私の妻(彩恵)は強姦されました。

結婚するも不仲な私達は、いつも喧嘩が絶えなかったんです。

そんな時、『彼女(妻)を強姦にあわせ“後ろめたさ”を味わせ、男が優位に立つ』というネットの書き込みを見たのでした。

私は食い入る様に見るも、実際出来る訳がありません。

正直諦めていました。



性欲ももんが まとめにゅーす速報
女性視点エッチ体験談 性欲女子


しかし、そんな願望を叶える出来事が起きたんです。

その日、私達は妻の実家から帰るところでした。

民家も無い峠を走っていると、妻がトイレに行きたいと言うのです。

峠の途中に小さな駐車場とトイレがあるのを思い出し、車を向かわせました。

車を止めると、妻は慌てる様にトイレに向かって行きました。

私は自動販売機でジュースを買い、飲みながら煙草を吸っていると、数人の若者が歩いてきます。

彼らの会話を聞いて驚きました。

「あの女!慌てて入ったから鍵かけ忘れたんだぜ!馬鹿だよな」

「男女共同トイレで鍵も掛けないんじゃ、見てくれって言ってる様なものだよ」

「しかし、穴ユルユルでイマイチだったよ」

「人妻かな!あいつ熟女好きだから何回やるか分かんないよ」


官能小説ランキング
エッチな体験談 人妻と少年


「ホント!あいつ熟女好きだからなぁ!この間も◯◯の母ちゃん犯したんだろ?」

「そうそう!でもさっきの女性は30代だろ」

「しかし犯されているのにいい声出していたなぁ」

「あの女・・警察に行かないよな!」

「大丈夫だろ!あんなに声出して喘いでいたんだし・・・もう少し逝かせてしまえば・・だろ」

彼らの会話を聞いた私は妻の事だと直ぐに分かりました。

既に20分は経ったでしょうか?

私はトイレに妻を迎えに向かったんです。

しかし、妻の姿はありません。

トイレの裏を見ると林の中で、妻が男達に輪姦されていたんです。

「お~い!どこだよ」

私の声に妻は解放され、やがてフラフラしながら戻って来たんですが、「ごめんなさい!ちょっと辺りを散歩していたの?」と言うのです。

明らかに妻の髪は乱れ、息が荒れていたんですが、私は知らないふりをしながら車に戻ったんです。

車を走らせると、妻は窓の外を見たまま何も言いません。

その夜、私が妻の体を求めると、「いいよ」って言うんです。

何ヶ月ぶりの夫婦の営みでした。

妻は今まで以上に興奮している様に感じました。

しかも、それ以来妻の態度が一変!従う様になった気がします。



えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル