屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

人妻

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

幼い子供の育児に追われ、クタクタになっていました。子供が眠ると、もう何もする気がなくなり、夫から夫婦の営みを求められますが、あまりにも疲れすぎて断っていたんです。子供がもう少し大きくなればちょっとは楽になるのかなって思いながら必死に子育てをしていました。

発生日:2005年7月25日 被害者:17歳から28歳までの女性3人      2歳の子どもを連れ海岸で水遊びをしていた      3人の女性が襲われ、全員犯された。 犯人 :無職 32歳      一部情報では翌日隣町で妊婦の乗った自動車      に乗り込み、お腹の子

先日の出来事で主人には未だに話せないままになっていることがあります。6月に台風が来た時の夜中の話です。前日の夜は主人も早く帰宅し、早々に食事を済ませ二人ともあまりお酒を飲めないので、テレビを見たり二人ともお風呂を済ませていました。「明日は会社の異動で送別

今年30歳になる主婦です。夫には弟と兄がいます。弟は遠く離れていますので滅多に会う事はないのですが、兄の方はご近所に住んでおり、頻繁に家に来るのです。夫は次男ですが母親と同居、兄のところに居たのですが兄嫁と合わず、私たちが結婚した時に同居する事に。親を押

事の経過からお話しします。俺は大学に入ってから、とある飲食店でバイトを始めました。そのとき斉藤さんは子供が小さいからということで昼の短い時間だけパートで働いていました。大学が早く終わってたまに遊びがてら店に行くと、すれ違う程度で本当に「お疲れ様」くらいの

「お願いですっ!もう許してっ!主人にっ!主人に申し訳ないぃぃっ!」 「旦那に詫びてる割には、奥さんのお○んこ、びちょびちょじゃねーか?」 「そんなっ、そんな事っ、ああんっ!ありませんっ!あんっ!いっ!いっ!ああん っ!」 「いいのかねぇ!旦那の居ない真っ昼間に、レイ

私には家族に話すことが出来ない秘め事があるんです。5年前、私(43歳)は夫(48歳)の実家で生活をする事になりました。義母が病気で亡くなった事が原因です。夫の実家は地方の田舎町にあり、辺りは山と田畑に覆われ、近所も数百メートルも離れて点在する程度の田舎で

見合い結婚だった主人は、クンニやフェラチオといったオーラルセックスを好まなかった。至って淡白なセックスは気持ちよさなんてなくて、ただの子作りのための運動という感じだった。だから、主人の弟の『豊』にレイプされるまで、私は女としての悦びを知らなかった。線の細

↑このページのトップヘ