今年で31歳になった独身です。私はどういうわけだか、昔からレイプや輪姦などにあうことがありました。今まで事件にはしなかったのですが、何か自分の中にまだ何かが残っているのでここで話をさせていただきます。
高校生の頃、駅から自宅までの間、団地があり、そこを抜けていつも帰っていました。その日は高校2年の一学期の期末テスト期間中で、午前中で学校が終わり、いつも通り団地の中を抜けて帰っている時でした。
いきなり後ろから30代の知らない男性に腕を捉まれました。いったい何が起こったのかわからず、声も出せないまま団地の陰に連れていかれました。怖さ半分と何をしたいのだろうという疑問と半分ずつでした。 お嬢様育ちの私にはこれから起こることなど想像もつきませんでした。


もっと興奮するレイプ体験談を読む 

団地の陰に連れて行かれるといきなり押し倒され、スカートをめくられたのです。その時に犯される、と気づきました。
その年の春に初体験が終わり、その彼氏とは別れてしまっていましたが、これからいろいろな経験をするのだろうと言う矢先、いきなりのレイプだったのです。
声は出ませんでしたが、必死に抵抗しよとしたら首を絞められ「殺すぞじっとしてりゃあ殺しはしないから。」と言われ、身体は硬直したままその男性のされるがままになってしまいました。
下着を脱がされ、アソコを舐めてきました。私はどうなるんだろう、と思って涙が出てきそうになっていましたが、気が付けば、気持ち良くなってきて声が出てきていました。元々濡れやすい私は知らない間に相当濡れていたようです。男性は「制服も汚れるだろう」と立たせてくれました。もうこれで帰れると思いきや、壁に手をつかされ、スカートをめくられました。外の時、後ろからモノがズルっと中に入ってきました。今までにない快感を味わいました。その瞬間私はイッてしまって立っているのが精一杯でしたが、太ももには私の汁が伝ってくるのもわかりました。そんな状況で感じてしまっている自分に悔しくなりましたが、それ以上の気持ち良さで、どうでもよくなっていました。
バックの状態のまま上着を脱がされ、スカートをはいた状態で全裸にされました。
気持ちいいのですが、相手に知られたくない。声を出したら近所の人に見つかってしまう。そういう思いで必死に声を殺していました。それから1回イッてしまっていました。何分経ったでしょうか。徐々に腰の動きが激しくなってきたな、と思ったら、中で熱いものが出てくるのがわかりました。初めての快感でもう一度イッてしまいました。
男性は私の中からモノを抜き、手を放した途端、私は雑草の上に横たわってしまいました。すぐに男性はズボンを穿き、立ち去って行きました。
私は頭の中でどうしたらいいのか、何があったのか、どうすればいいのか、横たわったまま考えていました。そして裸だと言うことに気づき、我に返って持っていたティッシュでアソコを拭き、衣服を着て家に帰りました。
親にはバレたくない、という気持ちから、すぐに下着や制服を洗濯機に入れ、部屋着に着替えてから、母親と一緒にお昼ご飯を食べました。
何も言えなさから、産婦人科にも行けず、そのままでしたが、結果、妊娠もせず、病気ももらうこともなく、私が黙っていれば済む話になりました。

女性視点エッチ体験談 性欲女子 

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル