0歳主婦
私がレイプされた話ではありません
私が小学生の時見てしまい 今でも脳裏に焼きついて離れない話です
今から30年前のしっかりした記憶で、場所は愛知県知多市の愛知用水水路の
補修工事の建設現場付近での実際見てしまった場面です 私自身この近くの三十ある集落
に住んでいて 結婚して隣市に住んでますが親の実家にはよく顔を出しこの女性とはよく今でも挨拶をします
その場面とは 小学校年の時 私は田植えの終わった田んぼの除草作業を母に連れられて行き 草刈機で草を刈ってる母を近くで見ながら 自分は花なんか摘みながら近くを散策していたとき その場面を見てしまったのです 小さな干害用の池を少し下に下った所で人が数人動いてるのが見えたのです


もっと興奮するレイプ体験談を読む 

自分の背丈ほどある草を分けながらそっと覗き込むと わずかメートルくらいの
農機具小屋があるところで女の人が二人の作業服姿の男性に襲われているではないですか
私には三人が何をしてるのかある程度わかっていたけれど 強姦されてるとは考えも付かなかったです 今では子供一人に部屋があてがわれような時代じゃないから ひとつの部屋で親子が何人も寝てて その中で両親が窮屈そうに声を出さずに夫婦の営みを必死でしてるのを何回か薄目を開けてみたことがありましたからね
女の人の口には何か詰められていたかのようで モンペの上着が首あたりまでまくられ
白い乳房が丸見えでした
一人が女の両腕を押さえつけ もう一人は下半身何もつけていない女の両足を割った状態で腰をグイグイ動かしていました バカャローーー、やめやーー やめてーーと私にははっきりと女の声が飛び込んできたが 離れたところで聞こえる母の草刈機の音が時折
女の声を掻き消しているみたいで はっきり聞き取れなかった
ちょうど三人を側面から見ていたため 必死で腰の動きをしてる男はズボンも下げずファスナーの部分から長く勃起した部分が飛び出て 出し入れを繰り返していましたが
そのうちしばらく動きが止まった後 入れ替わるようにもう一人が タオルで念入りに女の股の部分を拭いた後 ズボンをひざまで下げてから同じように動きをはじめだした
一人が終わり身体を話したときから女の人は抵抗も浴びせる言葉もやめてしまったようで
黙って何か身体を任せているように私には写ってしようがなかった
次の男も興奮してたのかすぐ動きをやめしばらくして女から身体を離した
満足したのでしょう二人の男は足早にその場を離れて行ったが あとに残された女性は放心したようにじっとしていたが すぐ我に戻りすばやく身の回りをつくろうと急いで小屋においてある水で下半身を洗っていた
私は急いで母の元に言ってこの事を話すと今日のことは、誰にも言っちゃあーーだめ 解ったあーー あの人は あんたには無理だけど ああいう女の人なの 村では皆有名なんだから 気にしなくていいよ 言っちゃだめよと釘を刺されてしまい今まで来ています
このごろになって話ができるんですが母の言うには、村でも男好きで評判で たぶん野良仕事中でも近くに作業員がいると知ってて挑発でも以前からしてたんじゃないかって事です
女っけのない男現場では格好の相手ではなかったか、又それで招いて起こった私が見た場面じゃないかって母は言います
それに子供も人いるんだけれど一人くらい種の違う子がいるとの話です
この話レイプの話ではなく強姦されたいと言う女の願望じゃないでしょうか 世の中いろいろですね
ああ そうそうこの中で地名を入れませんでしたが この話は地域の方であれば誰でも知っています たまたま私がその場面を目撃しただけのことで今でも鮮明に覚えています
その人まだ元気でいますよ腰曲がって杖付いてるけどね 挨拶しますよ

女性視点エッチ体験談 性欲女子 

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル