屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

人妻

私には家族に話すことが出来ない秘め事があるんです。5年前、私(43歳)は夫(48歳)の実家で生活をする事になりました。義母が病気で亡くなった事が原因です。夫の実家は地方の田舎町にあり、辺りは山と田畑に覆われ、近所も数百メートルも離れて点在する程度の田舎で

見合い結婚だった主人は、クンニやフェラチオといったオーラルセックスを好まなかった。至って淡白なセックスは気持ちよさなんてなくて、ただの子作りのための運動という感じだった。だから、主人の弟の『豊』にレイプされるまで、私は女としての悦びを知らなかった。線の細

あの日は暖かかったので、私は我慢できずにお気に入りの公衆便所に出掛けました。そこは公園の公衆便所で、公衆便器は黄色く汚れがこびりつき、床にまでオシッコの汚れが染み付いた、私の一番好きな便所でした。便所に入るとあまりの愛おしさに小便器にキスをしました。「私

実は私、結構田舎に住んでいて周りに何にもないんですね><近くにダムがあって、そのそばに遊水広場があるんだけど、夏休みとかは、そこでよく小学生の子供たちを遊ばせていたんです。そこは平日の昼間とかはあんまり人が来ないところで、アスレチックとかサッカー場とかあ

私は38歳の主婦です。あれは昨年の7月の出来事でした。主人のお義父さん(当時60歳)は大工の仕事をしていて、脚をケガし自宅で養生している時の事でした。主人(40歳)はサラリーマンで、お義父さんの事なんか私に任せっきりで、毎晩お酒を飲んで遅くに帰ってくる毎

私の体験ではありません。でも私が目撃したレイプ場面で、誰にも言えないことでしたので投稿します。昨年の秋のことです。私はある温泉街の小さな旅館でバイトをしていました。お客さまのほとんどがお帰りになって、私は風邪気味もあって布団部屋で寝ていました。そのとき、

2泊3日の温泉旅行。夫が旅行券を当てた事から始まります。夫が旅行券を当て、せっかくだからと温泉旅行に出かける事になりました。子供(5歳)と一緒に温泉宿に着いたのは夕方4時を回っていたと思います。この旅館に決めたのは、何でも混浴があるという事で、夫の希望で

震災の時の話です。私の家は大通りに面していて、その時は帰宅困難者が歩いて列を作っていました。そんな時、近くのコンビニに買い出しに行くと、目ぼしい物は何も売っていない・・・。仕方なく家に帰ろうとすると、ふいに「Oさん!」と声を掛けられた。そこには、取引先の

今年34歳になる一児の母親です。私には誰にも言えない苦しい思い出があるんです。夫(40歳)と結婚して数年、1人の子供(男)を授かりました。夫も課長へ昇進し、生活費も十分だった事もあり、私は専業主婦をさせて頂いています。子供も小学生になり、昼間は自由な時間

私は越◯市に住む、結婚2年目の主婦です。生後9ヶ月の双子の娘と主人の4人で暮らしてます。私は夫に言えない秘密を抱えてしまいました。どうしたら良いのか分からず、悩んでます。その秘密はとてもみっともない話だし、夫や知り合いに知られる訳にはいかないので、仮名で

↑このページのトップヘ