私は某地方銀行に勤めていますが、以前数百万円を横領したOLがいました。

支店長判断でマスコミには報道されませんでしたが、懲戒免職になるまでの1年間、横領事件の犯人として罪を償うまで、銀行の奴隷となっていました。

横領犯である真紀は、勤続5年。

25歳で、窓口での接客を主な業務としており、



女性視点エッチ画像 性欲女子
女性視点エッチ体験談 性欲女子


「なんでこの子が?」

というくらい、美人で評判のいい子で、最初に行内で発覚した時には、全員驚愕したものです。

ある日の夜、支店長室に真紀を呼び出しました。

その日の支店長室で、支店長、次長である私、直属の上司である課長、3人を前に真紀は必死に言い訳を重ねました。

しかし、疑問を1つ1つ質問していくうちに、真紀は答えに窮し、結局は泣きながら許しを乞うたのです。

ハンカチを目に押し当て泣きながら、動揺のあまり自分の姿に気も回らなかったのでしょうか、スカートが太股まで捲れ上がり、真紀の細い脚が艶かしく震えていました。

それまで、真紀の前に座っていた支店長が真紀の横に座ると、

「真紀、そんなに心配しなくていい。君は今まで一生懸命働いてくれたのは皆良く知っている。処分は軽くするから心配するな」

「はい、ありがとうございます。何でもしますから、許してください」

「分かった。何でもするんだな」というと支店長の手が真紀の太股を撫でたのです。

私達は支店長の手を凝視しました。




紺のスカートの中に吸い込まれていく。

「何をするんですか!!」

真紀は支店長を睨み、抵抗した。

「今、何でもするって言ったよな。横領事件として警察に届けるべきところを穏便に済まそうっていってやっているんだ。我慢しろ」

「できません」

「君ら、見てないで彼女の手を押さえろ」

私と課長が真紀の背後から手を掴んだ。

真紀の顔が恐怖に怯えた表情に変わる。

支店長が真紀のブラウスに手を掛けた。

真紀は声を出しかけたが、固まったように声が出ないようだった。

レイプされる恐怖と横領が発覚した事実で極度の興奮状態だったのだろう。

3人の男に手脚を掴まれ、ブラウスをボタンが1つ1つ外される様は今思い出しても興奮する。

やがて白いブラジャーと真紀の胸の膨らみがはっきりと見えてきた。

私達は暗黙の了解というヤツで、真紀のブラウスの前がはだけると同時に3人で真紀のブラウスを剥ぎ取った。


官能小説ランキング
エロ体験告白 性獣熟女


無言のうちに支店長の両手が真紀の両胸を揉みしだく。

真紀の胸が、何か別の生き物のように艶かしく、変形していく。

真紀の顔が諦めと覚悟を決めたような表情に変化していく。

ブラジャーのカップが捲られ、ピンク色した乳首が見える。

この頃から私達は野獣のような顔で真紀を見つめていただろう。

支店長の口が真紀の乳首を含んだ。

それと同時に私達は真紀のスカートを剥ぎ取り、ストッキングを脱がした。

シューツを取ると、私達は若い同僚のOLの股間を貪るように弄り回した。

薄い陰毛を掻き分け、クリを捜し当て、既に濡れたマンコに指を入れた。

挿入は支店長からだった。

真紀の長い両脚を広げ、太股を掴みながら出し入れされる様子を確認するようにして前後に突いた。

腹の出た3人の中年男と若い美人のセックスは、見ているだけで異常に興奮した。

くびれたウエストにツンと上を向く胸を弄びながら、いやらしい中年男が真紀の身体に腰を打ち付けている。

次第に真紀の口から喜びの声が漏れてくる。

「どうだ。気持ちいいだろ」

「や…め…て………」

支店一の美人を、思いがけず陵辱できる喜びに満ち溢れてきた。

支店長の次は私だった。

真紀の唇に自分の唇を押し当てる。

真紀の舌に絡み付く。

既に全裸になっている真紀の全身を嘗め回す。

同僚とのセックスがこんなに興奮するものかと思い知る。

真紀の中にハメると、既に十分に濡れていた。

それでも若いマンコは締まりが良い。

生暖かい真紀の子宮を激しく突いた。

その度に真紀の口から声が漏れる。

熱い息が私の顔に吹きかかる。

全てを忘れるくらいに興奮し、若い女の身体に溺れた。

最終的に、横領事件は穏便に済ませ、3人が弁済した。

その代わり、真紀には身体で責任を取らせた。

週2回ずつ、私達は交代で真紀の身体を玩具にした。

丸いおっぱいは揉み応えがたっぷりしてたし、細く長い脚は私達の世代の女性には絶対にいない。

若い美人の口にイチモツを咥えさせるのは想像しただけで今でも勃起してしまう……。



えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル