中学3年の時の話。
生意気な女だった優希は、ヤンキー女の香に目をつけられ、体育倉庫で制裁を受けていた。
連れの雄二が香に、「優希の裸を見せてやるから何人か連れてこい」と言われ、その時いたダチ5人を集めて速攻で体育倉庫に向かった。

マジで同級生の優希の裸が見れるのか?
裸って、おっぱいや・・・まさかまんこも!

外人AVしか観ことのなかった俺は、めっちゃ興奮した。
5人ともフル勃起してダッシュで現地へ向かった。


女性視点エッチ画像 性欲女子
女性視点エッチ体験談 性欲女子 

優希は生意気だが成績優秀、スポーツ万能。
顔は、今でいう大島優子みたいな感じで、クラスの男のほとんどが優希をずりネタにしてたのは間違いないだろう。
プールの時も、胸の膨らみやVライン、そしてケツは毎回チェックしてた。
脇も見たが、いつだって完璧な手入れがされていた。
廊下で優希とすれ違った時は、シャンプーの香りにクラクラしたこともあった。
もちろんその時はそのままトイレで抜いたこともある。
ただ優希は、確かに頭がいいのは間違いないが、人を見下す物言いをすることも多いので、ヤンキー女達の反感を買ったのは自業自得だった。

倉庫に着くと、優希は半裸(ブラとパンティのみ)だった。
女の子の下着姿を初めて見た俺は、それだけでもすでに尋常な心境ではいられなかった。

ヤンキー女は3人おり、ボスの香と、手下の美由紀と幸子だ。
優希は、俺達男子5人が入ってきたのに驚き、半裸を両手で隠し、キッと俺達を睨みつけた。

「優希!何隠してんだよ。今から全部こいつらに見せるんだから、面倒なことしてんじゃねーよ!」

手下の美由紀は優希の白い太ももを蹴り飛ばした。
よく見ると優希の顔は少し腫れ、体のあちこちに痣があった。
俺達が来るまでの間、殴る蹴るの暴行を受けたのだろう。
俺達的には、そういうのより、とにかく早く優希の裸が見たいんだが・・・。

俺達の気持ちを察したのか、香は優希のブラを剥ぎ取った。
咄嗟に優希は両手で隠そうとしたが、手下の美由紀と幸子が両腕をしっかりガード。
ぷるんっとDカップはあろうおっぱいが剥き出しになった。
乳首は赤かった。

「見ないで!!」

優希は叫ぶ。
5人のオスの10個の目は優希のおっぱいに釘付けになった。

「よし、お前ら、揉んでいいぞ」

香はタバコを咥え、そう言い放った。
美由紀と幸子もニヤニヤしている。
俺達も顔を見合わせたが、会話もなく、すぐさま優希の周りに群がった。
次々に5人の手が優希の胸を這い回る。

めちゃ柔らかい。
これが女の子のおっぱいかぁ。
電流が体中に走る感じがした。

優希はめっちゃ嫌がってるが、俺達はお構いなしに無我夢中でおっぱいを触りまくった。
乳首も硬くなってる。
香織はニヤニヤしながら、「吸ってもいいぞ」と言った。
俺は躊躇したが、雄二が左の乳房、明が右の乳房に貪りついた。
出遅れた俺は、耐え切れなくなって優希の唇にむしゃぶりついた。
口をギュッと閉めて抵抗されたが、お構いなく顔中を舐め回してやった。
目もギュッと閉じているが、やはり優希は可愛い。
香達の視線も気になったが、こんな美味しいチャンスを逃すわけにはいかない。

「あっはっはは!いいぞいいぞ、顔も胸ももっと舐めてやれ!」

香は勝ち誇った女帝のように、俺達の行為を見下すように眺めている。
冷静に考えれば腹立だしいが、優希への欲情が抑えきれずそれどころではなかった。
5分くらいそれが続いたか。
すると香の合図で俺達は1メートルほど下がらされた。

「優希、お前もオナニーはしてるんだろ?」

香は誰にも知られたくないであろう質問を簡単にぶつけた。
俺もそれは知りたい!
めっちゃ知りたい!
しかし、よくある質問の如く、「そんな事はしたことがない」と、答える。
香はニヤニヤしながら、タバコを優希の乳房に近づける。


官能小説ランキング
エロ体験告白 性獣熟女 

「嘘つくと、このまま乳首を焼くぞ」

「いやっぁああ、そんな!!」と怯える優希。

「本当は毎日オナってるんだろ?」

美由紀が馬鹿にしたように問いかけた。
幸子もニヤついてる。

「・・・ほんとにたまに・・・です・・・」

消え入りそうな声で優希が答えた。

(まじかぁぁぁ!生意気だけど、めっちゃ可愛い優希もオナニーしてるんか!!)

きっと5人ともそう思っただろう。
あの清楚なイメージの優希が、家では自分で自分の身体を慰めてるのか・・・信じられない。

香はタバコの火を反対の乳首に近づけて、「本当はしょっちゅうだろうが!正直に言わないと黒い乳首にしてやるぞ!」と、語気を強めて怒鳴った。
優希は涙をいっぱい浮かべながら、「・・・はい・・・よくしてます・・・」と答えた。
美由紀と幸子は大爆笑。

「やっぱしてんじゃん!大人しい顔して、やる事はやってんなぁ!」

「じゃここでやってみろ」

香は期待通りの命令をしてくれた。
でも、この会話的には、香も美由紀も幸子もしてるんだろうな・・・。
それはそれで、いずれオナネタにさせてもらおう。

優希もずいぶん躊躇っていたが、タバコの火を引っ込めてもらえないことを恐れてか、震える右手をパンティの中に忍ばせてゆっくりと指を動かし始めた。

中学3年生の女の子のオナニー。
初めて見た。
やらされてるとはいえ、めっちゃ見入った。

しかい当然だが、この状況でイケるわけもない。
全員でその光景を見ていたが、香は飽きてきたのか、「もういいわ。パンツ脱がしてやれ」と、美由紀と幸子に指示をした。

(おおおおおお!)

俺達の心は躍った!
ついについについについに!!
でも、これには優希も相当嫌がった。
たぶん処女だろうし、目の前に男子が5人もいて性器を晒されるなんて普通じゃない。
優希は叫びまくる。

「やめて!ほんと!それだけは絶対いやぁあぁぁ!!」

しかし抵抗の甲斐もなくパンティは下ろされ、優希のマン毛が露わになった。
俺のより全然濃い陰毛に驚いた。
優希は小顔で、可愛い顔してるのに、マン毛は濃いんだ・・・。

幸子が誇らしげに、「優希ぃ、去年の合宿でお前のマン毛はボーボーだって知ってたけど、男どもにお披露目できてよかったなぁ」と嘲笑っていた。

美由紀も同調して、「すげーボーボーじゃん!こいつ恥ずかしくねえの?きゃははは」と、優希を見下した。

優希は動くこともできず、「言わないで・・・そんな風に言わないで・・・」と小声で呟いた。

「優希ぃ、すげーマン毛だなぁ!よくそんな恥ずかしい剛毛を晒せられるよなぁ!ツンデレな雰囲気出しといて、それはねえなぁ。あははは!」

香はそう言い、さらに残酷な指示を出した。

「美由紀!幸子!こいつのこの世で一番見られたくないところをしっかり晒してやりな!!」

思わず唾を飲み込んだ。

(いよいよ・・・優希の秘部が見れる)

「いやだああああ、こんなの絶対いやいやいや!待って、ちょっと待って!ひどいひどい!やめてやめてぇぇぇえええ!」

優希はもうパニックだった。
しかし幸子と美由紀が後ろから両足を抱え上げる。
初めて女性器を見る俺達には、あまりにも刺激の強すぎるであろう、まんぐり返しポーズになった。
優希の全てが露わになった。
幸子が追い打ちをかけるように、「何こいつ、ボーボーすぎ!お尻の穴にまで生えてるじゃん!同じ女子としてありえね~」と、優希のお尻を軽く平手打ちした。
美由紀も調子に乗って・・・。

「まじで~すげ~~!優希~、お前ここまで晒して明日からどうするんだよ!本当にエロい女だなぁ!そんなに見て欲しかったんか!!ケツ毛を!おら~、クリもしっかり見せてやれよ~、こっちもすげ~ぞ~!」

優希は泣きじゃくりながら藻掻いている。

もはや全員が優希の性器に釘付けだった。
こんな衝撃は生まれて初めてだ。
陰毛は、やはり中学生にしては濃いんだと思う。
本当にケツの穴の横まで広がっていた。
何より、クリがデカい。
ビラビラは小さい感じだった。
そして膣から白い液体が出ている。

(感じてるんだ・・・)

ケツの穴は、皺までしっかり見える。
もう男どもは必死。
毛根の1本も見落とすまいと目に焼き付ける。

(これが優希のおまんこかぁ、すげ~)

5人の男たちは、血走った目で優希のおまんこを見た。
香は俺達の様子を見ながらニヤニヤと嬉しそうだ。
ムカつく女が男どもの餌食になっていることが快感なのだろう。

「さーて、メインイベントだ!お前ら、このボーボーでデカクリ女を、もっと近くで見てやれ!交代で臭いも嗅いでやれ!でも、まだ触るんじゃねーぞ」

香の言葉とともに俺達は優希のおまんこの前に駆け寄った。
5人の顔が優希のおまんこに近づく。
ムワッとした汗と、小便の臭いが混ざったような臭いがした。
これが優希の誰にも嗅がれたくないであろう臭いか。
放課後なので、当然お風呂も入っていない。
トイレにも行っただろうし、何より今日は蒸し暑い。
さらに体育倉庫の中で暴れまくって相当汗もかいたであろう。

そんな中で優希は、男どもに性器の臭いを嗅がれたのだ。
恥ずかしいなんてものではないだろう。
しかし俺達には、それが更なる興奮を呼ぶ。

「見ないで・・・見ないで・・・あぁぁぁ臭いなんて嗅がないでぇ・・・お願いします・・・許してください・・・」

ボロボロと涙を流し、懇願している優希。
ちょっと可哀そうにも思えたが・・・。

(ごめん、優希、しっかり見たし嗅いじゃった。止められないよ。ブスなら気持ち悪くてできないけど、お前が可愛いからいけないんだぞ)

香は、「臭そーなまんこだなぁ優希ぃ!もっとしっかり嗅いでもらえよ!」とさらに煽る。
幸子は、さらに見やすいようお尻を両手で掴み、「大サービスだよー」と、全てがよく見えるよう、これでもかというくらい開いた。

「いやあああああああああああああああぁ!見ないで!開かないで!!!」

優希が絶叫する。
幸子のおかげでさらに秘部が広がった。
ケツの穴の内部も見える。
膣もぱっくりと開いた。
処女膜らしきものも見える。
何もかもが凄すぎる。
ビッシリと生え揃った陰毛の中に、これだけの恥ずかしいパーツが広がっているとは・・・。
数時間前までの優希の印象が全て弾け飛んでしまった。
これを見てしまっては、優等生、美少女、無垢、清潔、清楚・・・、言い尽くせないほどの賛辞が全て消し飛ぶ。

「ウケる格好だな優希!ケツの穴の臭いも嗅いでもらえよ!」

香が明(男)に目配せをした。
興奮状態MAXになった明は、香の指示を受け入れ、優希のケツに顔を埋め臭いを嗅いだ。

「ちょっと糞の臭いがするぞ!お前、糞した後、ちゃんと拭いたか?」

いつもより随分テンションの高いおちょろけを言い放った。
香達は腹を抱えて大爆笑。

「マジで?俺も嗅いでみるわ!」

交代で5人の男が優希の肛門に鼻をくっつけ、嗅ぎまくった。
普通の心理ならこんな事しないのだが、もう5人ともタガの外れた野獣になっていた。
こんな可愛い女の子の汚れた肛門の匂いを嗅ぐなんて・・・。
チンポが破裂しそうなくらい勃起した。
優希は顔を真っ赤にして下を向いている。
耳まで赤くしていた。
そりゃぁ、恥ずかしいだろうなぁ。

さらに5人目の雄二は、しっかり匂いを嗅いだ後、ペロッと肛門を舐め上げて舌先でツンツンした。
優希は、「ひぃやぁっ!」と声を上げ、あまりの驚きにびくっとケツが一瞬跳ね上がった。
香達は、さらに大爆笑。
香は加えてとんでもないことを言った。

「優希ぃ、さっきいっぱい水飲ませてやったから、そろそろおしっこしたくなってきただろ?」

優希もギョッとする。
まさか、ここで優希におしっこをさせようと言うのか。
女同士のイジメって・・・凄すぎる。
徹底的に優希のプライドをへし折って、服従させる気なのだ。

「今、ここでおしっこして見せたら、許してやってもいいぞ。断ればレイプだ!」

香は冷酷な目つきで優希に言い放った。
怯える優希は涙をぼろぼろ流しながらも、おしっこをすることを決意したようだ。

まじか・・・あの生意気だけど成績優秀でスポーツ万能な優希が、俺達の前でおしっこをするのか。
女の子のおしっこ。
中学3年生のクラスで1番可愛い女の子が、俺達の前でおしっこをする。
もう俺達は興奮を抑えきれなかった。
早く見たい。
優希は随分時間をかけたが、ついにちょろちょろっと尿が出始めた。

「出・・・る・・・」

呟いた瞬間、プッシャアアアアアと大量のおしっこが迸った。
おまんことクリの間の穴が開いてる。
あんなところからおしっこが出るんだ・・・。
同級生の可愛い女の子のおしっこだ・・・すげぇすげぇ。

「あっはっは!ほんとにしてやんの!バカじゃねえの!!この小便女!!」

香は優希を罵る。

「もう終わりでしょ!離してよ!」

優希は叫んだ。

「お前ムカつくねん、なわけねぇじゃん。お前ら、こいつのまんこ、舐めていいぞ」

香は低い声で、俺達にそう言った。

「いや!うそでしょ!やめて、しないで!!」

優希は恐怖に怯えた目で狼狽えていた。
俺はもはや動物になっていた。
真っ先に優希のおまんこに飛びついた。
無我夢中でむしゃぶりついた。
優希は抵抗しようとするが、どうにも出来ない。
優希のおしっこの味もすべてがエロく感じ、舐めまくった。
濃い目のマン毛にもしゃぶりついた。
優希のマン毛、優希のおまんこ、でかいクリトリス、おしっこの穴・・・。
もう狂ったようにしゃぶってやった。
クラス一可愛い同級生のおまんこ、見れるだけでも最高なのに、こんなに舐めまくったり、臭い嗅いだり出来るなんて、もう嬉しさと感動と、興奮と、優越感と、何もかもがごちゃ混ぜになっていた。

優希は目を瞑って耐えている様子だ。
それとも気持ちがいいのか、童貞の俺には分からない。

「よーしお前ら、優希とやりたいんだろ?ちんぽ入れちまえ!」

ついにその時が来た。
もう5人は一斉にズボンを下ろして我先に群がった。
さっきのクンニでべちょべちょにしておいたので滑りはいいはず。

「いやあああやめてぇぇぇ!!」

優希は抵抗するが、これだけの人数に押さえられては何ともならない。
俺達も止まれない。
一番乗りは雄二、優希の処女膜を破る男となった。
雄二はあっという間に優希の中で果てた。
俺も続く。
にゅるっと入った。

(めっちゃ気持ちいい・・・)

ぬるぬるしてるのに、温かく包み込まれる感じ。
でもヒダヒダが、しっかり吸い付いてくる。
ちんぽが溶けてなくなるんじゃないかと思うくらいヤバい。

(女ってこんなに・・・いいんだ・・・気持ちがいい)

思考が止まる。
皆に見られてる興奮と、クラスで1番可愛い優希のおまんこを舐めまくった余韻と、初めての挿入とで、もはや自分が自分ではなかった。
何十秒腰を振っていたのかわからないが、精子が搾り取られる感覚に襲われ、あっという間に射精感が来た。
突然全てが真っ白になり、自分の意思に関係なく腰が叩きつけるように動いた。
こんなの初めてだ。
考えられないほどの精子が優希の中に注ぎ込まれた。
どくどくっと、尋常じゃない、今までのオナニーでは全く体験したことのないレベルの快感だった。

俺が終わると、すぐさま次の男がぶちこんだ。
射精した俺は少し冷静になっていた。
優希の裸体を見て楽しんでもいたが、香、幸子、美由紀の様子も気になった。
優希の裸体を弄ってる時はヘラヘラしてたのに、挿入になると様子が明らかに変わった。
彼女らも、ヤンキーとはいえ中学3年生の女の子。
同い年のチンポ、それも5人いっぺんに見るのは初めてだろうし、挿入シーンだってそんなに見たことはないはず。
恐らく俺が優希のおまんこにしゃぶりついた辺りから変化があったはず。
俺の視線も気がつかないほど、明のチンポに目線が釘付けになっていた。
まぁ、俺のもしっかり見られたんだろうけど・・・。

こいつらも今、俺達のチンポ見て、びしょびしょなんだろうなぁ。
皆の手前、絶対しないだろうけど、きっと触りたいんだろうな。
香、幸子、美由紀もそこそこ可愛い顔してるからなぁ。
こいつらのおまんこも舐めまくってやりたいなぁ。
帰ったら、まんこ弄ってオナるんだろうなぁ・・・。

なんてことを思ったら、少し笑えてきた。
まぁ、それはそれで俺のオカズにもさせてもらうよ。
まぁ、今日は優希をしっかり楽しませてもらうけどね。

そして1人2回、合計10回のチンポが優希にぶちこまれて、それは終わった。
その後、優希は香達の奴隷となった。
えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル