屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

少年

会社もクビになり、漫喫生活する金もなくなり途方に暮れていたある日のことでした。人気のない道をボーっと歩いていたら曲がり角にある家の窓の鍵が閉まってないことに気が付きました。僕は2日も水しか飲んでなかったので空腹で死にそうでした。何か食べる物だけ…そう思って

うちの高校は、出来の悪い田舎の農業高校だった。こんな学校だから女子の人数は少舐めで、1クラス男子が約40人のところ、7人ぐらいしかいなかった。しかもあまり可愛い子はいなく、よその学校だと並程度の子がかなりモテていた。俺のクラスにSという子がいたが、1年の

高1のとき、俺はとにかくエロかった。一日のうち4時間は妄想していたし、女の体が気になってしょうがなかった。もうとにかく触りたくて仕方なかった。そんな俺にチャンスが来たのは冬休みの前日、女友達で一番仲の良いサツキに「◯◯の家一人暮らしだろ?お願い5日間だけ

初めまして、僕はY県の某高校2年17歳のHです。今通っている高校は、もともと女子高だったのですが、数年前から共学になり、家から近いということで、この高校に入りました。男は、校内で3割ぐらいしかいません。1年の時のクラスは、男は僕1人であと23人は女です。

中学の時、家が貧乏だったので、朝と夕方の新聞配達してました。 中学生は朝刊と夕刊のアルバイトは禁止らしく、別々の販売店でバイトしてたんですが、当然授業中は眠い日もあり、ある日国語の時間に寝てしまいました。 国語の先生は、赴任して2年目の川村よしえ先生で、

中学の三年間、僕はイジメにあっていました。 小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、そういうところに原因があったんだと思います。 イジメと言っても、僕の場合は主に『ハブ』『シカト』という形で、『カツアゲ』や『リンチ』など、幸い暴力的なものはありませんで

当時、高校二年だった私は、親友だと信じていた同級生に裏切られ、巧妙な策謀に操られるようにして母を無理やり犯してしまいました。それは七年前の出来事でした。ある日を境に、傍目から見ても異様なほど父と母の仲が悪くなりました。それから一ヵ月後、両親は離婚しました

英語教師の佳世先生は、他の生徒達にとっては単なるうるさいオバサンだったかも知れないが、俺にとって佳世先生の授業は心地よい妄想の時間だった。小柄だが、胸の膨らみやプリプリしたお尻は俺の欲望を掻き立てた。俺は先生が教科書を読みながら教室内を歩く時、いつもお尻

私が小学4年生頃の話です。当時、母は35歳。父は単身赴任中でした。学校から帰ってきた私が遊びに行こうと家を出ると、ちょうど近所に住んでいる伯父がやってきました。伯父は父親の兄にあたる人ですが、無職でギャンブル狂いというどうしようもない人で、近所の家から借

私はラブホテルの部屋をデザインする仕事をしている。その日も、ある倒産したホテルを新しく改装して欲しいという依頼を受けて立ち寄った。ホテルの新しいオーナーは、ある有名なヤクザ屋さんである。カギを開けて中に入って色々見終わった時、そのオーナーが、「先生、今か

↑このページのトップヘ