私が一人エッチを覚えたのは高校2年の時だったんだけど、友達が誰もその話題に触れなくて、ちょっとモヤモヤしてた時期があった。
家が厳しいせいか、なかなか彼氏ができないのも手伝って、行為はだんだんとエスカレートしていったの。
ピンクローターをつけて犬の散歩に出かけて、帰ってからバイブでイク。
そういうドキドキ感にたまらなく感じちゃってた。

ある日の深夜、家族が寝静まってから近所の小学校に出かけた。
実家は田舎だったし、夜は本当に誰もいなかった。
全裸で鉄棒に跨がったり、上り棒で股間をいじめながら下りてきたりしてた。
今はなんだかわからないけど、あの当時は凄く興奮してた。
大体ラストは丸太で作ったジャングルジムみたいな遊具の中に隠れて一人エッチしてイッて終わってた。


女性視点エッチ画像 性欲女子
女性視点エッチ体験談 性欲女子 

だけどその日は、気付いたら洋服がない。
確かに自転車のかごの中に入れたのに。

(誰かが持って行った?)

そう思ったら急に怖くなった。
かごには下着も入ってたから、その誰かは私が裸なのに気づいてるはず。

(ひょっとして隠れてこっちを見てる?)

そう思ったら茂みから話し声がした。

「スゲー、本当に裸だぜ!」
「変態か?」

明らかにこっちを見てる。
しかも何人かいる。
もう私は泣きそうだった。

(なんでこんなことしたんだろう・・・)

向こうからちょっとずつ歩いてくるのがわかった。
相手はたぶん年下、中学生くらいの2人だった。

「これ、おねーさんのでしょ。何してたの?」
「・・・」

「なんで裸で歩いてんの?」
「お願い、お洋服返して・・・」

もう恥ずかしさで泣いてて、2人もちょっと困ってた。
結局、「2人の言うことを聞いたら返す」という約束をして、しばらく言いなりになってた。
最初は明るい所で、オムツ替えてる赤ちゃんみたいな格好させられて、アソコをしげしげと観察された。

官能小説ランキング
エロ体験告白 性獣熟女 

「すげ、こんな風になってんだ」
「あのマークって毛だったんだ」

2人は好き勝手にしゃべってた。

(さっきしたばかりだから、絶対ベトベトだ・・・)

しかも2人に見られて、ちょっと溢れてる感じがした。
急に片方が触ってきて、思わず「あんっ」って言ったのが2人に火をつけちゃった。

1人は急に体を起こして後ろに回って胸を揉みだして、もう1人はアソコを弄り出した。
ま、最初の内は、「柔らけー!」とか「超ベトベトしてんだけど!」なんて面白がってたんだけど、感じてる私の声が、「あっあっ」「だめ、だめ」とかってだんだんいやらしくなってくると、2人は行為に夢中になった。
もう体中舐め回されて、頭が何も考えられなくなってた。

「お姉さん、入れていい?」

「だめ」って言おうとしたけど息が切れて声が出なくて、地面で少し後ずさるだけだった。

「あれ、入んない」

1人が強引に入れてこようとしたけど、場所がわからないようだった。
でも、もう1人に後ろから押さえられて、ついに入れられてしまった。

彼のは家で使ってるバイブより小さかったからすんなり入ったけど、気持ち良さはバイブの比じゃなかった。
もう何も考えられなくなって、自分も腰を動かして、突かれて気持ちいい場所に誘導したりしてた。
でも彼はあっという間にイッてしまった。
すぐに、もう1人と交代。
何回も何回も交代して、最後には体中精液まみれでベトベトになってた。
気が付いたらカメラで私を写してた。

「警察に言ったらばら撒くからな!」

そう言って2人は去って行った。
そのあと私は、水飲み場で体を何回も洗ってるうちに、泣いてしまった。
しばらくは怖くて家から外に出られなかった。


えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル