俺の仕事はマッサージ師だ。
クイックマッサージ店に勤め、全身マッサージを担当している。

ある日、女性のお客さんが来た。
20代前半の俺好みの女性だった。
冷静さを保ち、いつものように接客した。


女性視点エッチ画像 性欲女子
女性視点エッチ体験談 性欲女子 

俺「マッサージは初めてですか?」

女性「初めてです」

俺「今日は、どうされましたか?」

女性「会社でパソコンを打つ仕事をしていて、背中が痛くて」

俺「ああ、凝っているんですね。よくお客様みたいな女性が全身マッサージに来られますよ」

そこで俺は悪いことを考えてしまった。

俺「じゃあ下着も全て外して、そのベッドの上へうつ伏せになってください」

そして俺は一度外へ出た。
(ばれたらどうしよう)という不安と弱気を振り払うためだ。

部屋へ戻ると、彼女はなにも不審がらず、言われたままの姿でいた。

俺「じゃあ始めます」

背中から始め、徐々に下へとマッサージを行った。
すると、尻の間から彼女のアソコが見えてしまった。
少し毛は多いが、ピンクで綺麗なアソコだった。
お尻、太もも辺りを重点にマッサージした。
時には偶然を装ってアソコに指を軽く当てた。
その時、微かに彼女がぴくりとするのがわかった。


官能小説ランキング
エロ体験告白 性獣熟女 

俺「今度は仰向けになってください」

Bカップぐらいの可愛らしい胸が見えた。
俺は思わず嘘をついた。

俺「凝りが激しい場合は、この胸の辺りから来るんですよ」

そう言いながら彼女の胸を激しく揉んだ。
乳首はかなり反応し、硬くなっていた。
彼女は少し顔を赤らめ、手は口元にあった。

(感じてる。声が出るのを隠してるんだ)

俺「大丈夫ですよ。恥ずかしいかもしれませんが、凝りが解れてきている証拠ですから」

そう言って今度は彼女の足を開き、アソコを直接触った。
彼女が、「あ!」と声を漏らした。

俺「大丈夫ですよ。皆さん同じですから。我慢しなくていいですから」

彼女「そうなんですか。ちょっと気持ちが変になってきて」

俺「皆さん、声も出しますしね。慣れてますので心配ないですよ」

そう言うと彼女の息が荒くなり、「あ~ん、あ~ん」と声の混じった吐息が聞こえてきた。

俺「指を少し入れますね」

彼女のアソコへ指を入れた。
とても熱く、ヌルヌルしていた。
もう我慢ができず、彼女の手を俺のアソコへ誘導した。
少し抵抗はあったが、すぐにしっかりと彼女は俺のアソコを握った。

その後も俺は彼女のアソコを攻め続けた。
そして、とうとう我慢できず自分のアソコを出した。

彼女「何?何するんですか?」

その言葉を無視して、俺は彼女のアソコへ入れた。
かなり濡れていたせいか、すぐに入った。
彼女は少し驚いた表情をしたが、入れた途端、声が出ないように我慢している顔に変わった。
そして数分後、彼女のお腹の上へ出した。
彼女は薄っすら涙を浮かべていた。

俺「本日はこれで終わりです。これでホルモンの分泌もよくなって、凝りが解れたはずですよ」

彼女は何も言わずお腹の上の精子を拭き、急いで着替え帰っていった。


えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル