深夜のドライブ中、何度も強引に追い越しては前につけるワゴン車がいました。

運転していた彼がキレて、信号待ちになった時、その車に向かって怒鳴りながら車を降りて歩いて行きました。

すると、そのワゴン車から4人の男が出て、彼とすぐに揉みあいになりました。

性欲ももんが まとめにゅーす速報 
女性視点エッチ体験談 性欲女子 


周囲に他の車はいません。

私は凍りつきました。

その彼は、付き合ってるって言うわけではなかったけど、このまま行けば彼氏になるだろうって人でした。

私は大学を出て、希望していた会社に就職ができて、少し浮かれていたのかもしれません。

同僚のその彼に誘われて、週末のたびに食事に出掛けたりしていたんです。

男たちが彼を連れて、私の乗っていた車に乗り込んできました。

彼は何発か殴られてトランクに入れられ、私は前の座席から後部座席に引っ張り込まれました。

運転席と助手席、私の左右に男が座り、前のワゴン車に続いて車を発進させました。

助手席の男は彼から取り上げた財布のお金を見て、「結構入ってるな」と言い、私の両側の男たちは私の両腕を押さえ、「なかなかの上玉だ」とはしゃいでました。

私はトランクの彼に向かって、「助けて!」と叫んだけど、トランクからは割と近い声で、「やめろ!」と怒鳴る声とドンドンと叩く音がしただけでした。

私は、いやらしいことをされながら車は走りました。

運転していた男が私の両側の男たちに、「焦るなよ」と笑いました。

前のワゴン車が止まり、後の扉が開かれました。

そこは、普段割りとよく通る川原でした。

官能小説ランキング 
エッチな体験談 人妻と少年 


私は降ろされ、ワゴン車の中に入れられてスーツを脱がされました。

後ろの車のヘッドライトで男たちの顔はわかりません。

めちゃくちゃ暴れたけど、とうとう真っ裸にされました。

そして、大の字に押さえられました。

誰かが、「顔を向けろ」と言い、私の顔を押さえました。

光が見えビデオだとわかり、顔を必死に左右に振りました。

私は犯され、必死に堪えました。

「早く早く」とか、ジャンケンをしている声が聞こえていました。

無理にフェラをさせられたり、手で握らせられたりもしました。

私は、この最悪の状況に、必死にやめて欲しいと頼み、泣きました。

でも、気がついたら私は、「ああ、いい!」と声が出てしまっていました。

誰かが、「この女スキモンだな!」と笑い、ハッと我に返り返りましたが、もうあそこがグチュグチュと音を立てていたんです。

そのうちに私はもう、(早く終わればいい)と思っていました。

タバコ臭い舌が口の中を動いてるのを味わっていました。

強引なフェラも、自分から顔を前後させていたり、前に出されると自分から口に入れてたりしていました。

最後の方は、自分から腰を動かすようになりました。

私は、「イクイク!」と言うようになってしまっていて、私をイカせた男は満足そうでした。

イケなかった男は、「もう一回」と言って、また犯してきました。

とりあえず男たちはみんな満足したのか、車を降りて、脱がせた私の下着をヒラヒラさせたりして笑っていました。

私は、お腹や太ももの筋肉が勝手にピクピクしていて、ぼっーっとして、男たちがやってるのを見てるだけでした。

そのうち私はワゴン車から降ろされ、男たちは去って行きました。

私の着ていたスーツや中を抜かれた財布や携帯が水の中に投げ込まれていました。

下着はありませんでした。

とりあえずスーツのジャケットとスカートだけ着けて、彼の入っているトランクを開けました。

彼は青アザの出来た顔で泣いていました。

軽症のようだったけど、「今、足が震えて運転できない」と言うので、しばらく落ち着くのを待ってから家に送ってくれました。

運転しながら彼は、「どうする?」と聞いてきました。

私は答えずにいました。

彼に決めて欲しかったです。

ずっと泣き続けていました。

私は仕事を休み、そのまま退職してしまいました。

彼とはそれっきりです。

少なくとも、新しい携帯を買ってからは連絡ありません。

その後、その男たちには何度か呼び出されて相手をさせられました。

あの時のビデオを見せられたり、SMみたいなこともさせられました。

いつの間にか男たちから連絡が来なくなりましたが、しばらくはビクビクした毎日でした。

今は風俗で仕事をしていて、腕っ節が強い(と自分で言っている)男と同棲しています。

なんとなく安心できるかなっていう生活です。

えっちなドラえもん 
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル