私はごく普通の女でした。
でもあの日以来、私は彼に犯され続けてます。

あれは今から1年前の冬の日でした。
仕事から帰る途中で、私は車を運転していました。
すると曲がり角から自転車が走ってきて、車とぶつかってしまいました。
幸いにも2人とも怪我などはありませんでした。
しかしやはり、私はパニックになってました。
私は自転車に乗っていた男の子に話しかけました。


女性視点エッチ画像 性欲女子
女性視点エッチ体験談 性欲女子 

その男の子に私は犯され続けています。
男の子の名前は渉。
芸能人に例えると瀬戸康史に似ています。
彼は近所の高校生でした。

その時は夜の7時頃だったので人通りはなく、私たち2人きりでした。
私はパニックになりながらも彼に謝りまくっていましたが、急に彼がこう言いました。

「とりあえずここじゃマズイから・・・」

すぐ近くの私の自宅に彼を連れて行きました。
車を停めて家に彼を入れました。
すると突然、彼が後ろから襲いかかってきました。
突然のことで動揺してしまい、気がつくと口にテープ、手と足にもテープで固定されて全く動けないようになってました。
私は怯えながら彼を見ていました。
彼と目が合うと、いきなり私のお腹を蹴りました。
悶絶していると、固定している足を引っ張られ、リビングに連れて行かれました。
そして無理やりズボンを脱がされて、お尻から入れられました。

私の旦那は単身赴任で海外にいました。
だから私はセックスは全くしていませんでした。
泣きながら、でも恐らく私は喘いでいました。
彼が口のテープをとり、キスをしてきました。
彼のチンポをしゃぶらされました。
何度も吐き出すと彼にビンタされたので我慢しました。

上の服を脱がされて私は全裸にされました。
すると、「寝室はどこだ?」と彼に言われました。
私は怯えながら寝室に向かいました。

「ここです」

ドアの前に私は止まりました。
彼がドアを開けようとした隙きに、私はすぐにキッチンまで走って包丁を取ろうとしましたが、彼に掴まって顔を殴られました。
寝室に連れて行かれると、また顔を殴られて、「ふざけんな!俺に逆らったら次は殺す」と怒鳴られました。

その後、私は4時間ぐらい犯され続けました。

「中には出さないで」と言ったのにも関わらず、彼は満面の笑みで、「俺の子供を産め!」と言って中に出しました。

犯されている最中に写真や動画も撮られていたようで、「今度また来るから」と言って彼は家を出て行きました。
私は放心状態で泣いてました。


官能小説ランキング
エロ体験告白 性獣熟女 

次の日、私は仕事を休み、ずっとショックで泣いてました。
する4時くらいにチャイムが鳴り、確認する彼が立ってました。
怖くてドアを開けずに、(早く帰って)と祈っていると、玄関先で彼が私のレイプ動画を大音量で流しだしました。
私は恥ずかしくなりドアを開けました。

「お願いだから何もしないで。写真も動画も消して」

彼が、「うるさい」と言いました。
思わず私は彼の顔を平手でぶちました。
すぐに彼は反撃してきました。
私の顔に何回もビンタをしてきました。

「もうやめて、もう何もしないから」

彼はビンタをやめて私の顔にオシッコをかけました。
私は号泣しました。
彼に、「お風呂一緒に入ろう」と言われ、一緒にお風呂に入りました。

「ソープみたいなことをしろ」

仕方なく、泡立てた石鹸を手につけてチンポをしごきました。
お風呂を後にすると、彼は携帯で動画を撮り始めました。
私は抵抗できずに彼の言う通りにしました。

彼に「座れ」と言われ、座りました。
フェラをさせられました。
なぜか、彼のチンポがとても美味しく感じました。
貪るように激しくフェラをしていると、「フェラはもういい、次はバックでヤらせろ!」と言われ、立ちバックの恰好で入れられました。
激しく突かれて、私は気持ちよくて、思わず女の声をあげてしまいました。
すぐに彼の精子をお腹に中に感じました。

「おばさんを初めて見たときからこうしてやりたかったんだ」

そう彼に言われました。
彼は何日も計画を練って、事故を偽装して私をレイプしたのです。

「もし警察に言ったらレイプ動画をネットに流す」と脅されました。

だから私は誰にも言えず、あれから1年近くも彼に犯され続けてます。
今では彼の性奴隷と化しています。
毎回中出しなので、いつか妊娠してしまうと思います。
でも、彼のような美少年の子供を宿せるのなら・・・。

今日も旦那に内緒で渉君と激しいセックスをしました。
これからも彼の性奴隷として生きていきます。



えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル