屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

2020年03月

現在24歳。一児の母で、専業主婦をしています。昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。はじめに気づいたのは、何だか気持ちよくって、「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら、のたりのたりと身悶えてる自分でした。天井

私が小学4年生頃の話です。当時、母は35歳。父は単身赴任中でした。学校から帰ってきた私が遊びに行こうと家を出ると、ちょうど近所に住んでいる伯父がやってきました。伯父は父親の兄にあたる人ですが、無職でギャンブル狂いというどうしようもない人で、近所の家から借

夜の22時を過ぎてたくらいで、運良く人目にはつかなかったみたい。その日は暑かったから女の子は薄着で、白っぽいシャツに膝下くらいのスカートで大きめの鞄を抱えていた。顔は美人系。髪が短くてスマートな感じ。俺は路地裏に引きずり込むと、タバコの自販機の横の壁に彼

私は、中3の一人息子を持つ43歳の看護士です。主人は月に半分近く出張で留守がちです。今年の夏休み、「明日、友達が遊びに来るから」と息子の拓也が言ったので、「夜勤明けで、ちょうどいるからいいよ」と言いました。午前中は寝て、午後から買い物をすぐ済ませ、飲み物

私(37歳)には、妻(沙織、33歳)と5歳と7歳になる娘がいます。その日は、実家の両親(父親、60歳)の定年ご苦労さん会ということで、両親に温泉旅行をプレゼントしました。その夜、お母さんから、「お父さんと2人だけだとつまらないから、孫も連れて行っていい?

中学3年の時の話。生意気な女だった優希は、ヤンキー女の香に目をつけられ、体育倉庫で制裁を受けていた。連れの雄二が香に、「優希の裸を見せてやるから何人か連れてこい」と言われ、その時いたダチ5人を集めて速攻で体育倉庫に向かった。マジで同級生の優希の裸が見れる

私(37歳)には、妻(沙織、33歳)と5歳と7歳になる娘がいます。その日は、実家の両親(父親、60歳)の定年ご苦労さん会ということで、両親に温泉旅行をプレゼントしました。その夜、お母さんから、「お父さんと2人だけだとつまらないから、孫も連れて行っていい?

自分でも信じられないのですが、半年以上も付きまとわれていた男性に先日とうとう押し入られ、無理やりされてしまったのです。相手は身体が大きくて力も強かったので、あっさり縛られてしまい何の抵抗も出来なかった。でも、ずっと「好きだ」って囁かれながらすごく優しくさ

私はラブホテルの部屋をデザインする仕事をしている。その日も、ある倒産したホテルを新しく改装して欲しいという依頼を受けて立ち寄った。ホテルの新しいオーナーは、ある有名なヤクザ屋さんである。カギを開けて中に入って色々見終わった時、そのオーナーが、「先生、今か

俺が29歳、彼女は28歳でした。彼女は大手企業の総合職として働いていて、性格も良く、最高の彼女だった。顔立ちもとても綺麗で、仕事へ行くときは化粧をばっちり決めて、丈が短めのスカートのスーツに着替えて出掛けていく。近いうちに結婚する予定で、彼女が住んでいた

愕然とする光景を目撃しました。私は33歳になる独身サラリーマン。女性運にも恵まれず未だにチェリーボーイ。いつも駅前のベンチで本を読みながら、行き交う女性を物色しながら暇を潰している。まぁ世に言う、気持ち悪い中年男性というやつです。数年前の出来事を書きます

中学3年の夏、俺達は無敵だった。中学校の最上級生になり、校内に恐い者がいないという環境だから、好きなことが何でも出来ると思っていた。俺達は別に悪かったわけではない。他校のガラの悪そうな奴等に恐怖し、安い万引きをして自慢し合う程度のレベル・・・。悪ガキって

僕は22歳の会社員です。地方出身で就職の為、1年程前から大阪で一人暮らしをしています。ただ高い家賃は払えないので大阪でも田舎寄りのK市に住んでいます。周りを林に囲まれたボロボロの貸し家なのですが、道を挟んだ向いには大きな一軒家が建っていて、そこに住んでい

去年の夏休み、あたしは女友達の夏美と2人で海に出かけていました。彼女とは親友で、大学時代はよくドライブに行ったり、海辺で色々と悩みを相談しあったりしていました。その日は海開きの日ということで、暗くなりかかっているにも関わらず大勢の人で賑わっていました。あ

私は20歳の大学生ですが、2人の男にめちゃくちゃに犯されました。今でも思い出すと辛いです・・・。その年の5月、私は付き合っていた彼と些細なことから喧嘩をてしまい、無性に寂しくなって夜の10時頃に、近くの公園に外の空気を吸いに出かけました。家の近くだったの

俺がバイトしている喫茶店に、面接に来たときからずっと狙っていている子がいた。名前を真央という。お嬢様学校で有名なミッション系の高校を卒業し、大学に通いながら週末はバイトしている。身長は160センチぐらいで胸はCカップくらい。お嬢様なんだけど人懐っこいし、

ある雨の降っている日のこと。俺はドカタなんだけど、雨で仕事が流れて出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれず、そこらの駐車場に車を停めてボーっとしてた。すると、向こう側からスーツ姿の女が歩いてくるのが目に留まった。近くで顔を確認すると、年

俺は40代の音楽の教師で、若い頃はプロになりたかったが結局プロにはなれず、諦めた後は教員免許を持っていたので音楽教師になることにした。夢は叶わなかったが、好きだったことを仕事に出来たのはまだ幸運だったのかもしれない。同い年の妻と結婚して子供もいる。教師に

私が一人エッチを覚えたのは高校2年の時だったんだけど、友達が誰もその話題に触れなくて、ちょっとモヤモヤしてた時期があった。家が厳しいせいか、なかなか彼氏ができないのも手伝って、行為はだんだんとエスカレートしていったの。ピンクローターをつけて犬の散歩に出か

27歳の人妻です。今年の春のことです。私が興味本位でノーパンで出社したのがきっかけでした。その日は安全日でしたので、万が一そのような事になってもよいと思い、出かけました。風の強い日でした。何度もスカートが捲れそうになっていましたが、会社に着くまで裾を押さ

俺の仕事はマッサージ師だ。クイックマッサージ店に勤め、全身マッサージを担当している。ある日、女性のお客さんが来た。20代前半の俺好みの女性だった。冷静さを保ち、いつものように接客した。女性視点エッチ画像 性欲女子 女性視点エッチ体験談 性欲女子 俺「マッサ

中2の暑い夏休み、性欲が爆発しそうで、毎日のようにオナニーばっかしてた。プール開放でスクール水着の先輩や同級生をおかずに妄想が膨れ上がり、とうとう意を決して開放時間の2時間前、つまり誰もいない筈の女子更衣室に忍び込んでしまった。(もしも人が来たらどうしよ

私は都内の大学に通う19歳です。彼氏とは大学で知り合いました。先日、彼のおんぼろアパートに初めて泊まりがけで行くことになりました。当然、エッチなことになるのを覚悟していました。しかし、些細なことで口論になってしまい、私は部屋を飛び出しました。彼が追ってく

数年前、夜遅く会社から帰る時の電車の中のこと。花の金曜日で、こっちは仕事の帰りなのに車内は酔っ払いでいっぱいだった。黙ってつり革につかまって立っていると、ドスンと足の上に何かが倒れた。驚いて下を見ると、俺の足の上に女の顔が乗っていて、こっちを見てにやりと

昨夜、ビジネスホテル(都内某所)に泊まりました。夜中に寝つけなくて、2階の自販機までビールを買いに行くことにしました。ホテルに備え付けのパジャマはロングシャツ形式でズボンではなく、むしろネグリジェ的な長いものを着るのですが、その下はノーブラ、パンティは着

今年の夏、大阪で行われた某人気ロックバンドの5万人規模の野外ライブ。女性ファンが8割近くを占めるので、高い金を払ってチケットを購入。約2週間のセックス断ちを経て準備万端の待ちに待った当日。ライブはどうでもいいので(笑)、会場を埋め尽くす女を物色・・・。す

ある日、バイトの休憩時間に携帯を確認するとメール着信の光がついていた。1件のメールが来ていて、件名には『女と犯りたい男大募集!!』てなっていた。てっきり迷惑メールと思いきや、送信者はクラスメートの静香からだった。あまり会話はしない、ちょっと俺の苦手な女か

親がレイプされるってのはそんな笑い話じゃないですよ。ほんとにそれで人生変わります。僕は・・・実際その時はものすごいショックでした。僕は中学生の頃、ホントどうしようもない弱虫でイジメと恐喝の的だった。殴られては金をせびられたが、中学生の僕にそんなにお金があ

新幹線で大阪から帰る車内でのことです。昼間のこだまはやけに空いていて、私はぼんやり人の少ない車内で暇を持て余していました。トイレに立った時に隣の車両を覗くとやはりガラガラでした。一人だけ女性が寝ているのが見えました。短めのスカートから伸びた足にムラムラし

同期の沙織が飲み会で珍しく泥酔した。 やはり日本酒の一気飲みが効いたのだろう。 足元がおぼつかないし、視点も合っていない。 沙織は社内でもかなり綺麗な方、長身だが細身でスタイルもいい。 店から歩いて出れないので、肩を貸してあげた。 とりあえずおっぱいを揉む

↑このページのトップヘ