りえ子です。今から15年ぐらい前、まだ小学5年生の時のことです。

 当日は、四国に住んでいました。

 髪型はポニーテールと、普通の髪型でした。

 公園に行き、滑り台で遊ぼうとしました。

 しかし、滑り台には男子がいっぱい遊んでいました。

 仕方ないので、別の遊具で遊んでいました。

 夕方になり、皆が帰り始めました。

もっと興奮するレイプ体験談を読む

 公園には、りえ子と、大学生ぐらいの男の人だけです。

 階段を上がって、滑り台の上に行きます。

 公園全体が見渡せて、良い眺めです。

 ふと、後ろを振り返ると、男子大学生が、りえ子のスカートの中を覗き込んでいます。

 男子大学生「白か。」

 滑り終わった後、もう一度、滑り台の階段に行きます。

 すると、男子大学生が、りえ子のことを待っていました。

 りえ子が階段を登ると、下からスカートの中を覗き込んできます。

 階段の途中で立ち止まりました。

 男子大学生が至近距離で、りえ子のパンツを見ています。

 その後、何度か滑り台を滑ってから帰りました。

 
 その翌日の夕方、公園に行くと、あの男子大学生がいました。

 ジャングルジムに行きます。

 ジャングルジムの中に入ると、男子大学生もついて来ます。

 りえ子がジャングルジムを登って行くと、男子大学生が真下から、りえ子のスカートの中を覗き込んできます。

 男子大学生「今日は、青と白の縞々か。」

 10分ぐらい、ジャングルジムで遊びました。

 数日後、雨でした。

 公園の近くにある市立図書館に行きました。

 分館で小さな図書館です。

 すると、あの男子大学生がいます。

 りえ子の服装は、ゆったりサイズのワンピースです。

 りえ子が児童書コーナーで、立って本を読んでいると、男子大学生が後ろに来ました。

 ワンピースは、サイズが大きめで、ブカブカです。

 男子大学生は、りえ子の真後ろに立ち、ワンピースの隙間から肩や背中を見ています。

 男子大学生の息が、りえ子の首筋に当たります。

 男子大学生「今日は、イルカだ。」

 りえ子『えっ? イルカ? パンツまで見えてるの。』

 男子大学生は、首を動かし、態勢を変えて、ワンピースの隙間から、見ています。

 りえ子『どこまで見えてるんだろう?』

 さりげなく、肩を触って、ワンピースを確認します。

 すると、結構、体とワンピースの間に隙間があります。

 ワンピースの上から、背中、腰、お尻を触ると、かなり隙間があります。

 普段は、胸を張るように心がけています。

 それで、体とワンピースの間に、がっつり隙間ができてしまったようです。

 たぶん、男子大学生から見て、パンツ全体が丸見えだったと思います。

 田舎ということもあって、パンツを見られても、そこまで恥ずかしいという気持ちはなく、そのままにしました。

 集中して本を読んだので、15分ぐらいは、パンツを見られたと思います。

女性視点エッチ体験談 性欲女子

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル