屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

少年

私は大学生の頃、家庭教師のアルバイトをしていました。その時受け持ったのは中学3年生の男子(M君)でした。M君の家はかなり裕福な家庭のようで、大きな母屋の隣に新しい2階建ての離れがあり、その1階におばあちゃんの部屋があり、2階にM君の部屋がありました。M君

私は香織、36歳独身で、地方にある進学校の国語教師をしています。20代の頃は学校でもアイドル的に扱ってもらえてましたが、30を過ぎたあたりから色々なお誘いも少なくなり、今では勝手に『堅物女』とか『仕事命の女』というレッテルまで貼られてしまう始末です。そん

私の初体験はレイプでした。私の町では毎年8月に大きなお祭が開かれます。午前中から始まって一日中様々な催しがあって、最後は花火大会で終ります。私は部活で吹奏楽をやっていて、毎年お祭で演奏することになっていました。去年のお祭で演奏が終って楽器を片付けに学校に

高校の時に私はイジメをしていました。リーダー的存在で、私は女子をイジメず、ウザい男子だけをイジメていました。でも高校の時は仕返しがあるでもなく、平和に暮らしていました。高校の卒業式の後、2次会が終わって私が家に1人で帰っている時、何者かに後頭部を何かで殴

母と私は、ある凄惨な体験により心に傷を負ってカウンセリングを受けています。幸い、母の症状は殆ど問題無いくらいまで回復出来たようですが。私は普段、美容師を目指す、ごく普通の女の子として生活出来ていますが、異性と目を合わせたり、触れ合ったり、話し合ったりする

中1の終わりの頃の話。その頃の私は今よりもさらに体が細く、ヒョロッとした感じ。肥満体型の叔父にしてみれば、体重が半分ぐらいの私を押さえつける事なんて、容易な事だったと思う。家の中で襲われた。私なりにかなり抵抗したし、ずっと泣き叫んで拒否したのに・・・。叔

仕事を終えて、車に乗り、時計を見ると、0時を回っていました。なるべく早く帰るため、いつもは通らない薄暗い道から帰ることにしました。途中、道の真ん中に高校生くらいの4人組の男が立っていたので、車のスピードを落としました。すると、急に車に近づいてきてドアを開

げられ、少年にのしかかられました。この間、私は必死に抵抗しました。私は自分の身に起っていることに動転しながら、少年をたしなめ、叱りました。少年は初めてだったのでしょう、必死に閉じ合わせた私の股間に男性器を何とか押し込もうとしているうちに射精しました。エッ

その女子大生は家庭教師をしていた。彼女が教える生徒は、中学一年生の少年だった。小柄で内気そうな教え子の少年は、小学生の頃からイジメられっ子だった。週に2日ほど教えに来ていた娘は、少年の顔に殴られたアザを見るたび心を痛めた。「どうしたの?大丈夫なの?」娘は

女子中学で教師をしています。30歳です。指導しているバスケ部のキャプテンの子に誘われるまま、その子の彼氏と3人でカラオケに行きました。軽率だとは思いましたが、最近元気がないし、土曜日の昼間なので付き合ってあげることにしたんです。そこからは驚きの連続です。

↑このページのトップヘ