私は24歳、彼女(沙季)は21歳です。

日曜、沙季とドライブに行くました。

山の中を走っていると、道下に綺麗な川が流れていたので、行ってみようということになり、車を停め、山を降り川まで行きました。

沙季と靴を脱ぎ、川の中へ入り、遊んでました。

このまま、ここで弁当を食べようと、沙季が言ったので、私が車まで取りに行きました。

車まで行き、弁当を持ち、山を下ろうとした時、「いやー」と声が聞こえ、川の方を見るとオッサンが沙季を引っ張って連れて行こうとしていた。


性欲ももんが まとめにゅーす速報
女性視点エッチ体験談 性欲女子


私は、何が起きたのか判らなかった。

その間に、オッサンは沙季を山の中に連れ込んだ。

私は、弁当を置き、山を下りて行きました。

近付くにつれて、少しずつ声が聞こえ始め、声がする方を見ると、木の間から見えてました。

オッサンはチャックを開け、ペニスを出し、座り込む沙季の口に押し込もうとしてました。

抵抗する沙季の頬を2発叩くと、怯える沙季をよそに、強引に口の中へ入れ、沙季の頭を持ち、腰を振った。

あまりの野生的な行動に、体が震え、動けなかった。

「んぐーうごー」

沙季の苦しそうな声など無視して、腰を打ち付けた。

オッサンは、ペニスを抜くと、沙季は唾液を垂らしながら、吐きそうに苦しんでいた。

そして、休む暇もなく差し込む。

オッサンは、これを数回続けると、やっとペニスを引き抜いた。

沙季は涙を流し、胃液を垂らしながら、四つん這いに崩れた。

オッサンは「彼氏が助けに来ないな」と、少しニヤけた。

オッサンの言う通りだった。

あまりの鬼畜な行動と、沙季の姿を見たら、恐ろしくて動けなかった。

オッサンは沙季の髪を引っ張り、顔を上げさせると、唇に吸い付いた。

「んっ・・んあっ」

沙季の口をこじ開け、口内を舐め回し、唾液を流し込んだ。

野生のような接吻が終わると、沙季を立たせ、木にもたれさせると、Tシャツを捲りあげ、沙季の乳房を舐め始めた。


官能小説ランキング
エッチな体験談 人妻と少年


沙季はフラフラになりながらも手を伸ばし、オッサンを放そうとするが、力が及ばなかった。

オッサンは、散々乳房を犯すと、沙季を後ろ向きに変えると、ミニスカートを捲り、パンティーを一気に下ろした。

沙季は木に手をついた状態なので、抵抗はできない。

「やっ・・いやー」

オッサンは、片手で沙季の腰を押さえると、指に唾液をつけ、少しずつ中に入れていく。

沙季は必死に片手を伸ばし、抵抗をするが、オッサンは容赦なく差し込んだ。

指が少しずつ入って、彼女が犯されているにも関わらず、その光景に私の股間は膨れ上がっていた。

指が根元まで入ると、まるで楽しんでる様に、ゆっくりと出入れを続けた。

「い、いや、たすけ・・・て」

「久しぶりの若い女だ!たっぷり楽しんでやる」

どれくらい経っただろう。

沙季は、もうされるがままだった。

オッサンは、指を抜くと、そのまま舐めた。

「よく指に絡み付きやがる!あまり経験がないな」

そしてオッサンは、沙季のアソコにペニスを宛ると、ゆっくりと入れた。

そして、数回前後させると・・・。

「この女最高だ!絡み付いてくる」

「いやっ、あっ、ちがっ・・」

オッサンは、感触を確かめるように腰を振った。

そして・・・。

「駄目だ!出そう」

「あっ、やめ・・中は・・・」

沙季の腰を自分の方に引き寄せると、そのまま一気に出した。

長い射精だった。

そして、ゆっくり引き抜くと、沙季の中からすごい量の精子が、流れてきた。

オッサンは、また沙季に咥えさせて復活させると、二度目の挿入をし、今度は先程よりも長く沙季を犯し、「兄ちゃん!ずっと見てたんだろ?ごちそうさん」と言い、帰って行った。


えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル