私はオッサンサラリーマンです。

数ヶ月前の事です。

私は仕事が終わり後輩と飲みに行きました。

その帰り、自宅付近の公園で泣いている(というより大号泣)している年若いOL風の女性が1人ポツンとベンチにいました。


女性視点エッチ画像 性欲女子
女性視点エッチ体験談 性欲女子


声を掛けようと近づきました、その時です。

鼻に来る悪臭、精液の独特な匂いがモワンと来ました。

私はそこで分かりました、犯されたんだ、と。

そして声を掛けました。

私「大丈夫………ですか……?」

女「すみません、すみません!もう犯さないでくださいぃ!」

と光の速度の如く命乞いをしてきたのだ。

私は

「大丈夫です!落ち着いて!」




と数分に渡る説得をした。

次第に女性も落ち着いてきて、事情を話してきた。

女性の話によると、やはり集団レイプにあったそうだった。

女性はかなりの精液をかけられたようで、服装を見れば誰でも分かった。

そこで私が提案した。

「ウチ来ます?シャワー貸しますけど……」

女性は少々悩んでいたが来る事になった。

そして女性を連れ、そそくさとシャワーに入れた。

私はその間精液まみれの衣服と格闘(汚れ落とし)していた。

洗濯は終わったのだが女性の衣服の問題が出てきた。

なので女性にはしばらく私のお下がりを着てもらう事にした。

数分後、女性はダボダボの服を着て上がってきた。

だが下着はないのでノーブラノーパンだ。

そう思いながら私は口火を切った。

私はそこで数十分に及ぶ軽い自己紹介、事情聴取した。

女性は鈴木と名乗った。

それで20代後半。

容姿は良く、誰からも分かるように美人。

その後就寝へと至った。

翌朝鈴木さんは居なくなっていたが、ベットは整えられ、テーブルにはお礼の置き手紙と連絡先のメモがあった。

なんともロマンチックである。

その後、私は鈴木さんにアプローチをかけ、見事に同棲にまで至った。

そして私と鈴木さんは今は結婚を考えているつもりです。

プロポーズがんばります。


官能小説ランキング
エロ体験告白 性獣熟女
えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル