実家へ帰った時、姪っ子の旦那と冗談言ってふざけていたら
畳の上に仰向けに押し倒された。
まさか?… と思っていたら、そのまま乗っ掛かってきて、
「おばさん」って、言いながらシャツの上から乳房を揉み、
パンティーを横に寄せただけで入り込んできた。ビックリしたけど私も嫌いな子じゃないし撥ね退けもせず
抱きしめられたら、いつの間にか抱き返していて
甥が激しく突き始めたら、私も腰を突き上げていた。突然の出来事に全身でときめきを感じ、すぐに頂点に達した。
すると甥も私にしがみついて私の中で何度も絞り出していた。
甥は、射精し終わっても、そのまま暫らく抱き付いていて
しばらくして「ゴメンね」と、強く抱きしめて来た。私は「まさか本当に入って来るとは思わなかったよ」と
甥に抱きついていた手で、背中を軽く叩いたが、
叩いた手は、また甥の背中に抱き付いていった。実家に行くと、いつも冗談を言い合ってる姪の旦那だけど
前から私とエッチしたいと思っていたとは嬉しい。
それに、力ずくで求めてきたのがよかった。
もし言葉で求められたら、きっと断ったでしょう。50代婆々が「レイプされた」・・・「奪われた」 ♪♪♪


性欲女子ニュース
女性視点エッチ体験談 性欲女子

まんざらでもない気分。半月後、私が実家に行ったら、
ちょうど姪は買い物に行ったとの事で
甥が抱きついてきて仰向けに寝かされ、
パンティーを脱がないうちに姪が帰って来た車の音が・・・
もっとゆっくり買い物してくればいいのに・ ・ ・ 1回損した。


官能小説ランキング
エッチな体験談 人妻と少年
えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル