屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

少年

中学3年生の9月頃。土曜日の午後3時過ぎ、家から徒歩5分程の距離にあるコンビニに立ち寄る際に、窓ガラス越しに見覚えのある女子が1人いた。彼女は、同じ中学の1年後輩で、よく昼休みに図書館で見かけていた。眼鏡を掛けた少々ブサイク顔のぽっちゃり体型でしたが、服

俺が高校2年のとき。授業中は寝てる、塾は行かない・・・。あまりにも勉強をやる気のない俺に、親が家庭教師をつけた。なんか普通は男の生徒に女の先生はつけないらしいけど、その先生は女子大生で、個人でやってたみたい。俺の贔屓目かもしれんけど、とにかく可愛くて、初

近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。私にとってはごく普通の妻である。妻は月に一度ボランティア活動に励んでいる。ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。6月にはいっての

小5の時、クリスマスイブの夕方に衝撃的な光景を見てしまった。家には親父と姉と私の3人が居て、母は仕事に出ていた。親父は世間からは驚かれるような超エリート職で、相当な収入を得ていたはずなのだけれど、妻子には最低限の暮らを営むのにも足りないくらいの生活費しか渡

これは俺が中3の時の話なんだけれど。俺、マコト、ユタカ、カツヤ、タカミチ(仮名な)の5人は高校も底辺の馬鹿公立に行くことが決まってたんで、やる事もなくてよく夜になるとマコトの家でたむろしてた。俺らは特段不良でもなんでもなかったけど、なんか夜遊ぶのが楽しい

あれは確か、携帯が流行り始めた頃だったな。レイプは友達と二人で、友達の家で同級生の弟のねーちゃんを犯してしまった。友達と言っても同級生の弟のねーちゃんをレイプするくらいだから本当の友達じゃないがね。一緒にレイプした友達は“悪友”ってやつだ。ねーちゃんの弟

家の近くにテニスのクラブハウス兼物置があった。いくつかの部屋に区切られていて、トイレも中にあり、テーブルが1つとパイプ椅子が6つあった。ここはいつも鍵が掛かってなくて、誰でも入れるようになっていた。小学校の近くでもあったので放課後は男子児童1~6年までの

中学の三年間、僕はイジメにあっていました。小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、そういうところに原因があったんだと思います。イジメと言っても、僕の場合は主に『ハブ』『シカト』という形で、『カツアゲ』や『リンチ』など、幸い暴力的なものはありませんでした

中3の夏、受験勉強がいやになり息抜きに夜、遊びに行きました。「どこにいこうかなぁ~」と自転車でぶらぶらしていたら、わき道に一人女性が倒れていました。年齢は22ぐらいでちょっとギャル系な感じでした。顔はとてもカワイくてアイドルなみでした。「大丈夫ですか」返

でもここからは朝と違いました。女の人はちんちんをゆっくり扱きながら怒った口調で「あなたのお父さん、お金出すの渋ってるのよ。だからあなたのおちんちんをちょん切って写真を撮って送ることにしたの。怨むんならお父さんを怨んでね。だけどあなたにもチャンスはあげるわ

↑このページのトップヘ