私が高校を卒業して田舎の企業に就職したばかりの頃です。

田舎の電車なので、席は4人向かい合わせのボックス席。
私は車両の一番端の、トイレの隣の席に1人で座りました。
仕事帰りで夜も遅かったので、乗客はぽつぽつという感じでした。

電車が発車して間もなく、私は少し寝てしまいました。
次の駅辺りで誰かが向かい側に座ったのがわかりましたが、そのまま眠っていました。

すると、私の膝の上に洋服のような物が掛かってきました。
ちょっと目を開くと、向かい側に座った男の人の上着でした。

エッチな体験談
女性視点エッチ体験談 性欲女子 

私は少し深く座り直して、また寝ました。
そのすぐ後、その上着の下から手が伸びてきて、私の太ももを触り始めました。
ドキッとして目を開けると、私の隣にもう1人男の人が座ってきて、私の膝の上の上着をきちんと掛け直しました。
向かいの席の人は足を伸ばしてきて、私の足を開かせます。
隣はトイレなので気付く人もいません。
私は怖くて、ずっと下を向いたまま、必死に足を閉じようとしました。
しかし、隣に座った男の人が、スカートを捲りあげてきて、下着をの上からクリトリスの辺りを触り始めました。

「やめてください」

小さい声で言いました。
その人たちは聞こえないフリをして触り続けてきます。
足はどんどん開かれ、下着の上から指を押し付けてきます。
私はずっと硬直したまま抵抗できずにいると、隣の人が下着をずらし始めました。
直接クリトリスを触ってきました。

そして小声で、「イカせてやるから、大人しくしてるんだぞ」と言いました。

前の男が少し体を乗り出してきて、私の下着を脱がしました。
あそこに2人の男の人の指が入れられました。

「いやっ・・・」

声にならなかったかもしれません。
車内はどんどんと人が降りていき、車両の中はとうとう3人だけになってしまいました。
触られていくうちに膝に掛けられていた上着は捲りあがり、私のあそこは丸出しになっていました。
胸も揉まれ始め、上着の中に手を入れられました。
隣の男の膝に乗せられて、上着を捲り上げ、胸を出されました。
向かいの男は私の胸を触りながら乳首を吸い始めました。

「お願いします、許してください」

恐る恐る言いました。

男たちは、「許す許さないじゃないからさ、大人しくしてなよ!」と言いました。

そしてついに前の席に手をついて前屈みにされ、後ろからペニスを挿入されました。
向かいの男は私の胸を揉みしだきながらキスをしてきます。
口を塞がれ、後ろから突きまくられ、とても苦しかった。

そのうち、向かいの男はアレを出して、私の口の中に押し込みました。
すぐに口の中に出されて、私は吐き出しました。
後ろから入れた男も私の体の中に注ぎ込みました。
私の太ももには男の液体が流れていました。

その後も体勢を変えて、代わる代わる中に出されました。
私が降りる駅を3つ過ぎて、やっと開放されました。

私はその人たちと同じ駅に降りるのが怖くて、次の駅まで行き、駅のトイレに駆け込みました。
体のいたるところに精子をかけられ、ぐちゃぐちゃになっていました。
幸いにも子供はできていませんでした。
でも、電車に乗る時は、もう絶対に車両の一番端には乗りません。

官能小説ランキング
エロ体験告白 性獣熟女
えっちなドラえもん
屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル