屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?





人妻

38歳のKと言います。 それは、今から2年前の社員旅行の時でした。 宴会終了後、各自の部屋でそれぞれ飲んで盛り上がっていました。 俺はちょっと酔いが回ってきたので、人のいない押入れに入り込み一眠りさせてもらいました。 しばらくして人の気配がなくなりました

去年の秋に京都の親類の家に法事で出かけたときの事です。 煩わしいのが嫌いなのでホテルに泊まる事にしました。 親類と言ってもそんなに親しい訳じゃないので、話す相手もいないので、用が終ったらホテルに帰りました。 せっかく来たのだから観光も兼ねようとその辺をぶ

隣に越されて来たご夫婦は、それまでアメリカで暮らしていたということで、奥さんが息子に英語を教えて下さるというので、私もお言葉に甘えて、そうさせて頂きました。 初めは息子も喜んでいましたが、最近行きたがらないのでおかしいなとは、思っていました。 奥さんにそ

去年の初夏のことです。その年の春に結婚して住み始めたマンションの隣の部屋に住む男性に乱暴されました。うちの主人は仕事が夜勤でして、4日夜間勤務をして2日休みという感じです。その日も夕方に出勤する主人を駐車場まで見送って、そのついでに隣の部屋に回覧板を届け

実家へ帰った時、姪っ子の旦那と冗談言ってふざけていたら畳の上に仰向けに押し倒された。まさか?… と思っていたら、そのまま乗っ掛かってきて、「おばさん」って、言いながらシャツの上から乳房を揉み、パンティーを横に寄せただけで入り込んできた。ビックリしたけど私も

夫の異動で、東北の片田舎に移って今年で3年。最初のうちは自然が満喫できると浮かれていましたが、あれは都会からたまに息抜きに出かけるからいいものなんですね。ぐるっと360度、365日、自然に囲まれていると毎日が退屈で、刺激のない生活に飽きてしまうのに時間は

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

幼い子供の育児に追われ、クタクタになっていました。子供が眠ると、もう何もする気がなくなり、夫から夫婦の営みを求められますが、あまりにも疲れすぎて断っていたんです。子供がもう少し大きくなればちょっとは楽になるのかなって思いながら必死に子育てをしていました。

発生日:2005年7月25日 被害者:17歳から28歳までの女性3人      2歳の子どもを連れ海岸で水遊びをしていた      3人の女性が襲われ、全員犯された。 犯人 :無職 32歳      一部情報では翌日隣町で妊婦の乗った自動車      に乗り込み、お腹の子

↑このページのトップヘ