名古屋市南区の名四国道の高架式になってる道路のすぐ脇の
古い借家に住んでますが、この借家二軒で一棟の造りでそれが
敷地内に四棟あり 私が住んでる棟は道路に面していて通過する
トラックのエンジン音が昼夜問わずよく聞こえますが慣れしまって別に
気にはならなくなっています


もっと興奮するレイプ体験談を読む 

たぶんこの出来事は事件だと思いますが
先月の日、つまり月日木の午後時ごろ、
私はその日はパート仕事が休みでテレビのワイド番組を見ていたときに
隣から壁に当たる音やら、何かが散らかる音やら、すこし騒がしい感じを受けて
あまり続くようだったら一言文句なりとも言っていこうと思っていたら
物音はすぐしなくなった 隣は歳後半の子供の居ない夫婦が住んでいて
私の家とは挨拶程度の会話のみで深い付き合いはありませんが
私は旦那さんが居ないはずなのに 夫婦喧嘩するわけでもなく気になってしまい
縁側の隣を隔てている隔壁板越に 悪いとは思いましたがそっと相手の窓ガラス
のなかを覗き込んでみました
そしてビックリ、部屋の中で男女二人がもみ合っているじゃないですか
テーブルの回りに物が散らばってて 男性が女性に馬乗り状態になり取っ組み合いを
してるんです
はじめ旦那さんが仕事休みで家に居て、奥さんに身体を求めて断られ 腹を立てた
旦那さんが暴力でもふるっているのだと思っていました
ところがよく見てみると、私の知ってる旦那さんの顔とちょっと様子が違いなおビックリ
浮気、不倫の四文字が私の頭をよぎったが それでも様子がおかしく 不倫なら暴れる必要などないじゃないですか とっさに暴漢、レイプと襲われてることがわかった
警察に連絡する事自体まったく浮かばず 身体が震えるままにガラス越しのなかの様子に
身体が固まってしまってました
その男は暴れるお奥さんの顔を平手で二度ほど張ってるようでしたが、その後奥さんの抵抗が止むと、男は長めのひも状のもので手を縛り、暴れたら、こうなるぞと言わんばかりに もう一本の紐を輪の形にしながら首を今にも締めんする威嚇の態度を 奥さんにしている様子でした
おとなしく黙ってしまった奥さんのスカートをサッと捲り上げて、履いてるパンツをすばやく剥ぎ取ってしまうと男は奥さん両足の間に割り込み、そのままおもむろにズボンの
中から取り出すと口に手をやりその指を割り込んだ間に差し入れ 後は私たち夫婦がふだんする事と同じことが始まった


女性視点エッチ体験談 性欲女子 


私は、自分自身ほかの素人の男女がセックスする場面を見ることはまずなくて、アダルト画面の作られた表情やパターンは主人と見たことはありますが 現実にその場面が私の前で行われているんです しかも強姦としてよ 警察に連絡しなくてレイプされてる奥さんを面白半分に興味を持ち出し 見入っている自分に軽い恐怖さえ覚えました
相手の事なんか構わず、男は自分の欲求のままの動きをし始めた 奥さんの口には何か詰められいるのが私には見えた、顔はゆがんで恐怖心を覗かせていたが この場が早く終わり何事もなく男が出て行ってくれることを願わざるしかない立場にある女の表情を見ていた
そのうち、男は奥さんの両足を掴み引き寄せ、両ふくろはぎ自分の胸にピタリとあてがうと窓の外を見回すようにしながら動きを早めて、しばらく動きを止めた中に出して 終わったと私は思った 少し間をおき軽く腰を廻す感じで前後させると サッと奥さんから身体を離して近くにあったもので念入りに拭うと 何か一言、二言 言葉をかけて私の視界から見えなくなった おそらく出て行ったんだと思います
すぐその後、奥さんも私の視界から見えなくなりましたが、おそらく男が出て行ったのを確認して身体をきれいにするべく行動をしてるはずです
その日、警察がたずねて来たとかはなく、旦那さんにも内緒で自分の胸にしまうつもりなんでしょう
あくる日、奥さんに玄関先で会いましたがいつもと変わらない表情でしたね
私も、レイプの場面を見て警察に連絡しなくって良かったと、今思っています
それに明日はわが身ですからね、気をつけなくてはいけないんです それを隣での出来事として奥さんが教えてくれたのよネ
ああそうそう、この場面時間にして分くらいでした 年齢は白髪交じりの中年でした 

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル