私、性的にMだったことが最近わかりました。 
無理やりに、ヤラれることに、興奮を覚えてしまうのです。 
それを知ったきっかけは、スーパーで万引きをしてしまったことから、 
店員に犯されたことで始まったのです。 

先日私は出来心で、本当に無意識的で、 
スーパーで万引きをしてしまいました。 
今まで万引きなどしたことはありません。 
生まれて初めての経験だったのです。 

その一度が、すぐに見つかってしまったのです。 
私は、店員さんに見つかり事務所に連れていかれました。 

責任者の方と話をすることになりました。 
事務所で二人きりでした。 
その人は40歳くらいの、腹の出た男性です。 

「困りますよ、奥さん」 
「すみません・・・どうか許してください」 
「そうは言ってもね、こちらも商売をしてるんですよ」 
「すみません・・・お金は払いますから・・・」 
「そういう問題じゃないんだよね。警察を呼ぶか、旦那さんに来てもらうか・・・」 
えっちなドラえもん
どちらも無理です。 
なんとか、許してほしいと思いました。 

ふと、彼の見ると、その視線が私の胸元にあることに気づきました。 
私、バスト92の巨乳なんです。 
男の人に胸をちらちら見られることは慣れているんです。 

もしかしたら、コレを武器に、見逃してもらえないかしら? 
そんな不純なことを考え始めたのです。 

でも、私、これまで浮気などしたことながい、普通の主婦なんです。 
身体でやりとりするようなことは、できません。 
もし、彼のほうから、言い出せば、仕方なく・・・ 
ええ、本当に仕方なく、受け入れることはできると思いました。 

私は、うじうじと、言い訳ばかり言っていました。 
すると、彼は、怒った口調で説教を始めました。 
思わず、私は、涙をこぼしてしまったのです。 
泣いたついでに、胸元を強調しながら・・・。 

「奥さん、言うことを何でも聞いてくれるんだったら、今回は誰にも言いませんよ」 

きた! 
向こうから誘ってきたわ! 
瞬時に私は、理解できたのです。 

「わかりました」 
「では奥さん反省していただくために、私の前で服を全部脱いで下さい」 

なんて、わかりやすい人なのかしら? 
私は素直に、脱ぎ始めました。 

初めてあった男性の前で脱ぐ・・・ 
こんな行為に、私は興奮していました。 
でも、脱がなければ、万引きで捕まってしまうもの・・・ 
仕方ないじゃない・・・そう自分に言い聞かせたのです。 

彼の前で下着姿になりました。 
彼は私の胸や太ももを凝視していました。 

「全部脱いでください」 

彼が目を血走らせながら言いました。 
私はまず、パンティを脱ぎました。 
そして、そのあと、ブラジャーを外しました。 
大きな乳房がぽろんとあらわれました。 
私は下着まで脱ぎすて、完全に全裸になったのです。 

彼は携帯で、私の全裸姿を何枚も撮りました。 
私を椅子に座らせると、両足を広げさせられました。 

「奥さん、まんこを自分で広げて下さい」 

私はここまできたのだからと思い、言われるままに広げました。 
こんなに恥ずかしいことをされているのに、 
私ったら、興奮して、濡れちゃってるんです。 

彼は広げている姿を撮りニヤケてました。 
私は彼とSEXまでされると覚悟していました。 

「奥さんのおまんこ、まだ綺麗ですね。あまり旦那さんとはSEXしてないでしょう」 

大きなお世話だと思い答えませんでした。 
でも私は彼の言う通りで、欲求不満で本心は誰でもいいから私を満足させて、 
と日々思っていたのです。 

彼の顔が近づいて、私はキスされました。 
私の口に、彼の舌が入り、私の舌に絡めて来ました。 
私はこんな激しいキスはしたことが無く興奮してしましました。 
しかも、無理やりのキスなのです・・・。 

私は椅子から立ち上がり、彼に抱き寄せられ、しばらくキスされました。 
そして、彼はズボンを下げ、勃起したおちんちんをさらけだしたのです。 

「しゃぶってくれますか」 

私は言われるまま、彼のおちんちんを咥えました。 
たっぷり舐めてあげたあと、私は机の上に寝かされました。 
そして、正常位でハメられたのです。 

喘ぎ声を出さないように、私は必死に歯を食いしばっていました。 
それほど、ひさしぶりのSEXは気持ちがよかったのです。 

今日は安全日だったわよね? 
そんなことが頭をよぎりながら、私は自らも腰を振って、 
快感を貪ったのでした。 

その後、もちろん、私は無罪放免となりました。