待ち合わせは金沢駅前に新しくできた商業ビルにある映画館。指定したやわ
らかい生地のロングスカートの彼女と一緒に映画館の後ろ端の席へ。
映画が始まってしばらくたってから右手で彼女の左ももの横をゆっくりそっ
と前後に触る。だんだん手をももの上に移動させながら手の指先をそっと立
ててうちももの方に移動していく。うちももの中央したあたり、あそこにつ
ながる性感帯のつぼを指で刺激しながらひじを彼女の左胸に押し当てて刺激
する。
スカートをだんだんたくし上げながら色白の太ももを手のひらで愛撫しなが
らだんだん花びらの近くへ指先を進めていく。右ひじで胸の先をつつきなが
ら時々強く押し付けたり円をかいたりして刺激する。下着に指が届いたとき
少し大きくなったクリにあたり、彼女が体をびくんとさせた。指を割れ目に
そってゆっくり上下させる。少しずつ息があらくなる彼女。だんだんスピー
ドを速めながら豆を刺激すると彼女の口から「あっ」という小さな声が漏れ
た。パンティ越しに湿りを感じたので割れ目に指を這わせながらクリを指で
探し当てて上下したり円を描く。
彼女は我慢できないようで、俺の肩に顔を押し当てて必死で息を殺していた
が、「いきそう。外でして」って。それでそのまま映画館を出て身障者用ト
イレに移動。今度は立って後ろから電車痴漢のように左手でお尻をなでなが
ら右手で胸をやさしくもんだ。彼女が吐息を漏らす。手の動きが早くなると
だんだん息があらくなる。えっちなドラえもん
服の上からの約束だったが、彼女が「直接触って」と甘えてきた。それで左
手でスカートをたくし上げながら足を差込、足を開かせながら右手でブラウ
スのボタンをはずし、手をブラにかけて中に指をいれ胸を直接触った。右手
が乳首にたどりつくと同時に左手はロングスカートの中に入って湿ったパン
ティの上から指を入れるとぬれた毛の先にある沼のような穴の中に指が少し
音を立てながら入っていった。熱いアソコのくりを探しあてて指で円を描く
と「ああっ」と少し声を出した彼女は突然いってしまったようで俺に力なく
もたれるようにしながらその場にしゃがみこんだ。
彼女とは月に1度だけという約束であっています。2月は漫画喫茶だったの
で次はビルの非常階段にしようかな・・