俺35、上司40代前半、奥さん上司より少し年下です。


1年くらい前から、上司の夫婦関係がうまくいってなくて(それは上司の浮気発覚が原因)子供が寝たりしたあとや、休日に間が持たないから遊びに来てくれと言われ、ちょくちょく通うようになりました。


奥さんはほっそりとした美人で、別にグラマーなタイプではないけど、とても色気のある感じでした。


なぜ、浮気するんだ?と思ったくらいです。


俺が上司の家に行くと、だいたいは家で焼肉をして酒を飲み3人で話しをして、その日は泊まっていくというパターンができてました。


奥さんもかなり飲めるクチで、俺達が打ち解けて、メールアドレスや携帯番号などを交換するまでにそんなに時間かかりませんでした。えっちなドラえもん


と、いうか上司の前で「携帯教えておいてくださいよ」って言われて教えました。


しばらくすると、奥さんから頻繁にメールが来るようになりました。

内容は、上司のアリバイに関する確認が多かったです。


最初は、上司をかばっていましたがそのうちに俺も下心がでてきました。


相談に乗ってほしいから、上司に内緒で飲みに行こうと誘われることもありましたが、最初は、俺のことをかわいがって信用してくれている上司に申し訳ないので、それはまずいでしょうと断わっていました。


下心もあったけど、あまりにも奥さんが真剣に言うので、結局は何度か飲みに行きました。


それでも、俺は、そういう状況下で、奥さんをホテルなどに連れていくことはしませんでした。


なぜなら、俺はそんなシチュエーションじゃ興奮しないからです。


どうせ、口説いてセックスするのなら、上司の家で、上司が寝た後にするほうが興奮できると思い、良い機会が来ないか見計らっていました。


そして、昨日のことです。上司から朝電話がありました


「パソコンの調子が悪いので見に来てくれないか?」


俺は、そんなにはPCに詳しくなく、2ちゃんができる程度ですが、その上司よりは詳しいつもりだったので「良いですよ、では、午後に行きますので」と電話を切り、あの奥さんとヤりてーなーと妄想しました。


そして、午後、上司の家に行って、パソコンをオンラインスキャンすると、おもいっきし、ウイルスが入ってました。


で、スキルのない俺は「こりゃ、必要なファイルだけバックアップして、リカバリーしたほうが早いですね」と知ったかぶりました。


俺がパソコンをいじっている間、どうも奥さんがそわそわしているのが、なんとなく気になりました。


しかし、俺がパソコンの電源を消すと安心したようでした。


そのあとは、しばらくビールを飲みながら、上司の子供達と遊んであげたりしていました。


夕方4時くらいになると奥さんは買物にでかけました。


上司は、ソファーで気持ちよさそうにうつらうつらしています。


奥さんの不自然な感じが気になって仕方なかった俺は、またパソコンを立ち上げました。


windowsのスタートメニューにある「検索」というので、「.jpg」で検索してみました。


家族の写真だとか、風景の写真しかでてきません。


俺の妄想はハメ撮りという予想しかなかったのですが、どうやらそうではなさそうです。


他に後ろめたいことって、何だろうと人生で最強にアタマ必死で使いました。


ぼーっと見てると、スタートメニューの中にヤフーメッセンジャーが入っていることに気づきました。


俺もヤフーメッセンジャーをやったことあるのでメッセージアーカイブという機能を知っています。

programfiles>yahooj!から辿っていくと、profilesというフォルダの中に奥さんのIDフォルダがありました。


そこから更に辿っていくと、メッセージアーカイブのデータがわんさか、でてきました。


メモ帳で開いてみようとドラッグしましたが、化けてダメです。


まず、会話の相手が複数いるのですが、プロフィールで全てオトコであることが判明しました。


そのあと、アーカイブを見る方法を必死で探し、2ちゃんの関連スレに辿りつきそれを参考に見ることができました。


完全にビンゴでした。でてくるでてくる、オトコと会っている痕跡。


一例をあげます。うろ覚えですが。だいたいこんな感じ。


A:「綺麗なわりに、欲求不満だったんだね?あんなにやらしいと思わなかったよ」

奥:「自分でもびっくりしています」


A:「ベッドがびしゃびしゃで、冷たかったもんなあ」

奥:「ええ、すみませんでした。はずかしいです」


俺は、必死で読み漁り、パソコンを消しました。奥さんが帰ってきてからは、もう大変でした。


押し寄せてくる興奮を抑えるのに必死で、しかも、その日奥さんは胸の開いているブラウスと白い薄手のスカートを身につけていました。


奥さんは細身で胸が大きくはないので肉を裏返している間かがんだ姿勢になると、淡いピンク系のブラが浮き乳輪が見え放題でした。


色白なので年齢の割りに乳輪もそんなに濃い色ではなくとても綺麗でした。


白いスカートの下は普通はもう一枚、何か穿いているはずなのに後ろから見ると、パンティーが透けて、細身の体の割りに大きなお尻の形がよくわかります。


まだ見ぬ、綺麗な淡い乳首と、大きなお尻・・・俺は妄想で勃起しっぱなしでした。


しかし、ここは何とか冷静に、とりあえず、ヤる時のためにと、ニンニクを焼いて食いまくりました。


そして、どういう作戦でそういう方向に持っていこうか考え続けていました。


とりあえず、上司はもう邪魔としか思えません。「漢はやっぱりロックですよ!当然!」


と言いながら俺は姑息にも、自分のは水で割った上にロック、上司のは、もちろん薄めずに焼酎を入れ更に少し、そこにバーボンを足してロックを作り、がつんがつん飲ませました。


閻魔という琥珀色の焼酎で、なおかつ味もウイスキーのような風味もあり多めにバーボンを足してもバレず、ラッキーでした。


上司は夜22時頃には、すでにぐでんぐでんで「飲みすぎたかなぁ、気持ちわりいから、先寝るわ、お前泊まってけよ」とエラそうい言うとその場を去りました。


奥さんは少しキレ気味で、俺には「自分で呼んでおいて、アノ人は・・・本当にごめんねえ」

と申し訳なさそうに言いました。俺は「いえいえ、いいよ別に」と良い人ぶりました。


しかし、そんなに良い人でいるのは、30分位が限界でした。


奥さんに話しをふりました。「奥さんメッセやってるんだね?」


奥「あ~、やってるよ、ヒマなときにね」と平気な顔で言います。


俺「へえ、どんなチャット部屋に入るの?」


奥「んー、世代別の部屋とかかな」


俺「最近は主婦がチャットとかで出会って、実際に会ったりするんだってね」


奥「あー、アタシは話すだけよ。実際には会わないわ」


俺は心の中で、お前うそつきだなあ~と思いました。


そして、この綺麗な薄い唇に、チンポを突っ込んで精液を飲ませることを妄想し、展開を急ぎ、どんどん加速してゆきました。


俺「おかしいな~、実際に会っていないのにベッドびしゃびしゃになるかな~?」


俺の背後にある庭の芝を見つめながらしゃべっていた奥さんの表情が、みるみる変わってゆきます。


奥さんは俺の方をチカラない目で見つめると、唇を少し震わせて、言葉がでない様子でした。


そして、急に敬語になりました。「見たの?」


俺「うん、全て読ませてもらって興奮しちゃった。すごく淫乱なんだって?美人なのに、人ってわからないもんだよね。セックスのことばかり考えてるんだね」


俺は奥さんに不倫がバレる事で如何なる経済的損害を受けるかとことん、脅し倒し、自分は上司のことが可哀想で仕方ないと伝えました。


いかにも、上司に告げ口するという雰囲気で話しました。


奥「言わないで下さい・・・」


俺は何も言わず、向かい合っていた奥さんの横に並びました。


もう、上司はとっくに寝室で寝ています。


俺の手は、何かあらかじめプログラムされているように奥さんのブラウスを捲り上げ、ブラをたくし上げ、ブラウスを挟みこみ、とめました。


奥さんは、乳首丸出しの状態です。


つづく