屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

2020年04月

大学時代に、本当に淡い気持ちでお付き合いをした人がいました。素敵な人でした。その頃の私はかなりウブというか、何も知らない女の子でした。キスを数回しただけで、それ以上のことを求められることはありませんでした。大学卒業後、地元の県庁に勤めました。その時、大学

短大時代に仲が良かった2人(M子、Y美)に誘われて3人で2泊3日の旅行をした時のことです。卒業して5年目の記念旅行でした。皆それぞれ働いており、既婚者はM子だけですが、私とY美も、もちろん男性経験はありました。その宿は山あいにあり、部屋のすぐ下の方には渓

私が高校生のときの話です。その時に住んでいたマンションで私はレイプされて体を奪われました。学校生活も楽しくて彼氏もいて、結構派手めのグループにいたんですが、いい大学に入るためにしっかり勉強もしてました。メイクとかも好きだったし、周りの男子からの評価も高か

今はどこにでもいる普通のOLです。でも昔、私は父のせいで、母と一緒に犯されました。あれは高校生の頃ですから、今から数年前のことです。学校の帰り道、家の近くまで来たときに、父が車の中の人と話してるのを見かけた私は、父に駆け寄りました。それが悪夢の始まりとは

その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツにエメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、小さなポシェットを肩からかけ、髪型はいわゆる“聖子ちゃんカット”と、当時の典型的な若い女性だった。きれいな長い足が印象的で、少し腰を振りながら歩く姿に、私達3人は一

中学の時の同級生だった徳恵ちゃんのGカップ巨乳が忘れられない。制服の上からでも胸の大きさや形が丸わかりだった。歩くたびに揺れる胸を見て勃起していた。ある日、徳恵ちゃんと一緒に帰宅した。途中の公園でジュースを飲みながらひと休み。僕の隣に徳恵ちゃんの胸がある

俺が内装を行っていた雑居ビルで一服していた時、そのビルの女性社員が2人で話しているのが聞こえてきた。「エッ、明日仕事なの?」「そう、休みの日なのに、地下の書庫の書類整理やんなきゃいけないんだ」「可哀想、1人?」「当然、誰も手伝ってなんてくれないよ。朝から

高校1年のとき、当時野球部の3年生の人にコクられて付き合ったことがありました。先輩は、「甲子園までは無理でも少しでも長く野球がやりたい!」と、朝から暗くなるまで一生懸命に練習に打ち込んでいました。私もそんな先輩を応援していたんですが、残念ながら1回戦の試

これは、私が25歳の頃のことです。私は仕事が終わり、家に帰ろうとしていました。いつも近所の公園の横を通って帰るのですが、そこに中学生ぐらいの子供たちが5~6人ぐらいで遊んでいました。すると、そのうちの1人が私の方に近づいて来て、「お姉ちゃん、ちょっと来て

夫の異動で、東北の片田舎に移って今年で3年。最初のうちは自然が満喫できると浮かれていましたが、あれは都会からたまに息抜きに出かけるからいいものなんですね。ぐるっと360度、365日、自然に囲まれていると毎日が退屈で、刺激のない生活に飽きてしまうのに時間は

平日の図書館って、結構空いてる。大体、本を読もうと思ったのも久しぶりだし。大きな書架の間をぶらぶら歩いてみる。ふと数年前にベストセラーになった小説の背表紙が目に留まった。(映画化もされたっけ。かなりエロいって話題になったような・・・)パラパラ捲ってみると

25歳のOLです。今から8年前の高校2年の夏、まだ処女だった時のことでした。両親が離婚した直後の夏休み、母に連れられて露天風呂のある山間の温泉旅館を訪れたときの出来事です。チェックインした後、2人で近くの山を散策し、全身から吹き出した汗を流すために温泉に

オレは田舎のとある会社の専務をしている。親父が社長だから、まあ世間で言うところの二代目社長。昔は、この仕事が嫌で東京に出たりもしたけど、今は次期社長としての権力を利用して、美味しい思いをしている。それは・・・、女子社員へのセクハラと強制セックス。初めてや

僕は学力もスポーツもパッとしない、志望校にも入れず浪人しているどうしょうもない男だが、高2の妹(結衣)は学校でも全学年からコクられるほど人気がありアイドル並に可愛かった。そう、可愛かったんだ・・・夏休みまでは・・・。2学期になると今まで優等生だった妹がス

私は21歳の大学生。荒木とは以前バイトをしていたカフェで一緒に働いていた。「絵理奈、ゴメン!オーダー間違えた!」「も~何やってんの!」なんて感じで初めは楽しかった。同じ大学生で同じ年齢。同時期に店に入ったこともあり、仲も良かったと思う。バイトの終わりに2

私の名前は愛里。昔からオナニーをするときに必ず、することがあります。それは露出です。中3の時にベランダで夜中にやったのをきっかけに、ベランダでするのはもちろん、最近は公衆トイレ、デパートの駐車場、夜中の公園などでするようになってしまいました。なぜか露出オ

数年前、生まれて初めてレイプというものをやってしまった。あれは私がまだ社会人になりたての頃の暑い夏の日だった。私の仕事はビルの警備で、それなりに大手の警備会社に就職し、それなりの生活をしていた。その日は夜勤明けで朝9時まで働いており、疲れきった私は電車に

2年前、俺は目の前にいた女に欲情してしまった。20代後半ぐらいか。毎日、同じ駅から同じ車両に乗り込む。時間帯も同じ。きっと同じ街に住んでいるんだろう。降りる駅は、俺が降りる駅の1つ手前。毎日、その女を見るたびに元気が出てくる。クソつまらない、苦痛でさえあ

私は福岡に住む26歳のOLです。中堅の広告代理店に勤めています。あるとき仕事上の失敗で取引先に多大な迷惑をかけ、一応解決しましたが、それ以来取引先の社長の誘いを断れなくなってしまいました。社員20人くらいの、ほとんどワンマンな会社です。女性視点エッチ画像

今、高校2年生です。40度を超えた酷暑のある日、同級生の彼氏と某プールに遊びに行きました。最初は彼氏の友人カップルと4人で行くはずでしたが、当日になって友人カップルが遅れるという連絡が入り、現地で合流することになりました。先に着いた私たちが波のプール近く

学校一の美女を犯った。名前は真希(仮名)、名前のとおり後藤真希に似ている最高の女だった。他の学校にも噂が行く程で、よく他校の生徒も見に来ていた。当然真希に告白する男も多かったが、真希を射止めた男は1人もいなかった。俺は見た目も悪く、もちろん真希に相手をし

忘れもしない大学1年の冬休み。俺は親友の健太郎と正志と、俺の彼女の美穂の4人でスキーに行った。俺たち4人は高校からの仲良しだった。美穂は、身長は152センチで小柄だけどショートカットの似合う可愛い子で、俺たちのアイドル的存在だった。高2のとき、意を決して

私はある住宅街に住む40代の家庭持ちの普通の会社員です。約1年程前、隣に30代前後の夫婦が引っ越して来ました。小学校に通う娘さんが1人いて、3人家族のごく普通の家庭です。ご主人と奥さんとは、いつも挨拶を交わしていて、私の妻はその奥さんと時々一緒に買い物に

私の職場は残業が多く、最近はほぼ毎日のように終電ギリギリまで仕事をしていました。その週は特にハードワークで、週末だったこともあって私の疲れはピークに達していました。何とか仕事を終えて終電に間に合ったものの寝過ごしてしまい、自宅の最寄り駅とは程遠い終点まで

数年前の出来事です。当時、私は関西で中小企業の総務部長をやってました。夏頃、事務の女の子が結婚で急に辞めるようになり、その子の補充をすることになりました。求人をしたところ何人かの応募があり面接しました。その中に新婚3ヶ月の新妻がおりました。スタイル抜群で

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

中学3年の時の話。生意気な女だった優希は、ヤンキー女の香に目をつけられ、体育倉庫で制裁を受けていた。連れの雄二が香に、「優希の裸を見せてやるから何人か連れてこい」と言われ、その時いたダチ5人を集めて速攻で体育倉庫に向かった。マジで同級生の優希の裸が見れる

英語教師の佳世先生は、他の生徒達にとっては単なるうるさいオバサンだったかも知れないが、俺にとって佳世先生の授業は心地よい妄想の時間だった。小柄だが、胸の膨らみやプリプリしたお尻は俺の欲望を掻き立てた。俺は先生が教科書を読みながら教室内を歩く時、いつもお尻

私のイタズラを超えた体験談を1つ。私はある資材会社の社員で、出張所の責任者として福山という所に1人で出向してきた。根付けば社員を増員する予定であった。事務所もたちまち雑居ビルの1室に構え、経費削減に努めていた。しかし私1人で仕事を回すのはさすがに不可能な

数年前の出来事です。当時、私は関西で中小企業の総務部長をやってました。夏頃、事務の女の子が結婚で急に辞めるようになり、その子の補充をすることになりました。求人をしたところ何人かの応募があり面接しました。その中に新婚3ヶ月の新妻がおりました。スタイル抜群で

↑このページのトップヘ