妻と結婚して6年になりますが、共働きのため、まだ子供はいません。
それどころか仕事が出来る妻は海外出張に出てしまいました。
私はというと、一人寂しく過ごすことになってしまいましたが、妻の出張から1~2ヶ月くらい経ったある日、親友から電話があり、彼の自宅に招かれて夕食をご馳走してもらうことになったのです。

親友も結婚しており、25歳の奥さんがいます。
奥さんの名前は愛さんと言い、スタイルも良く、アイドルのようと言っても過言ではないほどの綺麗な女性でした。
私のことを気の毒に思った愛さんは、それからたまに私を食事に誘ってくれるようになりました。エッチな体験談 

そんな食事が何回か続いた時、親友に急用ができて、愛さんと2人きりになってしまいました。
しばらくは他愛のない話をしていたのですが、すぐに無言になって気まずい雰囲気になったので、そろそろ失礼しようかと思って私は立ち上がりました。
しかし、愛さんの顔や体を見てるとムラムラしてしまい、酒も入っていたせいか気が強くなって、玄関まで見送りにきてくれた愛さんに襲いかかってしまいました。
強く抱き締めて、無理やりキスしました。

「え?何ですか!?やっ!無理っ、やめてくださっ・・・」

愛さんは首を振って激しく抵抗しましたが、顔を押されても舌も入れてFカップくらいありそうなオッパイも揉み、ミニスカートの中にも手を入れて荒々しく愛撫しました。
愛さんはずっと抵抗していましたが、男の力に敵うわけがありません。
私は愛さんの口を塞いでリビングまで引き擦って行き、ソファーに押し倒して唇や首筋、耳や胸元にもキスをしました。

舌を入れて口の中を舐め回したり舌を絡めたり、アソコにも指を入れて掻き回したりしていると、だんだん抵抗が弱くなって、愛さんから熱い吐息が漏れてきました。
愛さんの服を引き裂くようにして脱がせ、下着をむしり取ると全身を舐め回し、特に乳首とアソコは念入りに舐めて、クリトリスを軽く噛んだりもしました。
暴れる愛さんを押さえつけながらクリトリスに吸い付き、アソコに指を入れると愛さんは叫び声を上げていました。女性視点エッチ体験談 性欲女子 

「愛ちゃんのマン汁、最高に美味しいよ」

愛さんが快感に必死に耐えてる声を聞きながら、ビショビショのオマンコを何度も吸ってマン汁を味わい、じゅるるるる・・・とわざと音がするように吸い上げるとお尻がビクビク動いていました。
必死で耐える呻き声の中に喘ぎ声が混ざり合っていたのが堪りませんでした。
そろそろ大丈夫だろうと愛さんの股を開かせて、ガマン汁が大量に溢れるいきり立ったチンコを入れようとすると、また激しい抵抗が始まりました。

「今日は俺のこの生チンポで、愛ちゃんのオマンコ突きまくって何回もイカせてあげる。旦那のじゃない、俺の生チンポでね」

そう言ってやると彼女は顔を引き攣らせながら、とても悔しそうで屈辱に溢れた表情を見せていました。
そして力任せに捻じ込むと、悲鳴のような喘ぎ声を上げました。
奥まで届いた瞬間、愛さんは私にしがみつき、「動かないで!お願い!」と言って苦悶の表情を見せましたが、私は獣のように激しく深く、速く突きました。
そうすると愛さんが、「ああっ!」と泣くように喘ぎました。エッチな体験談 他人の妻たち

愛さんは挿れられたあとも抵抗しようとしていましたが、それでも私の力に全く敵うはずもないので、彼女の抵抗をあざ笑うかのように、愛さんの動きを封じて腰をガンガン振って突きまくりました。
愛さんは抵抗するのは無理だと諦めたのか、私の体にしがみついて泣きながら激しいピストンに耐えていました。
愛さんが感じる奥の部分を亀頭の先でこれでもかというくらい潰すようにピストン運動で攻めると、私のペニスにはいつの間にか白濁したものが絡み付いてて、恐らく本気汁ってヤツなんだと思いました。
案の定、愛さんは間もなくして、「イ、イキそう・・・」と呟いたので、私はさらに激しく腰を振り・・・。

「ほら!俺の生チンポで後ろから突かれてイケ!ほらっイケ!!」

そう叫びながら狂ったように滅多突きにした直後・・・。

「んあっ!んはぁ・・・、もうダメ!!イク!!!!」

愛さんが最後の声を上げたと思ったら、本当にハッキリ分かるくらい膣内がキュっと締まって、背中が軽く反ったと思ったら愛さんが脱力しました。
愛さんのイキ顔を堪能した後、ちょっと腰を動かすとさっきまでの締まりが嘘のように緩んでいました。
しかも、イッた直後に大量の愛液が溢れて、彼女の膣内どころか床にまで染みがつくほど垂れているせいもあって、全く摩擦を感じない、ただの穴みたいになっていました。

それでも奥をガツンと突いてやると、「んあっ!!」とぐったりしてる愛さんが反応します。
面白くなって何度も突いてやると体がビクンビクン動いて、また愛さんがイッてるのがわかりました。
オッパイを揉んだり、だらしなく半開きになった愛さんの口に唾液を垂れ流すキスをしたりしながら、ひたすら乱暴なピストンを繰り返しました。
すると愛さんの右手が、彼女を押さえつけてる私の手首を掴んで押してきたので、奥まで思いっきり突き入れて動きを止め、「愛ちゃん、どうしたの?犯されてるみたいにされたいってこと?」と言いながら彼女の両手を掴んで、床にバンザイするみたいに押し付けてました。

「やっ・・・」

彼女は喘ぎ声を必死で抑えながら、『違う違う』とでも言うように顔を左右に振っていましたが、私はさらに苛めたくなって、「犯されるように突かれたいんだね!ほらっ!!」と言って突き始めると、すぐにまた喘ぎ声を出していました。
普段の彼女からは想像できない悲鳴のような喘ぎ声を耳元で聞き、私のチンポは彼女のマンコの中でガチガチでした。

「イッちゃうの?いいの、生チンポでイッて?旦那以外のチンポでイカされていいの?」

言葉で愛さんを追い詰めると、快感に耐えるのに必死なようでしたが、彼女を上から抱き締めるように完全に覆い被さり、屈辱感の中でイカせてやろうと彼女の耳元に口を近づけ・・・。

「旦那以外のチンポで今からイカせてあげる。旦那のじゃないチンポでね」

身動きできず、私にされるがままの彼女にそう言いました。
そして腰の回転をどんどん上げて彼女の子宮を滅多突きにすると、「うううーっ!ああああーっ!!」と愛さんが叫び、白い首筋を見せるように顔を反らせて私のピストンを受けていました。

「ほら!旦那じゃないチンポでイケっ!!」

私は彼女の耳元で怒鳴りながら、言葉と同時にトドメを刺しました。

「やあああー!!ああっ!うあうっ、かはっ!!」

美形の彼女が私の目の前で、アイドルのような綺麗な顔を歪めてイク表情を見せてくれました。
あまりの興奮に限界まできた私は・・・。

「中に出すぞ!」

「だめ・・・それだけはやめてください!だめぇっ!あうっ!んっ!」

愛さんは喘ぎながら私の胸を押したり、体をよじって逃げようとしてきました。
愛さんが逃げられないように、彼女の両足を肩に掛けて彼女の上に覆い被さるようにして上から打ち下ろしました。
そして、屈辱感を与えながら中出しをしてやろうと思った私は、暴れる彼女の両手首をそれぞれ掴んで、バンザイするように上から押さえつけて動きを封じ込んで突き下ろしました。

グチュ・・・グチュ・・・グチャァ・・・スパンッパン・・・パン。

突き下ろす度に愛さんのマンコからはマン汁が飛び散っていました。

「んんっ・・・んっ・・・んぁ・・・ダメ・・・やめて、やめて下さい・・・ああっ、中は嫌ぁ・・・」

子供のようにイヤイヤと首を振って必死に抵抗する愛さんの喘ぎ声を聞きながら子宮に発射しました。
すごい精子の量で、愛さんに刺してる隙間から溢れ出てくるほどでした。
愛さんは泣き出しましたが、「アイツが帰ってくるから普通にしとけよ」と言ってから帰りました。

それから食事に呼ばれることはなくなりましたが、この時のことで愛さんを脅して親友には内緒で密かに愛さんと会ってセックスしています。
若くて可愛い人妻とのセックスはマジで気持ちよくて興奮します。屈辱レイプ体験談 強姦絶頂オリジナル