大学生の僕は、この夏、酒屋でアルバイトしていた。
業務内容は配達だ。
実はお得様の一軒の家に配達にいくのが
密かな楽しみだったんだ。

そこの奥さんがかわいいのなんの。
背が低くて可愛くて、
そのくせ、おっぱいはやたらに大きいんだ。

年齢は30歳くらい?
でも笑った顔は、二十代前半に見えるよ。
うん、女子大生でも通りそうな、ロリ系なんだな。

その奥さんは無防備と言うか、
やけに薄着だから、
ブラが透けてみえちゃうんだ。

そしてあの日。
暑い夏の昼下がりでした。 

いつものように配達に行った僕は、
肌もあらわなキャミ姿の奥さんに目を奪われました。 

「ごめんなさいね。こんなカッコで、クーラーが壊れちゃって」 
天才エッチ君のリンク集~東大生が選ぶ神エロサイト~
そういって奥さんは、笑みを浮かべます。 
口元にほくろがあるんだけど、
それが今日はやたらに艶っぽく見えるんだ。

奥さんの汗ばんだ胸の谷間に目が行った。
そこにもほくろがあった。
なんて・・・セクシーなんだ・・・。
僕は理性を失ってしまった。

僕は奥さんに抱きついた。
その胸にむしゃぶりついていった。

「止めて、何するの」
「抵抗したら、殺してやる!」

僕がそう叫ぶと、急に奥さんはおとなしくなったんだ。
自分でもこんな行動をとったことに驚いている。
でも、今さら、やめられない。
股間が痛いほど膨張しているのだ。

僕は恐怖に震える奥さんを犯した。
憧れの奥さんの汗ばんだマンコを、
僕はしつこく舐めまわした。 
やがて舌さきに、彼女の愛液を感じ始めた。 

「気持ちいいんだろ、声出してもいいんだぜ」

普段は使わない暴力的なセリフが口に出た。
奥さんは両手で顔を覆った。

僕は、そのまま奥さんのおまんこに勃起のチンコをぶち込みました。 
そして狂ったように、腰を振り続けました。 

嫌がっている奥さんなのに、
おまんこはしっかりと濡れているし、
チンコを包み込むように収縮してくる。
それどころか、僕の腰ふりに合わせて、
奥さんも腰を使うのだった。

なんだ・・・奥さんも気持ち良くなりたいんじゃないか!
うれしくなって、僕は奥さんのおっぱいを揉みながら、
いっぱい腰をふった。

奥さんは小さな声で、

「あぁん、あぁん、あぁん・・・」

と喘いでいた。
限界に達した僕は、奥さんのおまんこの中に射精した。
すっきりした僕は、そのまま家を出た。
特に警察沙汰にはならなかった。


天才エッチ君のリンク集~東大生が選ぶ神エロサイト~
男性視点  人妻 熟女  若い男  強姦 レイプ 調教  愛撫