俺は高校3年生で母との二人暮らし。 親子二人でつつましく暮らしていたが、俺の友人である恒彦が家に遊びに来たことですべてが終わってしまう。 恒彦は怪しげな通販で手に入れた媚薬と言っていた。それを美しい母に使ってしまっていたのだ――

俺が買い物から家に戻ると、リビングから女の喘ぎ声が聞こえた。 まさか、と思いリビングをこっそり覗く。 そこでは母と恒彦が濃密に絡み合っていた。 ぐちゅ!ぐちゅ!ぐちゅ! いやらしい音を立てながら、母の秘肉を出入りする恒彦のペニス。 俺はその光景に釘付けになった。 「あっ、あふぅ、んんっ………??」 母から、上擦った声が漏れる。秘肉の隙間から、ぬらぬらとした愛液が溢れ出していた。 今までに見たことのない母の姿。母は間違いなく、友人の恒彦に欲情していた。 (なんで……母さん。嫌がるそぶりもなく!) 驚いたことに、母は自ら腰を振っていた。 まるで愛おしいの恋人を抱きしめるように、恒彦の肩に抱きついている。 「んああ!んひぃ?おばさんのオマンコ、気持ちいい?」 「気持ちいいよ、おばさん。まさか媚薬でこんな姿になるなんて、おばさんも変態だなあ」 「アアッ、変態なおばさんでごめんなさいぃ?ア、だめぇ、激しすぎる??」 (媚薬……?) 俺は首をかしげた。 たしか恒彦が数日前、中学校で媚薬が手に入ったとか騒いでいた気がする。 あいつ、まさか本当に……! 「ふうん、この穴から隆志が出てきたんだ」 恒彦が自らのペニスを飲み込んでいる肉壺を、興味深げに見つめる。 「もうっ、隆志は関係ないでしょ?今の私は、あなたの性奴隷よ??」 「ホントに?」 恒彦はいたずらな笑みを浮かべて、肉棒を膣口から引き抜いた。 母の顔が、哀願するように歪む。 「そんなっ、いじわるぅ?私はっ…あなたの性奴隷です。 だから、おばさんの肉壺を思う存分使ってください。 いやらしい汁でだらだらな私の穴を、早くあなたのペニスで塞いでぇぇぇぇええ???」 「うん、分かったよ。おばさん、おもしろいね」 再び、ピストン運動が再開される。 猛烈な肉棒の快感に、 「アアっ、いい?しゅごぉい……??」 母の口から唾液が垂れ流しになる。快感に母は何度も嬌声を上げた。 「すごいな……媚薬の効果。おばさん、そろそろ中に出すよ」 「ああぁッ、え……? だ、駄目よっ。赤ちゃん出来ちゃう……!」 「俺の赤ちゃん、おばさんは欲しくないの?」 頬を赤らめ、母は恥ずかしげに身体をもじもじさせた。 「……欲しい、です。あなたの、赤ちゃんを産みたい。だから、中に出してぇ?」 俺は耳を疑った。 「よし、じゃあ行くぞ。たっぷり受け取って、おばさん!」 恒彦は肉棒を最奥に捻り込み、欲望を思い切り注ぎ込んだ。 ぴん、と母の体がしなって痙攣する。母もまた、絶頂していた。 「んあっ……イイ、イイっ! ドクドク入ってくるぅぅぅうう? 恒彦くんの精子あったかぁい? おばさん恒彦くんの赤ちゃん孕んじゃうよぉおおお???」 蕩けるように、母は吐息を漏らした。 膣口から精液がこぽりと流れる。 その瞬間、母は間違いなく“女”だった。 俺は力が抜けて、思わず買い物袋を落とした。 ドサリ、と大きな音が響いた。 「ひっ、隆志。見てたの……?」 俺の姿に気付き、さっと母の顔色が青ざめた。嫌々をする子供のように、首を振る。 自らの痴態を見られたことが、よほどショックだったのだろう。 「あ……隆志。これは違うの。んんっ?」 母と息子の気まずい空間も、束の間のことだった。 恒彦は再び母さんの膣口にめりめりと肉棒を突っ込んだ。 「あふっ……ああああッ………??」 「おう、隆志。もう帰ってきてたのか!」 いけしゃあしゃあと、恒彦が笑う。 その間にも、母の肉壺では激しいピストン運動が行われていた。 「ああっ、駄目よっ……息子の前で交尾しちゃうなんてぇぇ? ハァ、す、すごい、奥まで、奥まで当たってってるぅぅぅ???」 「いまお前のカーチャンと子作りしてるところだからな。邪魔すんなよ」 突如、動きが小刻みなものに変わる。母さんは目を見開き、海老ぞりになった。 「んあっ激しい。 さっきイッたばっかりなのに、ま、またイク、イッちゃう。 息子の友達のおチンポでイッちゃううぅぅぅうう…………???」 「――――――ッッッッッ???」 長い絶頂。 白目を剥き、母はぐったりとソファに横になった。 荒い二人の吐息。 「母さん……」 俺がつぶやくと、母は満面の笑みで俺にピースした。 「んふっ。何度も犯されて、たぶん隆志の弟を孕んじゃったと思う。 見て見て、隆志。どくどくしてるぅぅぅう? ママ、種付けされちゃったよぉぉぉお??」 自ら股を広げ、見せ付けるように痴態を晒す母。 そこには、優しく貞淑な母の面影は無かった。 俺は耐え切れず、恒彦に掴みかかった。 「戻せよ……母さんを元に戻せ!」 「無理だよ。元に戻す方法なんて、媚薬の説明書に書いてなかったし」 「それじゃあ」 「隆志のカーチャンはずっとこのまま」 さあっ、と血の気が引くのが分かった。 「あふぅうぅうう?? 膣から精液出ちゃってるぅぅぅううう? 早くおチンポで蓋をしてぇぇええええええ???」 くぱあ、と狂ったように両手で膣を押し広げてペニスをねだる母。 俺はその姿を受け入れざるを得なかった。 数ヵ月後。 すっかりボテ腹になった母の姿があった。 恒彦の命令で、常に乳房と痴丘の部分を露出させた、エロい下着を身につけている。 すでに母乳の分泌も始まり、家の廊下には母の撒き散らした母乳が常に点々としている。 気付いたら拭くようにしていたのだが、母が動き回るたびに拭かなければいけないのでそれもやめた。 相変わらず、母はセックス狂いだ。 今日も恒彦を家に呼んで、寝室で濃密な雌雄の営みを繰り返している。 「もうすぐ、隆志の弟が産まれるわよ?」 恒彦と繋がったまま、母が俺に話しかける。 悔しくて、涙があふれた。 「あらあら、隆志ったら。泣くほど喜ばなくてもいいのにぃ?あぁぁん??」 「そしたら俺が隆志の義父ちゃんかあ」 「うふふ。楽しみね、あなた?結婚できる年齢になったら、籍を入れましょ?」 すっかり二人は夫婦気取りだ。隆志の居場所は無い。 この家を何度も出て行こうと思ったが、それもやめた。 いつか、母さんが元に戻ってくれるはず。エッチな体験談
女性視点エッチ体験談 性欲女子
官能小説ランキング
エロ体験告白 性獣熟女
えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル