始めた。40歳になる妻は、身長160cmの体重55kgで、最近下半身が太くなった様だ。職場の仲間から「歩いて痩せた」と聞いた妻は、その日の夜から歩き始めると言いだした。スニーカー程度は持っているが、ジャージすら無い。性欲ももんが 

去年の秋に私達夫婦は結婚しました。私が就職し、仕事上、英語も多少習った方がいいかと思い、英会話教室に通った時に妻と知り合ったんです。妻は、私より2つ年上で26歳でした。妻の方は海外旅行で英語を話したいと通い始め、もう2年目だったので結構ペラペラでした。性

これは数年前のある夏の日の話です。俺は当時付き合っていた“文(あや)”と、近所にあるドライブインに併設されていたゲーセンで遊ぶのが日課になっていた。文は仕事が忙しく、お互いに会える時間はいつも深夜になっていた。いつもの様にゲーセンで待ち合わせして、その日

私40歳、妻36歳で結婚して9年の夫婦です。結婚する前、私は妻が犯されるところを見た事があります。それは妻がまだ20歳の頃で、私には彼女が居て、妻は友人仲間の1人でした。その日、私と妻と先輩2人で友人カップルのアパートで飲んでいて、帰る頃には妻は飲み過ぎ

私は24歳、彼女(沙季)は21歳です。 日曜、沙季とドライブに行くました。 山の中を走っていると、道下に綺麗な川が流れていたので、行ってみようということになり、車を停め、山を降り川まで行きました。 沙季と靴を脱ぎ、川の中へ入り、遊んでました。 このまま、

私(37歳)には、妻(沙織、33歳)と5歳と7歳になる娘がいます。その日は、実家の両親(父親、60歳)の定年ご苦労さん会ということで、両親に温泉旅行をプレゼントしました。その夜、お母さんから、「お父さんと2人だけだとつまらないから、孫も連れて行っていい?

私(37歳)には、妻(沙織、33歳)と5歳と7歳になる娘がいます。その日は、実家の両親(父親、60歳)の定年ご苦労さん会ということで、両親に温泉旅行をプレゼントしました。その夜、お母さんから、「お父さんと2人だけだとつまらないから、孫も連れて行っていい?

俺が29歳、彼女は28歳でした。彼女は大手企業の総合職として働いていて、性格も良く、最高の彼女だった。顔立ちもとても綺麗で、仕事へ行くときは化粧をばっちり決めて、丈が短めのスカートのスーツに着替えて出掛けていく。近いうちに結婚する予定で、彼女が住んでいた

その日、仕事を終えて帰宅すると、家の灯りが消えていた。「…ったく、玄関の照明くらいつけとけよ」普段と何となく違う雰囲気を感じながら、靴を脱ごうと身を屈めた瞬間、 頭にゴツンと強い衝撃を覚えた。殴られた部位を押さえる前に、 強い力が首根っこをつかむと、うつ伏

発生日:2004年の初めから2007年11月 被害者:男性が小柄な若いカップル 犯人 :自称会社員(無職) 26歳     身長170ぐらいで、タオルや衿で顔を隠して犯行     福岡に深夜出現し、カップルを次々と襲った 事件概要  午前2時ごろ、デート帰りの大学生カップ

先日の長期休暇に妻と二人で信州の高原にキャンプに行きました。 妻と結婚する直前に見つけた人の少ないキャンプ場で、 そこでプロポーズをし、妻とは今に至ります。 妻と結婚し、二年が経つ前に、そろそろ子供を作る話になり、 二人きりで最後のキャンプに来たのです。 昼

去年の年末に私の妻に起きた悲劇、いや、惨劇についてここに書こうと思います。当時は頭が真っ白で混乱していましたが、最近になってようやく整理されつつあります。妻が妻の幼馴染の同級生二人にエッチな事をさせられた話です。その妻の同級生二人のことは、妻から話をたま

春先に連泊で温泉旅館に行きました。和子とは久しぶりの旅行で夫婦水入らずに過ごす予定でした。もちろん和子とのセックスが目的で、和子もそれを期待しているようです。服装は胸元が強調されたワンピースで和子の豊満なおっぱいが溢れ出そうです。和子は胸が大きく、屈んだ

彼女と旅行に行きました。そこで興奮した出来事です。とある古い旅館に泊まりました。食事の後、2人で風呂に行きました。あいにく家族風呂はなかったのですが、露天風呂があるとのことで、2人別々に男湯と女湯に入りました。エッチな体験談 女性視点エッチ体験談 性欲女子

これは僕が大学生だった頃のお話です。自画自賛という訳ではありませんが、僕はイケメンです。勉強も良くできました。しかし僕がそれまでの人生、幸せだったかというと、全くそんなことはありません。なぜなら、僕は高校までの間、虐めにあっていたからです。それはもう酷い

彼女と旅行に行きました。そこで興奮した出来事です。とある古い旅館に泊まりました。食事の後、2人で風呂に行きました。あいにく家族風呂はなかったのですが、露天風呂があるとのことで、2人別々に男湯と女湯に入りました。エッチな体験談 女性視点エッチ体験談 性欲女子

2年前の話になります。地元の恒例行事に、海開き花火大会があります。数時間で1万発もの花火が大空いっぱいに開花するんです。海辺には数万人の人が集まり、露店も多く出ているので、大変な賑わいをみせます。私達は、その込み合いから逃げる様に穴場を見つけ陣取っていま

私の初体験の相手は彼氏とではなく、彼氏の友人でした。仮にTとします。私が大学一年の時、初めて彼氏ができました。彼氏は地味で大人しそうな感じの人でしたが、とても優しい人でした。彼氏とは対照的にTはイケメンで、賑やかなよくモテる人で、二人は高校の頃からの親友

その日は朝からキャンプ場に行き、昼は子供と色々遊んで、夕方はバーベキューをしてた。そしたら、「食材とビール多めにありますから一緒にいかがですか?」と隣の大学生5人グループが来てさ。最初はもちろん遠慮したけど、話していて感じのいい奴らだったし、じゃあ、まあ

私達の悪夢は、とんでもない幸運から始まりました。当時、私は食品メーカーに勤めるサラリーマン。入社10年目で係長の私は、出世街道を進むわけでもなく、落ちぶれるわけでもない、そんな平凡な営業マンでした。妻の由美は30歳。元会社の後輩だった妻とは5年前に結婚し

妻、28歳。身長157センチ、スレンダーで髪は肩より少し長く、タイプ的には派手めです。その日の妻のスタイルは、白のブラウスに黒の短めのスカートにピンヒールのブーツ。男たちは、そんな妻を気に入ったのか・・・妻は男たちの標的になりました。去年の秋、私は久しぶ

私41歳、妻38歳。東京近郊の住宅街に住んでいる。小学校6年と2年の子供がいる。11月の土曜日、子供達だけ大阪の妻の両親の家に帰して、週末は私たち夫婦二人だけになった。妻は子供達の世話と同時に、町内会の役員や学校の世話役などを積極的にこなす社交的なタイプ

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た明るく聡明な女性であった。◯◯大学で古文を研究し、その経験を活かすため私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、私たちは人も羨む仲睦まじい夫婦として暮らしてきた。あ

あれは大学時代、当時付き合ってた彼女と海に行ったんだ。ゼミの仲間がそこの海水浴場の海の家でバイトしてて、色々ご馳走するからって誘われたんだけどね。彼女は、身長はちっちゃくてちょっとムチッとした感じだけど、おっぱいが大きかったのが堪らなく好みで自分から告白

彼女(現在の妻)と交際を始めて3ヶ月経った、残暑厳しい夏の事でした。久しぶりに帰省した大学時代の友人に、彼女の紹介を兼ねた食事会を居酒屋でしました。私は酒がダメなので、彼女を助手席に乗せて、車で友人2人を迎えに行きました。車の中では簡単な挨拶を済ませ、居

去年の秋に私達夫婦は結婚しました。私が就職し、仕事上、英語も多少習った方がいいかと思い、英会話教室に通った時に妻と知り合ったんです。妻は、私より2つ年上で26歳でした。妻の方は海外旅行で英語を話したいと通い始め、もう2年目だったので結構ペラペラでした。私

↑このページのトップヘ