屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?

2019年07月

スーパーで買い物していたときだった。 友達の母親に会ったのだ。 36歳だって聞いてたけど、 もっと若く見える。 とても子持ちとは思えないナイスバディの美人。 タイトスカートに透けパン。 見ているだけでムラムラしてしまう。 思わずあとをつけてしまった。 歩き

人通りのないその公園は暗くて静かだった。仕事で遅くなった私は足早に家へと向かっていた。がさ・・・と前の茂みがゆれたかと思うと、スタジャンにジーンズの若い男の子が二人でてきた。 にやにやとした笑みが顔に張り付いていて、私は身の危険を感じた。いきなり後ろから手

私の体験を聞いて下さい 2ヶ月前から隣のご主人に犯されています 私は某化粧品会社に勤め販売を行っている34歳の人妻です その日は、平日の休みで前日遅くまで残業で疲れていた事もあり お昼近くまで寝ていました 突然、玄関のベルが鳴りあわてて起きてインターホンに出る

大学生の僕は、この夏、酒屋でアルバイトしていた。業務内容は配達だ。実はお得様の一軒の家に配達にいくのが密かな楽しみだったんだ。そこの奥さんがかわいいのなんの。背が低くて可愛くて、そのくせ、おっぱいはやたらに大きいんだ。年齢は30歳くらい?でも笑った顔は、

でもここからは朝と違いました。女の人はちんちんをゆっくり扱きながら怒った口調で「あなたのお父さん、お金出すの渋ってるのよ。だからあなたのおちんちんをちょん切って写真を撮って送ることにしたの。怨むんならお父さんを怨んでね。だけどあなたにもチャンスはあげるわ

もう10年前の話になりますが告白します。当時僕は中2でした。僕は医者の息子ということもあり、家は裕福な暮らしをしていました。ただ、世間はその裕福な暮らしを妬む人も多いのです。そんな事が誘拐に発展したのだと思っています。学校の帰り、途中までは友達と一緒に帰っ

今から20年近く前の話です。 当時僕達は結婚半年の新婚。お互い26歳でした。 仕事が多忙で新婚旅行ができなかったので、1週間の休暇を頂き旅行に出かけた。 4日目に悲劇はおこりました。海沿いのキャンプ地で小さなコテージを借りました。 到着した時は他に沢山人が

同じスーパー務めの人妻の美佐子31歳。なかなかの美人だけど貧乳。何度か食事と飲みを誘って、ようやく飲みの約束を取り付けた。旦那は、夜勤で働くライン工。何時に帰ってもばれることが無い。当日、居酒屋で飲みまくり、ガンガンに飲ませたらフラフラで、肩を貸して抱えて

団地妻をレイプして回っている。 強姦するには人妻は好都合である。団地のコミュニティは、仲が良く見えて、実はそうでもない。 団地妻は、犯されたなんて知られたら、暮らしていけないと考える。だから犯されても誰にも言わない。警察にだってだ。世間にばれたら、好奇の

先月、主人が浮気してるのを知り、「別れる!」と言って実家に帰ってました。気晴らしに映画館へ。映画が始まり、観ていたら、周りに一杯空席があるのに、隣におじさんが座ってきました。暫くすると、脚に膝を押し当ててきました。その後、脚を触ってきたんです。主人の浮気にむかついてたか

↑このページのトップヘ